FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

北京五輪閉幕

2008.08.25 (Mon)

終わりましたね。それと同時に、加奈子の学校が始まり、気候も一気に秋めいてきて、なんだかすべてがリセットされた感じです。

女子のソフトボールや北島康介の活躍など、印象に残る日本人選手も大勢いました。ソフトボールは、エースの上野投手もいいんですが、坂井廣子投手の投球も好きで、最後の3連戦は「どこかで出るかな?」と思ったんだけど、ザンネンでした。カヌーやカヤック、セイリングでも、いいところまで行った選手がいましたが、メディアの取りあげ方に偏りがあり、ほぼ無視されていましたね。船系はメディアが扱いをわかってないというか、ヨットのメジャーレース(アメリカスカップなど)も同様、島国らしからぬ状態ですね。

納得がいかないのは、女子マラソンです。野口陣営や土佐陣営がケガや故障を非公開にし続けた影響で、補欠の準備も間に合わず、チャンスを待っている人が大勢いたにも関わらず、結果としては女子マラソン界として期待されながら惨敗を招いたことになった点です。あくまでも「結果として」だと思いますが、陣営が自分達の利益だけを考え、他の選手の機会を奪った形になってしまったことです。「競技の裾野を広げる」や「新人にチャンスを」と考えるなら、早めに「もしかしたらアカンかも…」という打診を競技団体にするべきだし、そういうシステムにすべきだと思いました。

今大会、一番、「!」だったのは、男子100メートル、200メートルのボルトと、その他ジャマイカ勢。あの「クールランニング」のジャマイカがこんなに活躍するなんて、誰も予想してなかったんじゃないかと思います(もともとの身体能力は高いと思います)。陸上に関しては、トリニダード・トバゴやキューバなど、短中距離のカリブ諸国と東欧。長距離のアフリカ勢。フィールドの北東欧と勢力図がクッキリした感じがしました。


偏りという点でいうと、いつも五輪中継を見ながら思いを巡らせることがあります。重量挙げ競技をしているのと同時に、世界のどこかの炭坑では、とてつもない重さの荷物を担いで歩いている労働者がいるかもしれない。サバンナのどこかで狩りの途中に野生動物に襲われ、デコボコ道を裸足でボルトよりも速く逃げている人がいるかもしれない。ウラルの山奥で食べるためだけに狩りをする若きハンターがいて、渡り鳥をものすごい正確さで打ち落としているかもしれない。外すと「なにやっとんねん!無駄な弾なんて一発もないねん!」と親方に殴られながら…

テレビ中継なんてない地方だとか、内戦地域だとか、文明から隔絶した地域だとか…地球はまだまだ広い。こんにちの五輪大会は、本当に「地球一」をかけて人間が競う場として五輪が成立しているだろうか?そんな疑問と共に、「まだまだスゴイ人が世界のどこかから登場するんじゃない?」という期待を抱かせてくれる大会でした。とくにボルトの200メートルの世界記録が出たと同時にそんなコトを感じました。

次はロンドンですね。次くらいからは、加奈子の記憶にも残っていくんじゃないかと思います。
15:52  |  スポーツ  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |