FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

奈良マラソン完走しました

2012.12.09 (Sun)

2012120901.jpg
昨年に続き、今年も奈良マラソンを完走しました。明け方近くの最低気温が0.1℃で、コースに含まれる天理市内は積雪との情報も。去年よりもさらに寒い条件での奈良マラソン。

去年、出たおかげでだいたいの流れは分かっていたので、気持ちには余裕がありました。それと今年は膝の不安がなく、「いつ膝痛で動けなくなるかも」という不安はかなり少なく、気持ちは楽でした(…のはずだったのですが)。

2012120902.jpg
事前の申請で5時間以上かかるグループで申し込んだので、スタート順はかなり後ろ。最初のランナーが通り過ぎてから6分35秒後にスタート地点を通過。

2012120903.jpg
今年もゲストは有森裕子さん!開会式で今年も「ヒュ~!」「フォォ~ゥ!」を連発していた有森さん。たぶんはじめての人は「なにあれは?」だったと思いますが、去年も来ている人達からは「キター!」「デター!」という声と笑い声が。

しかし、改めて見ると、去年の有森さんの格好と全然違います。やっぱりコレだけ寒かったということでしょう。

2012120904.jpg
そして今年も上り坂途中の19km(往路)31km(復路)地点付近で、応援してくれていた今ノ葉狂志郎さん。この人の服は去年と同じだったかもしれません。

2012120905.jpg
25kmを過ぎたところで、ぜんざいの給食。去年は薄いシャブシャブ餅が入ってましたが、今年はおかきでした。この方が喉に詰まらせたりせずに安全でしょうね。でも、補給できる栄養分としては餅も捨てがたかった。そして、このぜんざいを食べながら聞こえてくるのが、天理中学校吹奏楽部の応援演奏。僕が通る時は爆風スランプの「Runner」でした。ファンキー末吉さんの原曲もイイんだけど、上手な演奏ってのはさらに心に響くね。

この辺から膝は痛くないんだけど、ふくらはぎと太腿が筋肉痛に。途中でスプレー湿布を何度も吹き付けてもらいました。自分で1本持って行けばエエかと思うんですが、実は筋肉痛で湿布しようにも、その位置まで身体が回らないことも。やっぱり誰かに吹き付けてもらわないとアカンのです。この寒い中、あちこちでスプレー湿布のボランティアをしてくれてました。アレがなかったら、きっとどこかで足がつってたと思います。膝は最後まで大丈夫でした。

2012120906.jpg
ぜんざいを食べてチョットの所で、去年と同じく最後尾の収容者部隊と遭遇。「どうしますかぁ?バス乗りますかぁ?このペースで走っても次の関門は難しいですよぉ」という呼びかけられる、道路脇を歩く男性。こっちも足が痛くなってきたところで、制限時間がそろそろ気になってくる頃。

2012120907.jpg
帰りの31km付近。狂史郎さんの姿は見えず(画像はそこを少し過ぎた場所で個人が出しているタイムボード。父娘でボードに数字を入れてました)。
でも、そこで流れていたのは、RCサクセションといえば!の、かの名曲!「雨上がりの夜空に」!

♪この雨にやられてぇエンジンいかれちまったぁ〜
おいらのポンコツとうとうぶつれちまったぁ〜
どぉしたんだHeyHeYBaby!
バッテリーはピンピンだぜぇ〜
いつものようにキメてぇぶっ飛ばそうぜ♪

一番大きな峠は越えたものの、この先まだまだ続くアップダウン。あ〜もぉ〜歩いてもエエやろ!と思った時に聞こえる清志郎さんの声。つられて歌いながら走ると、「まだまだ生きたかったゼィ!Baby!」という声が聞こえてきそう。ものすごい力をもらいました。

2012120908.jpg
後半は、眩しいくらいの晴れ間。去年、歩いてしか行けなかった道を、ペースは遅いながらも走り続けることができて、「あ〜ちょっとは進歩してるなぁ」と実感。これだけ日が差しているのに、風が吹くと体感温度が一気に下がり、寒さで硬直し足も止まりそうになる。

今回は、スタート前の冷え対策に、大きなポリ袋に首と腕部分に穴を開け、それを頭から被って走り始めたんだけど、途中で暑くなった時に「捨てようかどうしようか」と一瞬迷い、ウエストポーチのポケットへ。それが後半になって役に立ちました。奈良市は中心部は建物でいくらか風が防げますが、ちょっと郊外に出ると田畑を通った風がダイレクトに吹き付けるんです。結局、ゴールまで袋を被ってました。寒さ対策にはイイんだけど、欠点は臭いがこもるコト。「誰?くっさい汗のヤツは?」と思ったら、自分の汗の臭いでした。

2012120909.jpg
去年は、この「あと1km」からが本当に長かったけど、今年はそれほど長く感じませんでした。走り続けることができたので、残り3kmくらいからはごぼう抜き状態。前半にかなり抜かれたと思うけど、終盤に全部抜き返せた感じでした。歩いたのは、トイレに3回と給水のたびに最初のコップの位置からゴミ箱までノンビリ歩いて飲んだくらい。屈伸やストレッチは御法度と書いている本もあったけど、何度か立ち止まってやりました。

今回は、去年のように立ち止まって写真を撮る余裕があんまりありませんでした。他のランナーと話しながら走るというのもできませんでした。自分のペースを守るのに精一杯でした。トイレで待ってる人同士で「今日は寒いねぇ」とか、27kmくらいのトイレで「去年もここで止まってしもた」など、ちょろっと話す程度でした。ゆっくり喋ったのは、鴻池陸上競技場から近鉄奈良駅までの帰り道に、帰りに松坂から来たという初老のオジサンと一緒に話ながら帰ったくらい。

今回の脳内BGMはReynard Silva "Let Me Love You"。いいテンポとフレーズの最後を駆け上がる音符が走るのに向いてました。以前は、RADWIMPSの"君と羊と青"がランニングのテーマでしたが、最近テンポが合わなくなってきてました。Reynard Silvaがなんで僕も音楽リストに入っているのかも謎なのですが、たまたまの巡り会え合わせでしょう。彼の曲はこの曲以外持ってませんし。

今年は、SOYJOYを4本持ち10kmごとに食べました。SOYJOYの歯ごたえは適度な咀嚼が必要なんだけど、噛みしめる分、頭がリフレッシュして前向きにもなれた気がします。アミノバイタルプロを4本。これは前半に飲みきりました。

今年の記録は、5時間39分02秒でした。ネットタイム(スタートからゴールまで)は5時間32分27秒でした。去年は5時間52分24秒だったので、ちょっと早くゴールにたどり着きました。タイム差はこの程度ですが、疲れ具合は全然違っていて、今年は去年に比べれば、はるかに楽でした。ゴール後に記録証をもらったり、体育館で着替えする元気も残ってました。

とは言っても、マラソンが終わった直後の今は、「もぉ今年を最後にするぞ!」と思ってます。これがホンマかどうかは自分でも来年の申し込み時期までのお楽しみですが。
 
23:59  |  ランニング  |  Comment(2)
 | HOME |