FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

魅惑の和田岬線

2019.07.30 (Tue)

すみません。「魅惑の和田岬線」などというタイトルを付けながら、和田岬線には乗れてません。「いつか乗りたいなぁ」と思いながらも、タイミングが合わず、今回も眺めただけ…という話です。

三菱重工グループ労働組合神船地区本部での講演(この記事)があったので、「三菱重工といえば、和田岬線!」と喜んだのですが、残念ながら、講演時間前後には和田岬線の運行がない時間帯でした。

2019073001.jpg
とりあえず、三ノ宮駅まで。三ノ宮は漢字に変換するときに、気を遣います。三ノ宮はJRの駅。三宮は市営地下鉄とポートライナーの駅。神戸三宮が阪神と阪急の駅。そして阪急と阪神に挟まれるように、三ノ宮と三宮が位置しています。
 
2019073002.jpg
その三ノ宮駅の3番線ホームは、安全柵の設置工事中。なんにもなかった三ノ宮駅にも、とうとう安全柵が登場です。まだ他のホームは手つかずでした。
 
2019073003.jpg
三ノ宮で新快速から普通に乗り換えて数駅。兵庫駅に到着。もしかして、兵庫駅は初めて降り立ったかもしれない。ウハウハ気分満載で、ホームを西へテクテク。
 
2019073004.jpg
ありました!あの屋根が和田岬線のホーム!!
 
2019073005.jpg
とはいえ、僕が到着した午前11時過ぎは運行時間ではなく、人気のない光景。
 
2019073006.jpg
出発時刻一覧の通り、平日と言えども9:10から17:16まではお休みです。休日にいたっては一日2便!超限定運行。それでもゼロじゃないってところがスゴいです。逆に、どんな人が乗ってるのかな?と興味あります。
 
2019073007.jpg
兵庫駅の階段は立派。階段の手すり(?)も重厚感アリ。
 
2019073009.jpg
講演会場の控え室(応接室)で見掛けた懐かしいグッズ。今どき、灰皿のある応接室というのも、珍しいと思います。「ライター付くかな?」と思ったけど、火花は出るモノの火は付きませんでした。ガスがないのかな?
 
2019073010.jpg
行きにもちょっと撮ったけど、講演が終わってから、再度、和田岬駅へ。
 
2019073011.jpg
奥が駅の入口にあたる方向ですが、横からもホームにあがれます。そうなんです、この駅には改札がないんです。ホームに入り放題。入場券という概念が発生しない駅です。
 
2019073012.jpg
田舎にいくと、こういう駅はたくさんありますが、神戸市のそれも街の中にこんな駅があるというのが、なかなか趣深い。
 
2019073013.jpg
JR和田岬駅を堪能した後、地下鉄の和田岬駅へ。見覚えのある風景だと思ったら、神戸マラソンでこの前の道を走ったからでした。
 
2019073014.jpg
地下鉄湾岸線の和田岬駅。湾岸線に乗るのは初めて。
 
2019073015.jpg
大阪の長堀鶴見緑地線と同じようなサイズの車両。この車両、川崎重工業製らしい。ということは、和田岬線から分岐したあの線路の先で製造されたわけですね?まさに電車の地産地消やぁ!!
 
2019073016.jpg
三宮・花時計前まで乗る予定だったけど、ちょっと手前のみなと元町で下車。そしてアーケード街を歩く。まさに都会のアーケード。屋根は高いし明るいし、汚れてない。道は広くて人通りが多すぎず、ゆっくり歩ける。そしてなにより空き店舗がほとんどない!このゆとりが神戸感を醸し出している気がします。大阪のアーケード街はもうちょっと道幅の狭いイメージです。京都はこの曲線部分ががありませんし。
 
2019073017.jpg
アーケードを抜け出すと、中華街。毎度お馴染みの場所で一枚。
 
2019073018.jpg
そして向かうは元町からの高架下。昔は、ここに怪しい電気屋がたくさんあって、レトロな掘り出し物のギターやシンセサイザーなんかが売っていて、それはそれは楽しい通りでした。今は、服屋が多いですね。

で、今回、僕が寄ってのは、講演で着ていた服が汗でビチョビチョになり、しかも暑い!もっと涼しい服に着替えたい!ということで、着て帰る服を探しにやってきたのでした。
 
2019073019.jpg
何軒目かの店でセールをしていたので、「今までにないイメージの」服とパンツをいくつか購入。もちろん着て帰るし、ついでに撮ってもらいました。フレンドリーな店員さんでした。でも、まとめ買いしたけど、値引きはしてくれんかったです。神戸には値引きの習慣はないのかな?
 
2019073020.jpg
涼しい服に着替えて、ちょっと暑さもマシに。帰りの三ノ宮駅。
 
2019073021.jpg
隣を走るのは阪急神戸線。小学生の頃の憧れの電車!

よく見ると、写っているのは5000系。それもトップナンバー「5000」とセットの「5050」。なんと初めて営業運転に投入されたのは、僕が生まれた翌月!1968年1月!半世紀以上前の車両!改造やらリニューアルやらで、すっかり顔が変わってしまって(色も)、もとの顔ではなくなっているけど、きっとどこかに登場以来のパーツがあるはず。

三ノ宮からの帰りの新快速は、立花駅と尼崎駅の間の踏切で、遮断機が折れているのが見付かったとかで、甲子園口駅手前で急停車。京都に着く頃には、10分遅れくらいに。三ノ宮からは立ち席で、尼崎でやっと座れました。


 
23:29  |  旅行  |  Comment(0)

ウクレレが壊れた

2019.07.18 (Thu)

IMG_2616.jpg
2015年3月に買ったウクレレ(この時)。
今朝は(たぶん)なんともなかったのに、
仕事が一段落した午後、
ちょっと弾こうかな?と思って見たら、
画像のような無残な姿に。

ブリッジ部分の接着がベロッと剥がれて宙ぶらりん。
フォークギターやクラシックギターは、
ブリッジが剥がれるトラブルがあると聞きますが、
まさかウクレレでも起こるとは…。
あの弦テンションのユルさなのに。

記録を見ると、18,800円で購入してました。




それはそうと…
今朝から、たくさんのヘリコプターが飛んでいます。
京都アニメーションで放火殺人事件が起こったようです。
この記事を参考にしました。
これは「殺人事件」ですよね?

「涼宮ハルヒの憂鬱」「けいおん!」や「らき☆すた」など、
たくさん父娘で一緒に見た京アニの作品。
近所の会社だけに、
友人の友人など、関係者も多数巻き込まれたようです。
一人でも多くの人の無事を祈っています。

僕のウクレレが壊れたことなど、小さなコトです。
とはいえ、これも哀しい。 
 
15:21  |  音楽  |  Comment(0)

祇園祭山鉾巡行(前祭)を見てきました

2019.07.17 (Wed)

2019071701.jpg
京都に移り住んで、はや20年ちょっと。これまで、祇園祭の山鉾巡行は、たまたま通りがかった時にチラッと見た数回だけでした。今年は、やんちゃ村京都一周4分割マラニックその3(この時)の、鞍馬まで行く電車の中で、ラン友さんから、招待席のチケットを譲って頂き椅子席からの観覧となりました。

御池通りの市役所と反対側、つまり本能寺会館北側辺りの席で、街路樹の木陰になったり、たまに涼しい風が通ったりと、真っ正面から日差しを受ける北側(市役所側)に比べると、はるかに見やすい席だったと思います。9時30分過ぎに席に着き、そこから待つこと約50分。先頭の長刀鉾が河原町御池の角にやってきました。

北に向かったいた鉾が西に向きを変えるんですが、その辻回しのまぁなんと時間の掛かること…ではなく優雅なこと。おかげで後から来る鉾には、辻回しの時間に対する心構えができました。
 
2019071702.jpg
次に来たのは、今年の「山一番」を引いた蟷螂山。屋根の上のカマキリが動いてポーズを決める、動きのある山。

「南北朝時代、足利軍に挑んで戦死した四条隆資の戦いぶりが中国の故事「蟷螂の斧」のようであったことから、四条家の御所車に蟷螂を載せて巡行したのがはじまりといわれる」

とのこと。

芦刈山→木賊山(とくさやまと読む)→函谷鉾→郭巨山→綾傘鉾→伯牙山→ときて、

 
2019071703.jpg
9番目の菊水鉾。この辺りになると、座席も日が当たり始めだいぶん暑くなってきて、年配の観覧者は日陰に移動。すると、周囲がゴソッと空席に。後ろがいなくなり、ちょっと立ち上がっての撮影も問題なし。

菊水鉾→油天神山→太子山→保昌山→雞鉾→白楽天山→四条傘鉾→孟宗山→月鉾→山伏山→占出山→霰天神山→放下鉾→岩戸山ときて、
 
2019071704.jpg
最後が船鉾。最後の船鉾が通り過ぎたのは12時47分。2時間と20分くらいの観覧。全部で23の山と鉾が行き交い、どれも逸話や御利益の説明を読みながらで、アッという間。

逸話を振り返ると、中国の故事に由来するものもけっこうあるなと感じました。函谷鉾や孟宗山、白楽天山などは、名前にも表れてますし。そして装飾品である、前懸、胴懸にはインドやトルコ、ペルシャの柄も多く、多文化共生の様相。そういえば、引き手も一目で外国人とわかる人達も大勢でした。古来から、日本随一の国際都市だった京都ならではの、絢爛豪華な祇園祭山鉾巡行でありました。

ここまで見たので、27日の後祭の山鉾巡行も見てみようかな?と。

2019071705.jpg
ところで、祇園祭山鉾巡行の席に入ろうとすると、うちわやパンフレットなど一式が渡されるのですが、その中に、このような紙製の矛のような形のモノが。

上の山や鉾の画像にもチョコチョコ写っていますが、広げると、
 
2019071706.jpg
こんなチューリップハットになります。頭のてっぺんが焼けなくてはイイんだけど、中が蒸れ蒸れになりそう。そしてなんといっても、似合う人っているのか?という微妙な形。僕も、撮るだけ撮って、すぐに片付けました。
 
16:31  |  日々の出来事  |  Comment(0)

特急はるかの新型車両

2019.07.11 (Thu)

京都と関西国際空港をむすぶ関空特急「はるか」の新しい車両がこのたび発表されました(この記事)。

新しい形式は271系
現行の車両は281系。番号が若返ってます。
291という番号は、
燃料電池試験電車クヤR291」があったので、避けられたか?

281系のはるかがデビューしたのは1994年9月。
僕は1993年3月にサラリーマンを辞めた一年半後。
フリーター(もはや死語?)というか派遣社員というか、
とっても微妙で不安定な時期。

それでも、下宿先の近所を通る阪和線に新型特急が通るというのは、
当時、国鉄時代のお古車両が集まる阪和線にとっては大ニュース。
しかも、野暮ったい車両かと思いきや、スッキリした色合いで、
関西で言う「シュッとした」感じの車両。

関空快速として運用された223系0番台と、281系が通るようになって、
ずいぶん雰囲気が変わったモンでした。
新しい時代になるのかも…と、僕にとっては明るいニュースでした。

その281系の編成に、くっ付ける形の増結車両として、271系が登場しました。
…ということなので、
今後の編成の顔(運転席)は、
関空側か京都側のどちらかは281系、反対側は271系になりそうです。

ところで、この281系の顔。
なんかに似てるなぁと思っていました。

今のくろしおや山陰線特急で使われている、287系を基本にしたスタイルらしいのです。
確かに、287系も白くドンと四角い顔なので、そこだけ見ると、似てるような気もします。
が、287系はつり目。
どことなく、雰囲気が違う気がします。

どこかで見たような…
あれだ!

オランダのICM

1994年9月。開港したばかりの関空から、
現実逃避というか、逃亡というか、
一か月ちょっと欧州に出掛けておりました。

オランダのロッテルダムでは
会社員時代に同じ社員寮だったK氏のお宅に2泊。
その後、オランダからスイスを経由してミラノまでの鉄道旅行。
その夜行列車は、ロッテルダム始発ではなくアムステルダム始発。
ロッテルダムからだと、途中の停車駅ユトレヒトで乗り換え。
その時、ユトレヒトまでを、この
ICM
で移動したのを克明に覚えています。

271系の顔を見て、
いろいろ思い出したのでした。
 
16:47  |  旅行  |  Comment(0)

やんちゃ村京都一周トレイル(その3)走りました

2019.07.08 (Mon)

2019070701.jpg
6月16日の「やんちゃ村京都一周4分割マラニック(その2)」(この日)に続いて、その3を走りました。前回その2のゴール地点だった鞍馬からのスタート。天気予報では、当日は一週間くらい前の週間天気予報でも、ずっと「雨」の予報だったのが、朝方は曇り。降水確率も30%程度。雨に降られ、足下ドロドロのトレイルランになると思っていたら、水溜まりもほとんど無し。

行きは、期間限定の「きらら」黄緑バージョン。
 
2019070702.jpg
鞍馬駅スタート。この天狗の前でなんべんも撮ってるなぁと思いながらも、ついつい撮ってしまう天狗。

そして、いざ、スタート。
今回、僕はゼッケン「7」というかなり前からのスタート。この「その3」はとくに山に入るまでの位置取りが重要。なんせ、峠に入ると、一人が通れるだけの道幅。急勾配も加わり、追い抜くのはほとんど不可能。自分のペースで登ろうにも、速い人は遅い人に引っかかり、遅い人は速い人に後ろから突っつかれ、とにかくタイヘンな山道。
 
2019070703.jpg
スタートから二ノ瀬駅手前の踏切を渡るまではロードラン。この間に周囲を見ると、名古屋ウィメンズマラソンのお揃いTシャツをきた7、8人の御一行様。この御一行様の後ろで峠に入ると、タイヘンだろうなと踏切までに、ちょっと無理してグイグイと前へ。
 
2019070704.jpg
峠の入口に入ったところ。すでにオレンジシャツの後ろにいるピンクシャツの集団と、その前が空いてますし、後ろが詰まっているように見えます。

ここから1kmの夜泣峠までは、ひたすら登りの山道。序盤にもかかわらず、最近のラン不足もあって、足が重たい。幸いなことに(?)御一行様が後続の高速ランナーズを通せんぼしてくれているおかげで、後ろから突っつかれることなく、ペースを乱さず終始自分のペースで登れました。
 
2019070705.jpg
もはや前を行く人の姿も見えず、山の中で一人ラン。ノンビリ写真撮ったりしながら走っていたら、まいど!の岡山さんに追い付かれました。せっかく登った向山をその分だけ下った、5km地点の山幸橋のドリンクエイド。そこで衝撃の事実を知ることに。

「はい、岡山さんと山田さんで2番目、3番目ですね」
「?!なんで?!」
「前は、こちらの人が一人だけですよ」
「そんなアホな、★★さんや、◎◎くんが前を走ってましたよ」
「…ということは…」

どうやらコースをロストするランナーが続出だった模様。しかもヤッカイなのが、ベテランでコースガイド的な人が間違えたらしく、みんなそっちに付いていったらしい。僕は前の人の姿が見えないので、地図を見ながら、かなり慎重にコース確認しながら走っていたので、無事にたどり着けたらしい。
 
2019070706.jpg
こんな道をヒャッホ~と駆け抜けていくのが好きだ。この場所はドリンクエイドの前でした。
 
2019070707.jpg
二人の良いところは、こういう写真を撮ってもらえること。何やかんやしながら、岡山さんとお昼ご飯エイドまで併走。ここで、「やんちゃ村」イベントでお馴染みの美女軍団に追い付かれる。ササッと食べて、長い後半の部がスタート。

山の家はせがわのトイレを借りている間に、美女軍団は通過。美女を追いかけるべく、エンジン全開で追いかける岡山さんと僕。ところが、急にお尻に冷たいものが。

「漏らしたか?」
…にしても冷たい液体。
背中のザックの下を触ると、水でザッブザブ。

岡山さんに先に行ってもらい、中をチェック。

2019070712.jpg
Platypusのパイドレーションタンクに穴が空いて、そこから冷水がジャジャ漏れ。画像は、家で漏れの確認中のもの。

調べてみたら、2017年5月以降使っていました。きっと想定内の使用なら、もっと長持ちしたんだと思います。なんせ、僕はこの中に水を入れて、それを凍らせたモノを背負って走ってます。氷の尖った部分と荷物が擦れると、穴が空きやすいはず。競技大会以外のロング走はいつも一緒だったハイドレーションバッグですが、これにてジ・エンド。

かなり漏れてしまったけど、穴が空いている方を上に入れ直すと、漏れが止まったので、しばらくはそのまま走ることに。
 
2019070708.jpg
沢ノ池に付いた時は、再び一人。それでも後ろからはまだ韋駄天軍団が追い付いてこない。おそるべし御一行様の通せんぼ。聞くところによると、前半部分以外でもロストがあり、皆さん相当迷走していた模様。
 
2019070709.jpg
かく言う僕も、とうとう第3エイドに入る道を間違え、162号線をグルッと迂回。しかも全部登り。登らなくても行けたエイドステーションをわざわざ登って階段を降りてとメンドウなことをしてしもた。

ここで、山健さんや中原さん、橋本さんや須藤さん、上田さん達と合流。つまり、いつものお馴染みさん達ばっかり。ここからは国道162号線をひたすら下る。

山の中は涼しかったのに、国道沿いに下界へ降りると、まぁ蒸し蒸しと暑い。異様に暑い。しかも水はほぼゼロ。ローソン京都高雄店に駆け込み、お茶と水を補給。お腹チャポチャポで残りの行程を。ズッと下りなのでスピードは出るんだけど、その分、足への負担は大。すでに前半中盤の登りで太腿とふくらはぎがキンキンに。そこへ下りで地面からの衝撃がゴンゴン。

とにかくガマンの時間帯。京福北野線を越えて、JR嵯峨野線を越えて、嵐電嵐山本線を越えて…そこからゴールの千石荘公園までの370メートルの長いこと。
 
2019070710.jpg
やっとゴール。4分割のうち「その3」だけは、一回しか走ってなかったので、これで2回目のコンプリート。

2019070711.jpg
ところで、162号線を走っている最中に、バチンと音がしたと思ったら、ザックの前ストラップが根元から抜けてしまいました。一回抜けると、再度の取り付けはほぼ不可能。これも調べてみたら、2015年5月から使ってました。未練もナニも、これだけ酷使すれば、モトは十分取ったと思えます。前が合わせられないザックで走ると、ユラユラ揺れて落ち着きませんでした。これも後半一気に疲れた原因?

ゴール後、「やしろ湯」でお風呂には行っていたら、ランナーウォッチの画面をカバーしていたフィルムも剥がれてしまいました。

実は、ここ一ヶ月ほど、左足の尻から太股裏、ふくらはぎにかけて、普通に家事をしていても、シビれるんです。今月に入ってからは膝の調子もなんかチクチクするような不安な感じ。この「その3」を走ってみて、全然ダメだったら、もうトレイルは「これにて終了!」でもエエかな?と思ったりしてました。

さいわい、走り終わってから24時間以上経ちましたが、膝は大丈夫です。シビレは若干ありますが、むしろ普段通り。「その2」の後は、筋肉痛が来なかったんだけど、今回は、走ってる途中から筋肉痛でした。そして、今もバッチリ筋肉痛です。タンパク質をもりもり摂取して、超回復を期待してます。

というわけで、「その4」も出られそうです。申し込みを忘れなきゃ…ですが。
 
17:18  |  ランニング  |  Comment(0)

最近、多用しているモノ

2019.07.04 (Thu)

2019070401.jpg
先日、大分県中津市で講演した帰り、小倉駅でソニックから新幹線に乗り換える途中のこと。

乗り換え時間が24分あったので、土産物店を物色。ズッと以前は、小倉を通る度に「辛肉味噌」を買ってたんだけど、ここ最近は、いつ覗いてもないんです。それでもいちおう「あるかも」と思って覗いてるんですけど、やっぱり無い。

「あ、また、なかったなぁ」と思いながら、他のモノも物色していて見付けたのが、この「ゆずの華」。冷や奴に使ったり、サラダにかけたり、味噌汁に使ったり、炒め物にも。冷や奴は、醤油なしで、このゆずの華のみ。大豆の味がいきるというか、ゆずの香りだけで、十分味が引き立つんです。なんで、こんなに味わえるものやのに、醤油かけたり、ポン酢かけたりしてたんやろ?と思うくらい。醤油の味食べてたんとチャウか?と思うくらい。

また、小倉で乗り換える時は、これを買わないとなぁと考えてたんですが、そういえば、ネットで売ってるかも…と思って調べてみたら、やっぱり売られてました。

日之影特産果樹振興会 ゆずの華本舗
というところが取り扱っているようです。

8グラム入りが324円
20グラム入りが648円

手軽にゆず風味にできる一品。とにかくアレやコレやと多用してます。


ちなみに、サイトの会社案内で住所を調べると、「西臼杵郡日之影町」。臼杵市は大分県にあるけど、西臼杵郡は宮崎県。会社は五ヶ瀬川沿いにあります。

で、五ヶ瀬川…五ヶ瀬…といえば、五ヶ瀬ハイランドスキー場。南ちゃんのCM(これ)で有名になりました。南ちゃん役の藤田可奈さん、結婚されてもうすぐお母さんになるそうです。
 
22:55  |  料理  |  Comment(0)
 | HOME |