FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

阪急沿線

2021.04.12 (Mon)

2021041204.jpg
神戸の家と京都の家を行ったり来たりの日々。これまで、近鉄→(京都駅)→JR→バス、京阪→(淀屋橋駅)→阪急→徒歩、京阪→(祇園四条駅)→阪急→徒歩、と3通りを試したところ。梅田からの阪神電車も試したいし、最後は、近鉄→(京都駅)→新幹線→(新神戸駅)→バスという行き方も試してみたいところ。

新居の最寄り駅で阪急電車を撮影。
これで、僕は会社員時代に通勤で使った宝塚線、大学院生時代に通学で使った京都線、そして今回の神戸線と、主要3線の沿線に住むことになったわけです。宝塚線時代も、上司は苦手だったけど、仕事自体は嫌いじゃなかったのでワクワクでした。大学院生時代は、理屈こねて議論するのが楽しくてやっぱりいつもワクワクして乗ってました。今も、新しい家具が届く!とか新しい家電が使える!でワクワクして乗ってます。まぁ、振り返ると、電車に乗ってる時は、どこへ向かっていてもたいていワクワクしている気がしますけどね。

会社員も大学院生も短い期間だったけど、ほぼ毎日阪急に乗る生活でした。神戸の家ではどういう暮らしになるかわからないですが、とにかく阪急が最寄り駅。乗る機会も多くなることでしょう。ワクワクな日が続きますように…です。

小学校の卒業文集には「阪急6300系の運転手になりたい」と書いた僕です。田舎のコトデン長尾線と志度線沿線の少年だった僕にとって、阪急は都会の象徴のような電車でした。9号線まである梅田駅。しかも9番線じゃなくて9線!十三から大宮までの信じられないような距離をノンストップで駆け抜ける京都線特急。運転してて、途中でトイレに行きたくなったらどうする?!で6300系の運転手を諦めたくらい。僕が大学院へ通学するようになった頃には、途中の高槻市駅にも停車するようになっていましたが、それでもカッ飛ばしている6300系でした。

そんな子どもの頃に憧れた阪急電車が、また日常の乗り物になる時がくるとは…です。実際、どのくらいの頻度で神戸に行けるかわからないけど、とにかくもう一軒の家が神戸にあることに変わりありません。せっかくの機会なので、神戸暮らしも阪急乗車も、そして「この先どうなるのか、まったく予測不可能」な僕の人生自体を、ワクワク過ごしたいと思います。

ゴキゲンで過ごせるなら、僕はどこでもエエんです。たぶん。
 
 
18:20  |  日々の出来事  |  Comment(0)

松山英樹がマスターズ制覇!

2021.04.12 (Mon)

2021041203.jpg
朝からヒヤヒヤしながら見てました。画像は最後のパットがピンに吸い込まれる直前。

それにしても、マスターズ制覇ですよ!これは本当にスゴイことです。このスゴさを身近な和子さんにはわかってもらえて良かったです。加奈子にはまだわからんと思います。例えていうなら、映画ならアカデミー賞、音楽ならグラミー賞、報道ならピューリッツァー賞、F1ならモナコGP、競馬なら凱旋門賞、自転車ならツール・ド・フランス…他で勝てても、ここでは勝てないような場だと思います。

解説の中嶋常幸さんが声詰まらせてましたが、もしもF1で角田裕毅がモナコで勝ったら、やっぱり中嶋悟さんは声詰まらせると思いますし、右京さんや亜久里さんならきっと号泣でしょう。「今宮さん見てますか?セナの庭(モナコ6勝は未だ破られず)で勝ちましたよ」…今、入力しながらすでに僕は涙腺がユルんでます。

それにしても、松山英樹は29歳。まだまだこれからですね。錦織圭といい、本当に今の若い人たちは素晴らしい。世界相手に勝負できてます。羽生結弦も渋野日向子も大坂なおみもスゴイし、僕の知らない若者がたくさん頑張ってると思います。

若い…かというと、ちょっとアレですが、佐藤琢磨選手(今年44歳?!)もインディ500で2勝!今シーズンはスポンサーの巡り合わせで日の丸カラーのマシーンに。この週明けが開幕です。期待してます。

忘れちゃいかんのは国枝慎吾選手の残る一つ。ウインブルドンのシングルス制覇(ダブルスは制覇済)。グランドスラム全制覇も期待しています。

若者も中年も頑張ってますね。その上の世代のおっちゃんも頑張れそうな気がしてきました。

ありがとう!松山英樹!
おめでとう!

 
10:24  |  スポーツ  |  Comment(0)

住むとこ変わればゴミ袋も変わる

2021.04.12 (Mon)

2021041202.jpg
 
2021041201.jpg
神戸の街に通い始めて数週間。そして、新居荷物が到着するようになると、途端にゴミが大量発生。プラマークの付いたゴミ、プラマークのないゴミ、燃えるゴミの「燃える」は、焼却炉の燃焼温度によるけど、神戸市はどこまで「燃える」に含まれる?などなど。

そして、まずはコンビニやスーパーに入って、ゴミ袋のすぐ横に立っていても、それがゴミ袋だと気が付かない。長年の京都暮らしで京都のゴミ袋の色の先入観が染み付いてるから、黄色や緑のゴミ袋を探してるんです。青いゴミ袋は、指定ごみ袋だと思ってないのです。はじめてコンビニでゴミ袋を探した時は、そこにいたマダムに「すみません、引っ越してきたばっかりで教えてほしいんですけど、神戸市のゴミ袋はどこでしょうか?」と尋ねたくらい。素敵なマダムは、親切に教えて下さいました。自分で探したら、もっともっと時間がかかったと思います。

サイズも京都と違うんですね。普通ゴミの5リットル袋を今まで目にしていません。京都の一人暮らしなら、週2回の回収に5リットルで十分です。学生の街は神戸も一緒だと思うけど、神戸には5リットルが存在しないのかもしれません。今のところ15リットルが最少単位です。15リットルのゴミ袋にチョコッとだけ入れて捨てるというのは、なんともモッタイナイ。ある程度は溜めて捨てるようになるのかな?そうなると、溜まったゴミが臭わない、「あのゴミ袋」が威力を発揮しそうです。

でも、まだ巡り合ってないだけかもしれません。神戸市の小さなゴミ袋。新しい街の新しいゴミ袋。新しいゴミルール。新しい気付きや発見がまだまだ楽しいです。これが高齢になるとシンドくなるのでしょうか?

先日、商店街の美味しいキッシュと出会いました。餃子屋がたくさんある地域だと知りました。ラーメン屋も激戦区のような気がします。
09:33  |  家事・子育て  |  Comment(0)
 | HOME |