FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

リセット

2008.08.19 (Tue)

和子さんの勤務が通常に戻り、加奈子の学童も再開し、昨日から夏休みルーティーンが再開されたわけです。朝、和子さんの出勤を見送った後、父娘二人になったんですが、なんだか、ものすごく久しぶりな感じがしました。たった数日間の家族3人そろいだったのにです。

加奈子と手をつないで学童まで送って、帰りは「今日は学童に迎えに行く」という約束を忘れていて、学童から「今日って、お迎えに来はるんでしたっけ?」という電話が来て、「おおおお!もうこんな時間!」という有り様。

今朝は、だいぶん慣れてきた感じで、二人とも落ち着いてました。

「あんなぁ~たまに『加奈子はなんで学童に行くんやろ?』って思うねん」
「ん~それは僕が家にいるのにってこと?」
「ん~まぁそれもあるけど」
「そやなぁ~もう加奈子も一人で過ごせるようになってるもんなぁ」
「やっぱりお仕事のジャマ?」
「そやなぁ~お仕事は別にジャマじゃないねんけど、やっぱり、加奈子がいるとお昼ご飯も『チャンと作らな!』って思うし、『これがワカラン』って聞かれたら一所懸命答えたいやん?」
「そっかぁ~あ、別に学童に行きたくないわけじゃないねんで」
素朴な疑問ほど、答えるのは難しい。


そういや、昨晩、お風呂の中で♪かっこう かっこう しずかに~♪の歌で、最後の♪ほ~ら ほ~ら あさだよ♪の「♪ほ~ら♪は何回繰り返すか?」で加奈子は3回と主張。僕は「2回やろ」と言いぶつかる。音楽の教科書をみると
♪ほ~ら♪は確かに2回。
ところが♪ソ~ミ ソ~ミ♪は、その前の♪もりのな~か♪で♪ミミファソ~ミ♪となる部分の♪ソ~ミ♪を数えて加奈子は「3回」と主張してたんです。

言いたいことはあるのに、その裏付けの説明が出来ず、歯がゆい思いをする加奈子でした。こういうところは、成長のプロセスを見てとれておもしろい。

相手にキチンと通じるように説明する。この能力は、対話からしか育たない気がします。しっかり聞いて、「ははぁ~ん。こういうことが言いたいねんな?」というのをわかってやりながら、「どう言うたらエエのか?」を教えるのって難しいなぁ。先回りしすぎて、「あ、あのコトね!」で先に話を進めてしまうと、「エエ加減に話しても通じる」と思ってしまうし。かといって、最初から「キチンと説明してみ」と言ってもできるわけないし。

学生達をみていると、「キチンと伝える能力」が未熟なのに気付きます。ウチでも加奈子がよく「お茶!」と言うので、「お茶をどうしたいんや?」「あ、お茶下さい」と言い直させてます。ホンマは、「私にお茶を入れて下さい」というのが正確だと思うんですけどね。そこまでは…(^^;
10:29  |  家事・子育て  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |