FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

大分県中津市へ

2019.06.30 (Sun)

2019062902.jpg
大分県中津市での講演で(これ)、一泊二日の旅行してきました。

京都駅の新幹線ホームのゴミ箱。新幹線車内のゴミ箱がG20の影響で全部使えない状態に。その関係で、ホームのゴミ箱が溢れ出る事態に?JR東海の腕章した女性が対応してました。
 
2019062903.jpg
小倉駅で新旧の顔並び。国鉄時代の415系と平成生まれの813系。とはいえ、813系もいつの間にやら大ベテランの領域に。
 
2019062904.jpg
中津までは「白いヤツ」。

「白いソニック」「青いソニック」と表示されていたコトもあったらしいけど、小倉・中津両駅ともその表示は出てなかった気がする。「6両」が白いソニックで、「7両」が青いソニックだと思って間違いないと思います。
 
2019062905.jpg
中津駅に着いた18:11。すでに腹ペコ。ホテルにチェックインすると、一回ロビー横の食堂で、19時まで生ビール半額というハッピーアワー。メニューを見ると「中津からあげ定食」もある。外は雨が強くなってきてるみたいだし、「エイヤ」とそこで食べました。
 
2019062906.jpg
食べ終わると、雨が小降りに(…というかあがってる)。まだ外が明るいので散歩へ。到着した時は、空腹でよく見てなかった福沢諭吉さん。
 
2019062907.jpg
向こうに、あかりの付いたアーケード街。雨が降りそうな時の散歩には好都合。
 
2019062908.jpg
飲み屋系の店がたくさん。駅前の商店街といえども、最近はシャッター外の商店街が全国的には多い中、中津駅前は明るい!人通りがある!
 
2019062909.jpg
脇道にもけっこうイイ感じの店が。しかも、僕が散歩している間、商店街の店に入っていく客は、なぜか20~30代の女性が多い。こういう居酒屋って、オッチャンパラダイスになっている場合が多く、入った瞬間「アウェー」な感じになる店も多いけど、若い女性が多いと、例えアウェーでも、ちょっと雰囲気が違うような気がします(あくまでも主観)。

後で、講演のお迎えの車の中で聞いた話、
6月28日は公務員のボーナス支給日だった→人通りが異常にあった可能性も
オシャレなカフェなどがない→若い女性も居酒屋へ行く
中津は友達同士で気軽に外食する文化がある
などの背景があるのでは?とのことでした。
納得。

各店が、500円くらいから1000円くらいまでの「チョイ飲みセット」「お疲れさまセット」などを出していて、はしご酒にもいい飲み屋街だと思います。ホテルで定食など食べずに、もうちょっとだけ空腹をガマンしてここまで来れば、かなり楽しい晩ご飯だったのでは?と残念。

とは言いながらも、晩ご飯の間に、原稿修正チェック要請のメールが入っていたり、アレやコレやと仕事絡みのメールが来ていて、ホテルの部屋で作業しないといけなかったのも事実。飲んでる場合じゃなかったかも。
  
2019062910.jpg
朝、ホテルからの日豊線。博多行きの白いソニックがやって来ました。
 
2019062911.jpg
講演前の散歩でたどり着いた。「獨立自尊」の碑。講演の中で、まさにその考え方を紹介しながら、言葉として盛り込めなかった「独立自尊」の話。今回の大いなる心残り。
 
2019062912.jpg
講演後の散策。まずは中津城から。事前に、詳細な説明書を頂いていたので、待ち時間にじっくり読んで予習済み。
 
2019062913.jpg
中津城の紹介は、この角度の写真が多いですね。
 
2019062914.jpg
散策の途中から雨がジャカスカ降ってきたので、続行断念。駅に向かう途中、昨晩のアーケード街の入口で見掛けた塾の看板。

「タルカス?」

と思いきや「カルタス」。カルタスと言えば、スズキの自動車(これ)しか思い付きません。

「タルカス」といえば、エマーソン・レイク&パーマーの名曲!プログレファンにはお馴染みのあの曲。アルバムのジャケットは、アルマジロ戦車。そんなマニアックな塾の名前なら、さぞかし難関校も突破できそうなものだけど、カルタスかぁ~です。

「タルカス」がどんな曲かは、原曲はこちら
オケ版はこちら
(ともに、リンク先はYouTube)です。オーケストラ版は大河ドラマ『平清盛』で劇中音楽として使用されたのが有名。
 
2019062915.jpg
散策を終えて中津駅に戻って、切符を買って、ウロウロしていたら…講演のポスターを発見(左上)。
 
2019062916.jpg
顔写真もドーン!と。
 
2019062917.jpg
ちょっと早めにホームに上がって、ホームの散策。昔の駅標だ!今のJR九州は、赤基調のデザインだけど、国鉄時代は全国こんなデザインだったなぁ。
 
2019062918.jpg
向こう側の大分行きホームには、「日本一長い鱧(ハモ)の椅子」。中津市は唐揚げも有名だけど、鱧も有名。講演後の弁当は豪華な瑠璃京の鱧づくし二段弁当でした。
 
2019062919.jpg
行きは白いソニック、帰りは青いソニックでした。JR九州の883系。僕は白よりも、この青の方が外見も座席も好きです。白の革張りシートは、なんかツルツルスベるんですよね。それと座席の幅が広すぎて落ち着かない。青いバケットタイプの座席の方が好みです。
 
2019062920.jpg
ただし、足下のコレに関しては、白の方がいい。青は窓際席の足下に出っ張りがあるんです。JR四国の特急や本州でも183系なんかにコレがある車両ありました。これだけが…な883系青いソニックです。
 
2019062921.jpg
小倉駅の新幹線ホームは、このとおり使用不可。聞くところによると、G20の期間中、富山駅でもこの状態だったとか。富山と大阪ではかなり距離も時間も離れてますが…こんな調子だと、東京五輪の際にはどうなるんでしょ?町中のゴミ箱が使用禁止になり、行き場を失ったゴミが、町中に散乱?
 
2019062922.jpg
新山口駅東にある転車台に集まっているタラコ色のディーゼル達。心通る度に「おおお!」と思いながらやっと撮ることができました。

しかし、視界を遮り続ける新幹線のケーブル。街中を走る区間もそうだし、富士山の近くもそうだけど、新幹線からの車窓はドンドン削られてきて、旅の楽しみは減ってきていると思います。この転車台も見どころとしてはオモシロイと思いますが、スマホ画面を見続けている人や新幹線=睡眠場所、飲食場所という人には、車窓はどうでもイイんでしょうね。富士山が見える区間なんかは、日本に来た観光客には見どころとして、とってもイイ場所だと思うんですけど、視界にはやっぱり送電線が入り込んで鬱陶しいです。リニア新幹線は、大半がトンネル区間と聞きます。移動手段と割り切れば、それでも良いんでしょうけど、なんだか合理主義の極み的で味気ない気がします。鉄道という移動手段すら、娯楽目的にできるというのは、ある意味、豊かなことだと思うんですけどね。
 
10:58  |  旅行  |  Comment(0)

やんちゃ村京都一周トレイル(その2)出ました

2019.06.17 (Mon)

2019061701.jpg
やんちゃ村主催のマラニック「京都一周 トレイル4分割シリーズその2 東山から北山へ編」に参加しました。やんちゃ村のランイベントは、昨年の「その4」以来(この時)。「その2」は2016年(この時)と2017年(この時)についで3回目の参加。

3回目だから楽チンと思ったら、コースの様子が台風被害でちょっと変わっていたのと、途中からの土砂降りの雨で、これまでにない経験になりました。
 
2019061702.jpg
昨年秋の台風の被害で、てんこ山(たぶん)からの風景もえらく視界が開けた感じでした。撮り忘れましたが、玉体杉からは以前にも増して、滋賀県側がよく見え、びわ湖もだいぶん広く見えました。

2019061703.jpg
比叡山山頂近くの林は、この通り、無残にもザックリ地面から掘られて、倒木がまだまだたくさんありました。ここは昼間でも暗い感じの場所だったのですが、今やこの通り。

2019061704.jpg
これまでのルートが使えず、旧道を登ることに。とはいえ、こちらも、倒木のトンネルができている状態。

2019061705.jpg
そんな中、新緑が眩しい光景も。

2019061706.jpg
旧道はケーブルの駅横に繋がってるので、「タイミングが良ければ…」と思っていたら、ドンピシャでケーブルカーと遭遇。今回は貴重なRUN鉄(鉄RUN)場面。

2019061707.jpg
ここまでで、すでにサンバイザーからは汗がボタボタ。その汗が目に入って浸みてイタイイタイ。ケーブル山頂駅でお昼エイド。おにぎり2つがストンと入る。糖分多めのコーラをガボガボ。まだまだ前半なので、温存。

2019061708.jpg
もう少し先の場面かもしれませんが…登った山は降りなければ。下りが大苦手の僕なのに、グループの先に立ってしまい、後ろから突っつかれて、焦りながらの降下。

前の日の大雨で、ところどころぬかるんでいるし(思ったほど、そういう場所は多くなかった)地面に出ている木の根っこがツルッツルで、それを踏むとツルンと。何度もスリップしたり足を取られたり、あっちこっちでいろんな物にけつまずいたりしながらも、何とかコケることなく持ちこたえ、無傷で下れました。

2019061709.jpg
横高山の上。終盤はほぼこの5人で併走。

2019061710.jpg
このコースの最高峰水井山。横高山が意外と楽に登れたのに対して、これまで簡単だった水井山に手こずりました。思い込みがジャマしたんだと思います。横高山も水井山もずいぶん表土が流れ落ちてる印象でした。

2019061711.jpg
水井山から薬王坂までの写真が抜けています。撮る余裕がなかったというのが実際のところ。水井山を下り、仰木峠まではわりとスイスイ。といっても「こんなにガレ多かったかな?」という感じの石ころだらけ。

そして仰木峠から下り一辺倒のボーイスカウト坂。降り始めると、停まるのにも筋力が必要な高速降下ルート。ユックリ降りる方法があるのなら、教えて欲しいくらい。滑り落ちる感じで降りると、小さな橋を渡って大原の入口へ。ところが、ここがヒルの多発地帯。止まったら這い上がられる!とにかく止まらずに走り抜ける。

大原の入口、国道367号線手前でおやつエイド。プリンを頂く。ここで、一日で京都トレイルを一周するというツワモノの女性3人組と一緒になる。江文峠はこのメンバーも一緒に制覇。そこから静原へ。

静原小学校を通り過ぎた辺りから、パラパラと雨。そして静原児童公園の手前で土砂降りに。一時期、民家の軒先で雨宿り。ちょっと小降りになったのを見計らって、「どうせまた汗でザブ濡れよ!」とヤケッパチで最後の難関である薬王坂へ。

坂の上でもけっこうな雨。ピンボケ&手ぶれ。防水じゃないスマホなので、サッと出してサッと撮る。ピンボケは致し方ございません。

2019061712.jpg
ゴールの鞍馬温泉で湯船に浸かっている間に、雨がやみ晴れ間が戻ってきました。

風呂場で一緒に走っていた山健さんも岡山さんも、ヒルに食らい付かれていたのが発覚。ヒル発生地帯は、先頭が山健さん、2番目に岡山さん、3番目に僕が走っていたんだけど、先頭と2番目にヒルがくっ付いてたコトに。蛇は2番目が危ないと聞きますが、ヒルは先頭でも対応してるんでしょうかね?

2019061713.jpg
鞍馬駅から出町柳駅まで戻って、そこから百万遍までテクテク。そして餃子の王将で餃子&ビール。

2019061714.jpg
ズッと笑いっぱなしのゴキゲンな愉快な仲間達。運営のやんちゃ村、スタッフの皆さん、ラン友の皆さんのおかげで、いつも楽しませてもらってます。

参考までに…ゴールまでの所要時間は、
2016年は4時間30分
2017年は4時間43分
2019年は4時間25分
でした。今回が一番速いタイムでした。
タイムアタックイベントじゃないので、どっちでもエエんですけどね。

恐ろしいのは、ゴール後、まる一日経った今(6月17日17:17現在)まだ筋肉痛が来てないこと。走っている途中で太腿の筋肉痛は感じてましたが、走った後は痛みゼロです。このまま来て欲しくない…というか、まる一日以上のタイムラグで筋肉痛など、カンベンして欲しいです。下りもそうとう頑張って踏ん張ったので、かなりのダメージはあるはずなんですけど。

(後日記)
結局、筋肉痛は来ず。走っている途中で、太腿の裏が痛くなったのが最後の筋肉痛でした。
 
 
17:20  |  ランニング  |  Comment(0)

あの時の治療代は

2019.06.12 (Wed)

2月24日の夜、アメリカ旅行中の加奈子はアリゾナの救急病院「ER」で脱水症の治療を受けました。

その時は、キャッシュレスで対応できたんですが、実際にどのくらい費用が掛かったのか知りたいと思ってました。

そして、
昨日、保険金の支払いについての書類が届きました。

金額は

197,101円!!

やっぱり、アメリカの医療費は高いなぁ。
これじゃぁ、保険に入ってない人は病院に行けないわ。
オバマケアが導入されたのもわかるな。

そういや、トランプは「オバマケア撤廃」って言ってたけど、
その後、どうなったんでしょ?

たいした治療内容じゃなかったのに、
それでも20万円近い治療費。

とはいえ日曜日の夜間に病院に行ってるから、
その分の人件費や電気代やら、
治療費だけで運営していると考えれば、
このくらいの金額が妥当なんだろうか?という気も。

国民皆保険に慣れてる、僕からすると、
ちょっと信じられないような額。
国民皆保険制度って、スンバラシイ!
と改めて思いました。


ちなみに、この時の
保険料は父娘二人で7,190円
でした。
約20万円の出費が7,190円だったんだから、

入ってて良かった海外旅行保険

でした。

au損保から届いた「保険金お支払いのご通知」には、
197,101円が株式会社プレステージ(たぶんこの会社)に支払われている内容が記載されていました。ここがまとめ役の会社なんでしょうかね?
 
17:01  |  旅行  |  Comment(0)
 | HOME |