FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

大阪30K冬大会 走りました

2016.01.17 (Sun)

2016011701.jpg
昨年10月3日に参加した大阪30K秋大会に続いて、大阪30K冬大会に参加しました。

2016011702.jpg
この大会のいいところは、電車と徒歩あわせて60分以内で会場に到着できること。普段よりもちょっとだけ早起きして、電車に乗って会場へ向かうと、最寄りの西中島南方駅からは、同じ目的地に向かう人の流れができています。地下鉄の中で出会った方が話しやすい人だったので、そのまま準備も一緒に。聞けばスタートブロックも1kmを5分30秒で走るブロックなので、スタートも横並びで。

今回は、からだの調子が全然良くなく(正月から体重はなかなか落ちないし)気分は今ひとつ盛り上がらず。家を出る時も和子さんに「なんか元気ないねぇ」と言われたくらい。大阪マラソン2015の時は、気分も盛り上がってて「はよ走らせてぇ〜!」という気合いだったのに比べると、この冬シーズンはどこかピリッとせず。前走の第25回福知山マラソンでヘバッた後遺症というか、あれでスイッチが切れたのか普段の練習もどこか惰性気味。

そんなピリッとしない感じだったのが、なんやかんやと話をしながら駅から会場へ向かい、スタートまでご一緒して下さったNさんのお陰もあって、いつの間にやらエンジョイモードへ。天気もイイし、気温は3℃とアナウンスがあったけど、日が当たるところはそんなに寒くなく走るにはイイ感じだし、たぶん3時間後には終わってるし。やっぱり誰かと走るというのはエエもんです。

2016011704.jpg
たまたまの流れで、Nさんとスタート位置に並ぶと、なぜかそのブロックの一番前に。この大会は一度にドンとスタートするのではなく、ブロックごとにスタートが切られるタイプ。まえの1kmを5分で走るグループがスタートした後は、自分が一番先頭!こんなシーン、マラソンし始めて初めて!パン☆と鳴るのと同時にスタートするのは、気持ちのイイもんでした。

どうやら、この1kmを5分30秒で走るグループが一番大きなグループだったようで。振り返ると大きな人の塊。ペースランナーさんは集団を伸ばすためだか、いきなり5分前半のペースでツッコミ気味。すぐに5分30秒に落ち着いたけど、あれで足が走るモードに切り替わった感じ。

集団が落ち着いてきた3km過ぎ、少し前を僕と同じHOKA ONE ONEを履いている女性を発見。見ると同じHOKAの、それも僕と同じChallengerATR!トレイルラン用のシューズ。話しかけると「え?あ、ホンマやぁ!コレ履き始めると、他が履けなくて、ロードにもこれで出てるんですよぉ」と。わかります!それにしても、ほぼ新品なChallengerATRでした。国内の在庫がほぼ無いなか、最後の出物をGETされたのでしょうか?

しばらく併走したのですが、調子がよさそうだったので5分15秒前後までペースアップ。5kmの最初の折り返し前後で、次が京都マラソンというUさんと話しながら10km地点まで。大阪30K大会は、チップ計測など大会の形式はあるものの、背中のゼッケンには「Next Challenge is ☆☆マラソン」と表記されていて(☆☆は申込時に申告)、その大会に向けた大規模かつ豪華な練習会の様相。参加者もそのつもりの人が多くて、30Kが本命!という人は少ないけど(たぶん)、同じ目標レースの人達と仲良くなれます。

ところが!せっかくUさんとの話が盛り上がってるのに、急にアイツがやってきたのであります。

恒例の…ザ 尿意。

これまで30kmの大会では一度もトイレに行ったことがなく、「30kmまではトイレに寄らずに済む」と確信していたのに、今回は突然10km手前で。10km地点はスタート地点。たくさんのトイレが設置されていて、並ばずにすみました。だけど、こんな時に限って「なんぼ出るんやぁ?!」というくらいの大放水。やっとコースに戻り、2.5km先の折り返しまで走るとUさんは1分ほど前方。

そこから7.5km先の折り返し地点までは、少し向こうに見えるUさんの黄色い靴が目標に。そして、その少し手前には、一度追い越したHOKAの女性の姿も。追いかける対象が見えていると、気持ちは切れないものです。5分10秒をコンスタントに刻み、20kmの折り返しでHOKAの人に追い付きました。やった!次は黄色い靴!と思ったのも束の間。あれれ?スピードが出ないぞ…と。最近の練習の最長が18kmだったので、そろそろ足に疲れがきたのかな?と思ったけど、冷静に様子をみると、東向きのコースから折り返して西向きになった途端の向かい風!5〜12.5kmの時にはなかった風が、1時間後には強くなっていて、それも向かい風に。天気予報通り。大阪30Kのような川沿いコースの場合は、とくに風の影響が大きいのです。

黄色い靴はいちど近づいたにも関わらず、この辺りから少しずつ離れていくことに。そして最後の27.5kmの折り返しで、またも1分くらいの差に。折り返してくるUさんのハイタッチで元気をもらって、なんとか最後の折り返しを通過。すると追い風!!なんて楽!!追い風フゥ〜!!最後の2kmは4分台へペースアップ。2時間36分12秒でゴール。

タイムリスト
計測ポイント スプリット  ラップ
start     00:00:02
5km     00:26:36  0:26:34
10km     00:53:05  0:26:29
15km     01:19:02  0:25:57
20km     01:44:52  0:25:50
25km     02:11:22  0:26:30
finish     02:36:12  0:24:50

前回の大阪30K秋大会が2時間44分18秒だったので、約8分の短縮。平均ペースで1kmあたり10秒以上のペースアップ。もちろん30kmの自己ベスト。2011年9月にほぼ同じコースを走ったなにわ淀川30Kからは、ちょうど1時間の短縮。

2016011705.jpg
ゴール後、参加賞のTシャツとおしるこ。汗はかいているものの、身体の芯は冷えているので、あたたかいおしるこはジワーッとしみました。

2016011706.jpg
おしるこの後は、バナナ、みかん、おにぎり、カステラ、ドリンク類と、無料のゴール後エイドを一通り食べながら、ステージでのマラソン攻略講習を受講。では!と帰りに土手をあがり会場を振り返ると、いつの間にやら曇天。どおりでゴール後に寒く感じたわけです。

会場から駅までの道で、もう一人HOKAを履く人を見付けました。こちらはCLIFTON2というロード向け。

今回は、予想外にタイムが良くて、走後は気分も良く家まで帰ったのですが、やっぱりこのところの体調イマイチ状態の影響か、帰ってからグッテリでした。全身に倦怠感があり、力が入らずヨタヨタな感じ。かなり早めに寝たのと、たくさん食べたのが功を奏したのか、この記事を書いている今(17日)はたいした筋肉痛もなく、普通に暮らせています。今回は、塩熱サプリを忘れたり、数日前からの鶏ムネ肉の摂取も忘れていて、気持ちの入り具合も今ひとつのままの30kmになってしまいました。

次は、大阪ハーフマラソン。制限時間2時間の気合い度の高い大会。前走の福知山マラソンで一度ヘタッたランニングは、今回の大阪30K冬で、ゴキゲンで走ってれば結果は付いて来る!という自信回復になりました。
 
16:18  |  ランニング  |  Comment(0)
 | HOME |