FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

AOVITY足温器フットウォーマー早くも壊れた

2019.12.05 (Thu)

2019120503.jpg
受験生の加奈子、頑張ってます。
「足下が寒い」というので、こんな商品を買ってみました。この商品。似たようなのがAmazonにズラーッと並んでます。もうどこが違うのか?さっぱりわからんです。テキトーに「コレでええわ!」と選んだのが、AOVITY 足温器 フットウォーマー 足元ヒーター

なんとUSB給電。ストーブだと電気代もグングン上がるところだけど、USBで供給できる電気なんてほんの少し。「こりゃエエわ!」と使い始めたのが11月16日。

そして、今日、12月5日。
「どぉや?」と聞くと、「壊れた」というでないの。
 
2019120502.jpg
ヒーター部分からケーブルが抜けてました。特に強く引っ張ったわけではないのに、プチッと切れたと言うよりも抜けた感じだったそうな。構造的に無理がある感じですね。
 
2019120501.jpg
なんともはや…さすが2,899円。

「新しいの買おうか?」と聞くと、
「足を入れとくだけで十分温いよ」と。

自分の体温を閉じ込めてるだけで十分温かいのは、布団と同じですね。もとからスリッパで十分だった気もする。



受験勉強もあと数ヶ月。毎日10時半にはキッチリ寝床に就く受験生。夜食を作るとか、そんなことしたことのない僕。

高校一年の時はどうなるかと思ったけど、なにぶんスロースタートな加奈子。2年3年と進むにつれ、徐々に追いつき、やっと本来の位置に。あと数ヶ月、まだまだ伸びしろが残っていて「この先どうなるの?」「どこまでいくん?」と我が子ながら興味もってみてます。僕が卒業した大学も、決して低いレベルの大学ではなかったと思うけど、そこはすでに余裕の「A」判定(合格予想80%以上)。浪人生時代の僕なんて、とっくに越えてしまってます。

とにかく風邪をひかないように、食べて寝る、たくさん笑う!です。
 
22:37  |  家事・子育て  |  Comment(0)

RUSH "Power Windows"

2019.12.05 (Thu)

デジタル音楽配信サービスの「Spotify」を使い始めてだいぶん経った、先月、「今年、僕がよく聴いた100曲」がまとまっていたので、今日聞いてみた。

iTunesで聞いているのは、かつてCDで持っていたり、CDをレンタルしたものや、ネット購入した音楽データなので、Spotifyとは選曲が少し違ってくる。

iTunesは原稿を書いたり講演の準備をしている時に流すことが多い。流れる曲が分かっている方が落ち着くし、気が散らなくていい。Spotifyは「これって誰の曲?」「あ、これイイ曲!」というはじめての曲との出会いがあるので、仕事中だと気になる。だから、家事や読書や遊んでいる時に流していることが多い。

新しい発見や、昔聞いた懐かしい曲が流れてくるSpotifyで、一番流れていたのは、

1985年のRUSHのアルバム、"PowerWindoes"からの6曲目「Middletown Dreams」でした。

RUSHのライブでもあんまり演奏されたことがない曲。

もともと、この"PowerWindows"は、レンタルしたCDをカセットテープに録音してよく聴いていたアルバム。カセットテープからデジタルデータに移行する際に、「まぁ、いつでも手に入るだろうから」「全曲、完全に覚えているから」という理由で、デジタル音源では確保していなかったアルバム。

ちなみに4曲目は「Marathon」。この曲は、LIVEでもよく演奏されている曲。趣味でマラソンをし始める2011年よりも、はるか前から好きな曲。1曲目も有名な「The Big Money」、3曲目もライブでお馴染みの「Manhattan Project」。マンハッタンプロジェクトは、今、歌詞を読むと、まさに広島に落とされた原爆についてで反戦反核拡散の歌。最後の8曲目の「Mystic Rhythms」もLIVEではお馴染み。

そんなRUSHお馴染みの曲に挟まれながらの6曲目「Middletown Dreams」。
この曲の魅力はドラマチックな展開。サビのもって行き方が格好良いし、ギターソロが終わって曲調が落ち着き、♪It's understood♪と入るところの展開は、クラシック音楽のような雰囲気すら感じられます。

長い間、このアルバムの曲はほとんど頭に入っていたと思っていたけど、聴いてなかった時間が長くなり、記憶も定かでなくなってきたところにSpotifyで聴き直し、改めてこのアルバムの完成度を再認識。それと同時に、「あぁ、僕はきっと、このアルバムを聴いて、シンセサイザーが欲しくなったんだろうな」と思い出しました。確かに、この後、人生初のシンセサイザーを購入したのでした。そのシンセのメーカーに就職することになるとは…でしたが。

17:38  |  音楽  |  Comment(0)
 | HOME |