FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

●お知らせ●在宅病児保育のNPO法人設立に向けて

2009.07.21 (Tue)

一部の方には、すでにアナウンスしていますし、学生さんの中には、講義中に事業のプレゼンを聞かはった人もいますが、改めて、ここでアナウンスします。


今、僕は、病児・病後児の在宅保育事業を京都市で事業化させるべく、NPO法人設立に奔走しています。

病児・病後児保育というのは、例えば、保育園から仕事場に電話がかかってきて
「お子さんが熱出しました。至急、迎えに来て下さい」
「え?…はい(そんなん言われても、今から会議やん迎えになんて行かれへん。どないしよ)」
という時や、
「うわぁ~今日もシンドイって?さすがに三日も仕事休まれへんわぁ…どないしよ」
という時に、看護師や保育士、医療保育専門士、保育ママ(研修済み)を保育が必要な家に派遣したり(場合によってはスタッフ宅で預かったり)、保育所や保育園までお迎えに行ったりする、在宅派遣事業です。

こんなサービスがあると、(自分も含めて)助かる人が多いんじゃないかと思い、思い切って事業化推進に乗り出してみることにしました。

なるべく地元の地域社会にいるスタッフが、地元の子をみるという形にして、失われつつある地域社会の交流基盤を、少しでも維持持続できればと思っています。

東京23区では「NPO法人フローレンス」が同様の事業を、軌道に乗せています。

堺市でもNPO法人「病・後・児のためのゆりかごネットワーク」が認可され、その「ゆりかごネットワーク」代表の須賀さんから
「山田さん、京都市でも作ろうよ!」
と、声をかけられたのが、動き出した直接のキッカケです。

まずは、皆様にお知らせするとともに、ご意見やアイデアを頂ければと思った次第です。できれば、「一緒に作ろう!」と活動できれば感謝感激です。

2010年4月からのスタートを目指しています。まだ組織の名前も決まってないのですが、堺市の「ゆりかごネットワーク」がイイ感じなので、「ゆりかごネット京都」「京都ゆりかごネット」にしようかと、今のところ思ってます。

現在、あらゆるスタッフを募集中です。設立後に現場で保育・看護スタッフとして働いて下さる人、システム構築に関わって下さる人、アイデアを出して下さる人、法手続に付き合ってくれる人などなど。ゼロからサービスを企画立案し、試行錯誤して組織を立ち上げていくプロセスというのは、なかなか経験できることではないと思います。また、遠くに住んでいる方でも、「知人にこういう人がいる」「京都の○○さんを紹介します」という情報も大歓迎です。「それよりも、こっちの方がエエで」という助言なども大歓迎です。

気持ちだけの参加というのも、とってもウレシいです。こういう組織や事業立ち上げには、必ず「反対」「ダメ」「前例がない」という壁があります。だから、「応援してくれる人がいてくれてる」「事業スタートを待ってる人がいる」というだけで、ものすごくココロの支えになるのです。

日々の活動は、今のところ『スーパー主夫のNPO法人設立&活動日記』にで公開中です。

前出の「フローレンス」の代表の駒崎さんには「社会を変える」というキャッチフレーズがありますが、僕はそこまで高いココロザシがあるわけではありません。「京都で一番目指す」という競争をする気もまったくありません(アンチマッチョですし)。ただ、自分のように日々不安を抱えながら、綱渡りで仕事と子育てを両立させている人達に、「助かった」「ありがとう」と喜んでもらえ、その分、安心して暮らせるようになってほしい(なりたい)という願いだけです。


というわけで、こういう事業を進めています。
今後ともよろしくお願いいたします。
21:44  |  仕事ネタなど  |  Comment(2)

Comment

お手伝いさせて下さい

とっても素晴らしいと思います。私にも出来るボランティアって…と、いつも考えながら,なかなか行動に移せずにいます。ぜひぜひお手伝いをさせて下さい。
nishizaki |  2009.07.23(木) 05:49 | URL |  【編集】

ありがとうございます!

ありがとうございます!
ものすごくお世話になると思います。
よろしくお願いします。
山田亮 |  2009.07.23(木) 14:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |