FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

大阪マラソンの受付へ

2019.11.29 (Fri)

2019112901.jpg
12月1日に開かれる第9回大阪マラソンの受付に行ってきました。

朝、かなり寒かったけど、日曜日もこのくらいの寒さと予報が出ていたので、本番に近い格好で軽くジョギングして寒さ慣らし。それから洗濯して、早めの昼ご飯を食べて、イザ!大阪の南港へ。
 
2019112903.jpg
中に入ると、外での格好のままだとかなり暑いのは例年のこと。今年は受付会場のレイアウトがこれまでと違っていて、この光景も初めて。

参加賞のTシャツを受け取って、さて次へ!と思ったら、もう一つチャリティーグッズのTシャツを受け取り忘れてました。そこでダウンジャケットを脱いで、もらったばかりのTシャツに着替えてこの後を回ることに。

2019112904.jpg
入り口付近のブースはみんなも元気だから混雑&長い行列。そこをササッと通り過ぎて、いつものSEIKOブースで目標タイムと撮影。僕の前が2時間台や3時間台前半の人が続いていたので、こんなノンビリタイムは気が引ける思い。とはいえ、今回は本当にこの4時間半でもゴールできれば御の字。なにしろ目まいと足首に水が溜まったのが原因で、全然走り込めてないし。30km練習を一本も入れずにフルマラソンに臨むのもはじめて。

2019112905.jpg
SEIKOが先だったか、大阪メトロが先だったか忘れたけど…Osaka Metroのブースも出てました。大阪市交通局からメトロになったので、こういう広報活動も大々的に?

2019112906.jpg
大阪地下鉄の路線がプラレールに。そして赤い線はマラソンのコース。地下鉄だけじゃなくて、JRや私鉄を含むと、今回、どれだけコースと交わることか?そして大阪環状線の右半分は、マラソンコースに囲まれて孤立した状態が続きます。住民の皆さんにはなんとメンドウをかけることになるのでしょ。感謝感謝です。

2019112909.jpg
交通系のブースでいうとJALのブースも出てました。機内ではお馴染みの「スカイタイム」の試飲やってました。ホノルルマラソンはJALがメインスポンサーなので、そういう関連もあるんでしょうね。CAさんも登場してました。

2019112911.jpg
これは大阪のテレビ局MBSのブース。僕のテレビ出演はMBSから始まったので。向かいにはYTVのブースも。YTVも何度か出演したのでそっちも顔を出しました。

その他、インドネシアやタイのマラソン紹介やクラブツーリズムのマラソンツアーの紹介もありました。サッサと通り過ぎれば足も疲れないし、楽で早く帰れるんだけど、向こうもあの手この手で足を止めてもらおうと頑張ってるわけです。やっぱり「おおお!」と思わず立ち止まってしまうもんです。

2019112912.jpg
そして、そんな中、ネット広告でも見ていたR×Lの大阪限定「たこ焼き」ランパン。会場に着いた時にはすっかり忘れていて、R×Lのブースを通った時も忘れてて、手袋を物色してクルッとブースを回ったら目の前にたこ焼きランパン。「コレかぁ」と手に取ると「今、試着室空いてますよ」と言われさっそく試着。

僕のすぐ後に隣の試着室が埋まる。なにやら「丈の長さがナントカ」という話。でも、話の主の声になんか聞き覚えが。出ると、そこにはやんちゃ村のマラニックでよく一緒になる反田さん。背も高い、手足が長い、何を着ても似合う反田さんが、隣で試着していたのでした。「うわっ!」とお互いビックリ。反田さんは虎柄のランパン、僕はたこ焼きランパンを試着していたのでした。結局、僕も反田さんも購入。

明後日の当日、きっと反田さんは前の方でスタート。僕はCブロックではあるけど、ブロック最後方からのスタートになる模様。折り返し地点が何度かあるので、そこで見付けられたらラッキー!でしょう。

身に付けるモノは揃えられるだけ揃った感じ。明日は一日休んで、明後日は走るだけ。またコスチュームのオモシロい人&応援の人達と撮りまくろうと思います。
 
23:38  |  ランニング  |  Comment(0)

結果オーライ?受験科目について

2019.11.24 (Sun)

久しぶりに加奈子(娘)のことを。

中学校時代から、平安文学に興味をもち、父親譲りのオタクッぷりを発揮していたにも関わらず、高校受験は「近い」ということと、「つぶしが効く」という周囲の声に押され、理系コースへ。

明らかな適正不一致な高校生活。成績も低迷。理系コースのせいか、社会は世界史も日本史も選択できない。一年の間は、僕らのころは「現代社会」だったけど、加奈子の学校は「倫理・政経」。それがまた、わかりにくいというか、高圧的教師でちっともオモシロくないという曲者。

僕は大学入試は、社会を「地理」、理科を「地学」で受けるというオイシイ選択で乗り切った。地質や気候は、地理も地学も完全に一緒。地質はそのまま鉱物資源の配置に繋がるから、覚えるのも楽チン。というわけで、僕は加奈子の耳元で「地理はオモロイでぇ。地理は楽やでぇ」とささやいてはみたモノの届かず。

それが、学校では全然なびかなかった「倫理・政経」を、某ネット授業(これがまた格安!)を受講すると、スンナリ頭に入り始め、しかも「オモロイ」と言い出すでないの。やっぱり受験にキッカケって大事。一冊の参考書や、一人の講師が、一気にその後を変えてくれることがあります。

「倫理・政経」に加えて、「地理」も、そのネット授業を受けると、これまた高校の授業とは雲泥の差のわかりやすさ。地理マニアの僕が見ても、「あぁ、そう説明すると良かったのか」と納得の授業。なによりも、「地理ってオモロイやろ?」という講師の話がいい。

教師の役割の一つは「数学って、オモロイやろ?」「倫理って、生活とめっちゃ関係してるやろ?」「もっと知りたくなるやろ?」という科目良さのプレゼンだと思うんですよね。子どもが大学受験への勉強をするようになって、余計にそう思うようになった。

まだまだ、加奈子にとって、「地理」と「倫理・政経」は伸びしろ。そして、伸びしろタップリの数学。このへんの伸びしろが埋まったら、受験もかなり楽に展開できるんですけどねぇ。なんせ慎重な性分ゆえ、そろーりそろりと余白を埋めております。間に合うんだろうか?

受験後の春休みの予定だけは、早々に決めてますけど。

あ、書き忘れましたが、加奈子が受験する学部は、文系です。もしも高校で文系コースにすすんでいたら、日本史と世界史を選択しただろうから、今みたいに地理オタクになってなかっただろうし、近現代思想や哲学にハマることもなかったはず。歴史を学ぶことも大事だけど、流動的な現代において、地政学の視点で物事を判断できるだけの基礎的情報を、10代後半の時点で固めることができたのは、(入試の結果に関わらず)大きな成果。そして、世界のどこへいっても、哲学や思想家の考え方を一通り把握できていることは、まったく無駄にならない。とくに知識階級の人と交流をもつ時は不可欠な教養だ。
 
理系コースにすすませてしまったことを、ちょっと後悔した時期もあったけど、ま、今のところ結果オーライでないかい?と思います。
 
21:13  |  家事・子育て  |  Comment(0)

古橋亨梧選手が日本代表デビュー

2019.11.22 (Fri)

珍しくサッカーの話題です。

19日に行われたキリンチャレンジカップの日本対ベネズエラ戦で、ヴィッセル神戸の古橋亨梧選手が後半から出場して、日本代表デビューしました。残念ながら得点することはできなかったんですが、記事にも書かれるようにキラッと光るモノを見せてくれました。

大敗ベネズエラ戦の数少ない収穫…古橋亨梧を森保監督が「特長を発揮してくれた」と上々評価(サッカーダイジェスト)

惨敗でも…古橋亨梧が代表デビュー戦で掴んだ手応え。神戸のチームメイト山口蛍からも(サッカーダイジェスト)

古橋亨梧、日本代表デビューで存在感「満員の中でプレーできたことは本当に幸せ」(フットボールチャンネル)

実は、なんで僕がこの古橋選手を応援しているかというと、以前、一緒に仕事をしたことがあるのです。
それが、この「「男の家事力UP化」推進キックオフイベント~家事フェス2018~」。

このリンク先の下の画像の、
DSC_7625_s.JPG
僕に一番近いのが、当時FC岐阜に所属していた古橋選手。この年の8月に、イニエスタのいる神戸に移籍して、8月11日にイニエスタの日本初ゴールと同じに日に神戸での初ゴール。「なんかもってる!」と思わせてくれました。

そして、先日の日本代表デビュー。ほんの少しの時間とはいえ、自分と関わった選手が日本代表になってコートを掛けている姿を目にできるとはうれしいものです。

今後も、古橋選手の活躍を期待してます。
 
22:33  |  スポーツ  |  Comment(0)

もう一足買った

2019.11.22 (Fri)

IMG_9297.jpg
長らくこちらのブログの更新を怠ってました。
その間にも時は流れ、大阪マラソン2019まであと9日。

8月中旬にめまいを発症して、しばらく走れず。
やっと落ち着いてきたと思ったら、
今度は左足のくるぶしに水が溜まって、また走れず。

走行距離は
9月92.58km
10月139.24km
11月125.57km(今日22日まで)

ここまで短い練習距離でフルマラソンを迎えるのは初めてかも。
かといって、筋力不足だろうから、焦って走りすぎたら、あちこち痛めてしまいそうだし、加減が難しい。

少なくとも、HOKA ONEONEの力を借りねばゴールはできないだろうから…と、もう一足直前だけど買いました。型落ちのClifton5。HOKAのサイトから直接購入。型落ちなので少し値引きしていて、アメリカで現行品(Clifton6)を買うのと同じくらいの値段でした。

今日、6kmだけ試走しました。やっぱり新品のシューズのクッションはフカフカで気持ちいい。これがフワフワして気持ち悪いって人もいて、賛否真っ二つの厚底シューズだけど、僕はもともと膝が弱いので、このクッションがあってのフルマラソン。

こんなコンディションだけど、大阪マラソンのスタートゾーンは「C」。エントリーした時はまさかこんなコトになるとは…だったし、久しぶりに4時間切りを目指そうと思っていたくらい。できれば4時間半くらいではゴールしたいけど、それも今となっては微妙。今は完走が目標という、初マラソンの気分。まさに初心に戻る感じです。
 
20:44  |  ランニング  |  Comment(0)
 | HOME |