FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

やんちゃ村京都一周トレイル(その2)出ました

2019.06.17 (Mon)

2019061701.jpg
やんちゃ村主催のマラニック「京都一周 トレイル4分割シリーズその2 東山から北山へ編」に参加しました。やんちゃ村のランイベントは、昨年の「その4」以来(この時)。「その2」は2016年(この時)と2017年(この時)についで3回目の参加。

3回目だから楽チンと思ったら、コースの様子が台風被害でちょっと変わっていたのと、途中からの土砂降りの雨で、これまでにない経験になりました。
 
2019061702.jpg
昨年秋の台風の被害で、てんこ山(たぶん)からの風景もえらく視界が開けた感じでした。撮り忘れましたが、玉体杉からは以前にも増して、滋賀県側がよく見え、びわ湖もだいぶん広く見えました。

2019061703.jpg
比叡山山頂近くの林は、この通り、無残にもザックリ地面から掘られて、倒木がまだまだたくさんありました。ここは昼間でも暗い感じの場所だったのですが、今やこの通り。

2019061704.jpg
これまでのルートが使えず、旧道を登ることに。とはいえ、こちらも、倒木のトンネルができている状態。

2019061705.jpg
そんな中、新緑が眩しい光景も。

2019061706.jpg
旧道はケーブルの駅横に繋がってるので、「タイミングが良ければ…」と思っていたら、ドンピシャでケーブルカーと遭遇。今回は貴重なRUN鉄(鉄RUN)場面。

2019061707.jpg
ここまでで、すでにサンバイザーからは汗がボタボタ。その汗が目に入って浸みてイタイイタイ。ケーブル山頂駅でお昼エイド。おにぎり2つがストンと入る。糖分多めのコーラをガボガボ。まだまだ前半なので、温存。

2019061708.jpg
もう少し先の場面かもしれませんが…登った山は降りなければ。下りが大苦手の僕なのに、グループの先に立ってしまい、後ろから突っつかれて、焦りながらの降下。

前の日の大雨で、ところどころぬかるんでいるし(思ったほど、そういう場所は多くなかった)地面に出ている木の根っこがツルッツルで、それを踏むとツルンと。何度もスリップしたり足を取られたり、あっちこっちでいろんな物にけつまずいたりしながらも、何とかコケることなく持ちこたえ、無傷で下れました。

2019061709.jpg
横高山の上。終盤はほぼこの5人で併走。

2019061710.jpg
このコースの最高峰水井山。横高山が意外と楽に登れたのに対して、これまで簡単だった水井山に手こずりました。思い込みがジャマしたんだと思います。横高山も水井山もずいぶん表土が流れ落ちてる印象でした。

2019061711.jpg
水井山から薬王坂までの写真が抜けています。撮る余裕がなかったというのが実際のところ。水井山を下り、仰木峠まではわりとスイスイ。といっても「こんなにガレ多かったかな?」という感じの石ころだらけ。

そして仰木峠から下り一辺倒のボーイスカウト坂。降り始めると、停まるのにも筋力が必要な高速降下ルート。ユックリ降りる方法があるのなら、教えて欲しいくらい。滑り落ちる感じで降りると、小さな橋を渡って大原の入口へ。ところが、ここがヒルの多発地帯。止まったら這い上がられる!とにかく止まらずに走り抜ける。

大原の入口、国道367号線手前でおやつエイド。プリンを頂く。ここで、一日で京都トレイルを一周するというツワモノの女性3人組と一緒になる。江文峠はこのメンバーも一緒に制覇。そこから静原へ。

静原小学校を通り過ぎた辺りから、パラパラと雨。そして静原児童公園の手前で土砂降りに。一時期、民家の軒先で雨宿り。ちょっと小降りになったのを見計らって、「どうせまた汗でザブ濡れよ!」とヤケッパチで最後の難関である薬王坂へ。

坂の上でもけっこうな雨。ピンボケ&手ぶれ。防水じゃないスマホなので、サッと出してサッと撮る。ピンボケは致し方ございません。

2019061712.jpg
ゴールの鞍馬温泉で湯船に浸かっている間に、雨がやみ晴れ間が戻ってきました。

風呂場で一緒に走っていた山健さんも岡山さんも、ヒルに食らい付かれていたのが発覚。ヒル発生地帯は、先頭が山健さん、2番目に岡山さん、3番目に僕が走っていたんだけど、先頭と2番目にヒルがくっ付いてたコトに。蛇は2番目が危ないと聞きますが、ヒルは先頭でも対応してるんでしょうかね?

2019061713.jpg
鞍馬駅から出町柳駅まで戻って、そこから百万遍までテクテク。そして餃子の王将で餃子&ビール。

2019061714.jpg
ズッと笑いっぱなしのゴキゲンな愉快な仲間達。運営のやんちゃ村、スタッフの皆さん、ラン友の皆さんのおかげで、いつも楽しませてもらってます。

参考までに…ゴールまでの所要時間は、
2016年は4時間30分
2017年は4時間43分
2019年は4時間25分
でした。今回が一番速いタイムでした。
タイムアタックイベントじゃないので、どっちでもエエんですけどね。

恐ろしいのは、ゴール後、まる一日経った今(6月17日17:17現在)まだ筋肉痛が来てないこと。走っている途中で太腿の筋肉痛は感じてましたが、走った後は痛みゼロです。このまま来て欲しくない…というか、まる一日以上のタイムラグで筋肉痛など、カンベンして欲しいです。下りもそうとう頑張って踏ん張ったので、かなりのダメージはあるはずなんですけど。

(後日記)
結局、筋肉痛は来ず。走っている途中で、太腿の裏が痛くなったのが最後の筋肉痛でした。
 
 
17:20  |  ランニング  |  Comment(0)
 | HOME |