FC2ブログ

山口県下松市で講演しました

2011.11.29 (Tue)

2011112901.jpg
山口県下松市の男女共同参画講演会で講演してきました。
昨日は、温かくなるという予報だったのに、あんまり温かくなかったですが、今日は朝からポカポカぬくぬくな一日でした。これだけ温かいのに電車の中は暖房。むしろ暑い感じでした。寒いよりはズッとイイですけどね。

さてさて山口県下松市というと、僕にとっては、まさに上の画像にもあるような「新幹線が生まれる街」です。日立製作所笠戸事業所こそ、全国の新幹線のみならず、イギリスの高速鉄道まで製造している会社で、その所在地が山口県下松市なのです。ここから甲種輸送などで全国にいろんな車両が運ばれているわけです。

その印象が強すぎて、大切なコピーを見落としていてことを、帰りに気が付きました。下松市のキャッチコピーは「笑いと花と童謡のまち」です。せっかく「笑い」があったのだから、これに触れない手はなかったなと反省。帰りに駅の看板でこのコピーを見て、webサイトでも確認して「しもた!」でした。

とはいっても決して笑いがなかったわけではなく、さすが「笑いと花と…」と標語で掲げるだけあって、はじめから笑顔がたくさんの講演会でした。

惜しむらくは、事前の打ち合わせをしてなくて、質問タイムがなかった点です。質問や意見の時間を嫌がる講師もいるので、気を遣ってくれはったんだと思います。でも、僕は質疑応答が好きです。限られた講演時間の中ではどうしても触れらない内容もありますし、流れの中でカットした内容もあります。「もうちょっとこの話を聞きたかった」という人もいると思います。それらのやり取りはライブならではの楽しさがあります。講演する地方や来場した人の世代によって、全然違った質問や意見を出してくれます。講師をしていてこれは楽しい時間です。

今日は、久しぶりに「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ」の持ち込み販売をしました。参加想定者数から「このくらいなら売れるかな?」と割り出した10冊を持って出掛けたのですが、アッという間に売り切れてしまいました。こんなことならもうチョット持って行けばよかった!とチョット後悔。「サインを」と言われてサインペンで書こうとしたら、久しぶりのサインでペンがかすれてました。仕方なく、筆入れにあった筆ペンでサイン。筆ペンのサインってイイですね。書いててオモシロかったです。サインしていて、この町には「原田さん」が多いことにも気が付きました。「あれ?さっきも原田さん。弁当の仕出し屋も原田さん」でした。

2011112902.jpg
JR徳山駅から会場までの途中、先週25日にオープンした「天下一品」の山口県下第1号店の前を通りました。お昼前で既に行列ができてました。京都が発祥の店がこんなところにも!とウレシくなりました。

帰りは、わざわざ日立製作所笠戸事業所の前を通って、下松駅まで(これもホンマは徳山駅まで送ってくれるコトになってたんですが)「是非に!」という僕の希望を聞いて頂き送ってもらいました。事業所の引き込み線には、東北新幹線「はやぶさ」のE5系が出発を待っていました。いつか、あのE5系に乗って、青森まで講演に!でも、きっと青森なら伊丹か関空からの空路だろうな…。前の日に関東地方で講演があって、次の日が青森だと!などなど、勝手な妄想を、帰りの「N700系のぞみ」(←これも日立製作所笠戸事業所製)で膨らませていたのでした。
23:26  |  講演記録  |  Comment(0)
 | HOME |