FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

加奈子と買い物した

2008.07.25 (Fri)

パソコン関連のトラブルを処理し、遅い昼ご飯にそばを流し込み、学童へ。
今日は、朝、「学童の帰りに買い物にいきたい」というので、
早めに迎えに行った帰りに、商店街へ買い物に行く約束をしていた。

いつもの集団下校よりも、随分早く学童を出られて、上機嫌な加奈子。
上機嫌ツイデに、「自転車の前座席に乗りたい」と調子こいてました。
「保育園児みたいやなぁ~かっこ悪っ」
「でも、プールで疲れてん」
「しゃーないなぁ」
というわけで、自転車の前ハンドルについた座席に尻を押し込み、なんとか乗せてみた。

お、重たい。
いつの間にこんなに重たくなってたんや?
「途中で、お友達に会ったら恥ずかしいでぇ」
「エエもん、しんどかってんって言うし」
「こんなに日焼けして真っ黒でシンドイってゆってもアカンて」
「エエの!あ、3組の○○ちゃん!」
「ほ~れほれ。あ~はずかし」
「3組やからエエねん」
などと、話ながら商店街へ。

Img_2123s.jpg背も体重も増えてるんだけど、足も大きくなっていて、靴下がどれもボロボロ。今日は、靴下も買い物リストに。朝、急に「ブロッコリーが食べたい」と言い出し、ブロッコリーも買い物リストに。商店街をいくといろんな店があり、加奈子にしては珍しんだけど、買いたい!衝動に駆られるのが花屋。
「なぁなぁ、帰りに花屋で花束買いたい」
「へいへい」

結果から言うと、今日も、途中からだんだんと僕がイライラというか、しんどぉ~くなってきて、「もぉエエわ!」に。その原因の一つとして、今日「これがイライラの原因か?」というのに気付いた。

加奈子は、自分の欲しいモノを買ってもらうと、「はよ帰ろ」「早く帰ろうよ」を連呼する。それがあまりにしつこく、イッラァ~ムッカァ~となってくる。加奈子の買い物を後回しにすると、それはそれで「早く○○買おうよ」とウルサイ。かくなるうえは、早く「買い物自立」してもらい、一人で買い物に行ってもらうほかあるまい。

帰りも加奈子を自転車に乗せて帰ると、もともとの暑さもありヘロヘロ。「あ~もうイヤ!」と思いながら、「いやいや、帰ってきて不機嫌だと、また加奈子に『パパと出掛けたくない』って言われるぞ」と、ちょっとだけ頑張ってみる。

もう一つのシンドォ~くなった原因。それは、昼ご飯後に飲んだ薬の副作用。「眠気を催すことがありますので…」と書いてあった。どうりでシャキッとしないはず。いろいろ重なって、今日も加奈子と仲良く買い物に出かけるという課題は、うまくクリアーできませんでした。
22:16  |  家事・子育て  |  Comment(8)

Comment

cana はオトナですが
みとおしをつけてもらうと
待てるタチです。

これとこれをすませたら
帰ろうね

あと十五分で
帰ろうね と

はっきり
みとおしを話して

基本的には
なにがなんでも
それを、守る

だから、そのあいだは
待ちなさい と

おたがい
折り合いをつけたら

加奈子ちゃんも
しつこく、帰ろう など
いわないかもしれませんね。

いつまで待ったらいいのか
はっきりしないと

待つのが
苦痛です。

約束を
きちんと守るおとうさんは
格好いいですし

安心して
よりかかれる
たのもしい存在になります。

親御さんが
小さな約束でも
きちんと守る

責任をとる姿をみせていたら

子どもは
誠実なオトナに
育つ可能性が高まるでしょうね。

身近に
よきモデルがあるわけですから。。。





cana |  2008.07.26(土) 05:45 | URL |  【編集】

なにが起こるかわからない(^^;

エッセイブログでも書いているように、人生なにが起こるかわからないモンです。
「できない約束はしない」「不確定は人生の楽しみ」
これが僕のモットーです。
もちろん、これが加奈子の不安の元になってるのも確かです。
「さて、これで買い物終わり!待たせたねさぁ帰ろか?」
という時に、久しぶりのママ友達に出会う。
もちろん、僕はこのイレギュラーの時間を楽しんでしまう。
この不確定を楽しめるには、ある程度の約束が守られる経験が必要とは思います。
このバランスのとり方は本当に難しいと実感しています。
ただ、不確定を楽しんでいるオトナがいることで、
「自分もオトナになったら…」という風に捉えてもらえれば、
それはそれでエエのかな?とも思ってます。
山田亮 |  2008.07.26(土) 21:42 | URL |  【編集】

我慢が大切ですものね

大好きなおとうさんとおかあさんが、しっかりと
加奈子ちゃんと
絆をつくっておいでですから

ちいさいうちから
不確定に耐えられるのでしょうね。

基本的な信頼感
安心感があれば
不確定にも
安心してのぞめますものね。

cana は
オトナになってからのほうが
不確定に耐えにくかったです。

自分自身が
約束を守れる人間だ と

日々
自分に証明しつづけ
かつ

約束を守ってくださるひとに
暮らしの面倒をみていただけるようになって
数年たってから

やっと
安心を知ることができました。

それから
キレイになった と、ほめられるようになり

なにがおこるかわからない人生に
耐えられるようになりました。

・・・とはいっても
いまでも
なにもかもなげだしたくなることが
しょっちゅうありますが

それでも
かつてにくらべれば

いろんなことが
よっぽど
耐えやすくなったように思います。

この
度胸みたいなものが
もっと若いうちからあれば・・・
・・・なんて思うこともありますが

これまで cana に
おこったもろもろのことにも

cana の人生にも
cana の暮らしにも

いまは、すっかり
満足しております。
cana |  2008.07.27(日) 03:10 | URL |  【編集】

こんにちは、いつも楽しく拝見しております。
「早く帰ろうよ攻撃」の時、ダイレクトに「それは自分勝手やで」「相手の都合も考えなさい」と教えてあげるのは如何でしょう。
既に実践済みでしょうか…。
高校生の頃、一緒に買い物に行った際に自分の用が済むと
あからさまに「早く帰ろー」「もう行こうよー」とせかしてくる友人が居て、
自分勝手ぶりというか子どもっぽさに驚いた覚えがあるので。
何年も会っていないけど、その人は30歳を過ぎた今もそうかも…。
moya |  2008.07.27(日) 12:46 | URL |  【編集】

補足です

勿論、加奈子ちゃんくらいの年頃だったら全然普通の言動だと思います(^^)私自身も言いまくっていた筈です!>早く帰ろう攻撃
大抵の人は、成長とともに徐々に「相手の都合」等を学んで行くのだと思います。きっと加奈子ちゃんも!
でもたま~に、学ばないまま大きくなってしまう人もいるんですよねえ。
moya |  2008.07.27(日) 13:09 | URL |  【編集】

早く帰ろう攻撃・・・私も覚えがあります。子供時代の。
うちの母は結構辛抱強いんですが、私の「早く○○をみたい!」→「もうかえろ~、かえろ~、かえろかえろかえろ~!」攻撃に、「もういやだ!」と切れておりました。普段辛抱強い分、これには子供心に反省しました。その後言動が改善したかどうかはわかりませんが。

親としてはそれ以上に

>>、「いやいや、帰ってきて不機嫌だと、また加奈子に『パパと出掛けたくない』って言われるぞ」と、ちょっとだけ頑張ってみる。

に共感を覚えてしまいました。大人だって、こうやって、チビチビがんばっているのですよね~。よしよし。(?)

うちも「パパは寝ていても、いるだけでいい」ようですが、「ママはなにを言っても反抗したくなる」モードに入ってしまったようなので、最近いつも呪文のように上のようなことをつぶやいている私です。私の諸悪の根源は暑さと睡眠不足なので、とりあえず寝ますね。おやすみなさい。
きむち |  2008.07.28(月) 00:16 | URL |  【編集】

自分の都合、相手の都合

普段の加奈子は、おそらく親の都合にそうとう振り回されてるはずなので、「お互い様」と言われれば、そうかもしれません(^^;。これに、加奈子の場合、「無類の家好き」というのも加わっていると思います。

そのうち、一緒に買い物なんてしなくなるでしょうから、「帰ろうよぉ攻撃」も今を楽しむ貴重な経験かもしれません。とはいっても、僕の都合もあるし、僕の買い物の楽しみもありますし。徐々に、「相手の都合」も学んでいってもらえたらなぁと思います(切実に)。
山田亮 |  2008.07.28(月) 00:17 | URL |  【編集】

> きむちさん

子どもにとって、オトナの買い物ってのは、ホントに「なんでそんなに時間がかかるの?」「もう終わったんじゃなかったん?」かもしれませんね。そういえば、僕もそう思っていたような気がします。

きっと、みんなチビチビ頑張ってるんですね!うんうん。
とりあえず、僕も寝ます。おやすみなさい。
山田亮 |  2008.07.28(月) 00:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |