FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

首をはねられた王様

2007.11.15 (Thu)

保護責任者遺棄:堺の病院、全盲患者を公園に放置 糖尿病で入院、職員が連れ出す
--
男性は約7年前に入院。治療費が滞納状況となり、備品を壊すなどトラブルもあったという。
--
これだけではなく、看護師への暴言や暴力なども日常茶飯事だったそうです。

思い出しましょう。
あの方の、あの名言を

そう、松本幸四郎さん演じる千石さん(下の名前「武」だったんですね)の「あの」名セリフです。



「私は先輩のギャルソンに、お客様は王様であると教えられました。しかし、先輩は言いました。王様の中には首をはねられた奴も大勢いると」
ドラマ「王様のレストラン」第1話より



「お客様は神様」ではなく、あくまでも人間です。
人間が人間にサービスをするということは、そこには社会性が伴わないとアカンのです。人によって、社会性の範疇は異なるでしょうけど、最低限のマナーは守るべきだし、守らせるべきです。守らないモノは放り出されて然るべきです。これは、マナー守っている人を守るためにも必要でしょう。

仮に、金も尽きた、頼りにする人からも愛想尽かされた、おまけに視力まで失ってしまった。たしかに状況として同情の余地はあります。でも、だからといって、最低限のルールを破ってよいというモノではありません。やっぱり「首をはねる」のは妥当かな?と思います。
17:39  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://antimacho.blog.fc2.com/tb.php/123-86f82bd4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |