FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

「ああ言えばよかった」という後悔

2013.04.11 (Thu)

学校から帰って来るなり(明日から給食です!)「はぁ〜」とため息の加奈子。
「どした?」
と聞くと、理科の新しい先生にクラスみんながひと言自己紹介をする場面でのこと。
「加奈子は、今になって考えたら、もっとイイ言い方があったのにと思って後悔している」
と。

その場の短い時間で気の利いたひと言や、ひと言で表せるような言葉がポンと出てくるなんて、なかなか難しいことだし、今「ああ言えばよかった」「こういう言い方もあった」と後悔するのは、次のチャンスのためにイイことだと答えました。逆の「どうせ誰も聞いてないだろうし、テキトーでエエわ」というのよりズッとズッとイイ!とも。

自分の言ったことに後悔するのは、あんまり起こって欲しくないことだけど、それがないと言い方は上手になりません。僕も講演は、「なんで、あの話をしなかった?」「あの時、客席にマイクを向けたらもっとヨカッタのに」という後悔がイッパイです。とくに録画や録音したものを見聞きすると反省ばっかり。「後悔するようなら、金もらって人前で話なんてするな」という人もいるかもしれませんが、僕個人としては、「しまった、あの例の方がもっとよかった」と思わないような、成長を止めた人の話を聞こうとは思いません。

これから先も、加奈子は「ああ言えばよかった」「こう答えればもっと通じたのに」という後悔を続けると思います。でも、そうでないとより伝わる表現には出会えないと思います。母語以外で伝えるようになると、この思いはもっともっと高まると思います。そう思うことこそが学習の源だと思います。

 
14:14  |  家事・子育て  |  Comment(2)

今日から今シーズンの講義開始

2013.04.11 (Thu)

今日から、今シーズンの看護学校での講義がはじまりました。何年たっても、その年度最初の講義は緊張するもんです。そして、今年もまた、新しい学生達との半年間がはじまりました。

同じ学校の同じ教室で、ズーッと教えているわけですが、年度によって教室の雰囲気は全然違います。学生個人個人の差は、それほど大きくないように思うのに、クラスとして集団が形成された時は、その集合体の文化のようなものが出てくるもんです。その文化形成に、どの要素が大きく作用しているのか?も毎年少しずつ違っているように思います。

どんな雰囲気であっても、それに合わせて伝えるべきことを伝え、引き出せるものは引き出していくのが僕の役目だと思っています。

半年間の週一回の教師生活。毎回、僕も学生達もゴキゲンで過ごせますように。そして、ここ数年のようなオモロい学生達と出会えますように。
 
00:06  |  日々の出来事  |  Comment(0)
 | HOME |