FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

CHEチェ 28歳の革命

2009.01.23 (Fri)

CHEチェ 28歳の革命」昨日、観に行ってきました。

映画を観ながら、いつ加古隆の「パリは燃えているか?」(NHKスペシャル「映像の世紀」のテーマ曲)が流れてくるか?というくらいのドキュメントタッチでした。

アポロ13」と同じく、映画というコトを忘れて、「いったい誰がどうやって撮ったんやろか?」と思ってしまうくらいでもありました。甘ったるい人間模様も、ドロドロした人間関係も、世界情勢の解説もなく、限りなく従軍カメラマンが一人称でライブを撮り続けたような映画になっていました。

ただ、ドキュメントといっても、中身は「キューバ革命」という、ものすごく濃い出来事です。ただ記録映画として撮っただけでも濃密だと思うんです。上映時間という制約の中で、精一杯ゲバラを描き続けた印象でした。2時間12分の上映時間は、アッという間に過ぎてしまいました。

キューバ革命は1958年に起こったことで、僕が生まれるずっと前です。映画館には、両親前後あるいは少し下と思われる世代(いわゆる中高年)の男女客が多数。僕らの世代でいうと、「ソ連崩壊」「冷戦終結」のドラマを映画で観ているような感じなんかな?と思った。チェ・ゲバラの映画とあって、非常に礼儀正しい館内でした。

よく撮られた映画だと思いましたが、はてさて、続編の「39歳 別れの手紙」を観に行くかどうかは、チョット考えてしまいます。映画を見終わってのズッシリ感は「映像の世紀」を見終わった時の、あの感覚と一緒だったことを考えると、「映画館で観なくても…」という気もするんです。
12:27  |  映画  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |