FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

綾小路きみまろさん

2008.10.17 (Fri)

今朝のNHK「生活ほっとモーニング」に綾小路きみまろさんが出てました。舞台の上で話をするという人種の中では、もっとも中高年に人気のある方だと思います。参考になるコトがたくさんありました。

番組の中で、朝の走り込みシーン(先日みた、B'sの稲葉浩志のランニングとはエラい違いだったけど(^^;)やネタ帳が映ってました。ネタ帳には、見せてエエの?という「ネタもと」まで載っていて驚きました。「100のうち使えるのは一つくらい」と言ってました。

生放送だったせいか、きみまろさんの舞台人としての感じが出てました。なにがって、「間」が悪い。話のタイミングが悪くて、進行のアナウンサーとかぶりまくる。でも、それもまた僕には新鮮でした。舞台人として生きる彼にとって、テレビ独特の「間」なんて関係なかったのでしょう。サービス精神の旺盛さで、「あれも喋らなきゃ」「ジョーク言わなきゃ」と詰め込んでしまったんでしょうね。録画編集番組だと、そのへんは調整してもらえるんですけどね。慣れてないと最初は誰だって、ああいう感じになると思います。

サービスエリアで待つバスの運転手やガイドさんに、漫談を録音したカセットテープを配って回るというマーケティング着眼点のスゴさ。たぶん、そこに行くまでにはいろいろ試行錯誤があったと思います。でも、マーケティング的にはドンピシャ☆まさにサクセスストーリーです。自分で発信できる媒体と舞台を見つけ出すという基本だと思いました。

30年の潜伏期間という話も、僕には響きました。僕は結婚して今年でちょうど10年。やっと和子さんの扶養から抜けることができました。1979年に漫談デビューして、約20年後にブレイク。50歳をすぎてからのブレイク。僕なんて、まだまだこれからです。そう思わせてくれるのもこの人の魅力だと思います。

「中高年が明るくないと!」と仰ってましたが、僕も「お父さんお母さんが明るくないと!!」という気持ちを込めて構成を考え直そうと思いました。みんなに「明るくなれる。元気になれる。希望がもてた」と言ってもらえる講演を作りたいデス。頑張ります!(ちょっとガクッとくることがあったんです)。
10:03  |  ミーハー  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |