FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

ヒョイッと東京往復

2008.07.29 (Tue)

昨日は、大手町にあるパレスホテルの地下で秘密結社の…じゃなくて、ワーク・ライフ・バランス研究会があり、東京までヒョイッと往復してきました。

ウチから大手町が片道3時間弱。確かに交通費はかかるけど、時間的にはたいしたことない。ホンマに丹波橋というのは便利な場所です。京都の中でも一等地!京都市民の中での一等地は、北白川であったり、桃山でも島津のような山地のイメージが強いけど、移動を伴う仕事するなら丹波橋が一番です!

で、昨日の研究会は、大沢真知子さんのお話。「ワーク・ライフ・バランス研究の第一人者」と紹介されていたけど、本当にいろんな場所で、ニアミスし続けていて、やっとご対面できました。大学院で論文書いてた頃は、よく東大の大沢真理さんと間違えたりしてましたが、ホンモノとお会いした昨日以降は、まず間違うことはないでしょう。

大沢さんの話は、最初にグッとつかまれました。僕は、ワーク・ライフ・バランスについて語る人は2種類に分類しています。ワーク・ライフ・バランスを「目的」にしている人と、「手段」にしている人です。大沢さんは、最初に「Happyに暮らせるために」と話し、明確に「手段」と位置づけていました。僕も、「手段」に位置づける派です。この「目的」と「手段」の違いは、地動説と天動説くらい違いがあると感じます。

大沢さんの話は労働経済からの視点なので、とってもオモシロい内容でした。マネジメント論や雇用政策、社会保障政策など、話もよかったし、資料もよかったです。参加者は、15名程度で、本当に大学のゼミみたいで、僕は大沢さんの横で聞けるという席でもあり、とっても「お得」に話が聞けました。

参加者には、ファザーリングジャパンの安藤さんも来ていて、「おっ!来てたの?え?このためだけに?」という話になり、なぜか連れションしながら、今後の仕事の話も。安藤さんは「次」があったので、ここでホナ!に。

毎日コミュニケーションズの笹田大介さんに「この後どお?」と声かけてもらい、ご一緒することに。笹田さんとは、二人がビックリするくらい接点がたくさんありました。なんといっても音楽を通しての繋がりが大きいんですが、「え?ローランドに勤めてたの?」とから始まり、今でも覚えている社員の名前がバンバン登場。音楽ってやっぱり繋がるツールとしてはスゴイパワーありますね。スポーツやアートと同じくらいのエネルギーを感じます。なんだか、またまた東京行きが楽しみになる出会いでした。

不思議なんだけど、この研究会も、自分で「なんでシンポジウムに応募したんやろ?」とか「シンポジウムだけならともかく、なんで2次会の懇親会にも?」と考えると、これはもう「そういうコトになっていた」としか考えられません。そういうモノに流れを任せることができるようになったのも、自分の立ち位置がちょっと固まってきたからかな?

とにかく、往復6時間と旅費24,940円は十分モト取りました。なんせ楽しかった!やっぱり、出掛けるってのは大事です。ジーッとしてたら広がりませぬ。

昨日は、遅ればせながらJRのEX-ICカードを初めて使いました。新幹線の停車駅でJRを降りてしまう場合には、これが便利。いつも乗り換えだったので、使う機会なしでした。なんだか「PiTaPa」使ってる感覚です。動く金額はものすごいんですけどね(^^;
10:15  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |