FC2ブログ

大阪府島本町で男性向け料理教室しました

2011.08.21 (Sun)

今年度から、人権啓発施策審議会の委員を務めている、大阪府島本町で男性向け料理教室をしました。

僕の中では、いちおうこれで料理教室は一区切りにしようと思っているので、この方法での料理教室は最後になります。最後の料理教室は、最初の料理教室のメニューと同じ、肉じゃが定食でいくことに。

肉じゃが、キュウリとワカメの酢の物、味噌汁、ごはん

簡単な定食セットを2時間かけてユックリと。教室の最初に、参加者の料理習熟度を尋ねたら10人中7人が「初心者」ということでしたので、本当にのんびりユックリと進む料理教室でした。僕は、心の中で焦りまくってましたが、教室後のアンケートを見ると、このユックリは「丁寧に教えてもらえた」など好評だったようです。これまでが、あまりにスッ飛ばしすぎていたかも。

今回、ギャグのようなミスをしてしまいました。味噌汁と肉じゃがのダシは、昆布と鰹節で一番ダシと二番ダシをとって作ることにしました。粉末やパックじゃなくて天然のダシを使うと、どんな味になるのかを知ってもらおうという意図です。僕自身、自分でもめったにダシとらないんですけど、料理教室のお陰で何度かダシを取り、その味噌汁や煮物を食べてます。

ところが、ダシよりも先に味噌汁に取り掛かってしまい、お茶碗でお湯の量を量って、それを沸騰させて…というところまできて「しもた!ダシ使うんやった」ということで、湧いたお湯を捨てて、とったばかりの一番ダシをお茶碗で量ってもう一度温め直して豆腐を入れて…そして味噌を溶こうとした瞬間、

「これ、ダシ入り味噌やん」

と気付きました。マルコメのダシ入り味噌。いやぁ~ダシ入り味噌は便利ですよね。味もほどほどです。だけどダシで煮た具にダシ入り味噌を入れると、ちょっと味が濃くなりゃせんか?と不安に。しかも、「火を止めて余熱で味噌を溶いて」と言ったはずなのに、あちこちから味噌の入った味噌汁の煮立つ音が…。「さて味見」という時に「辛~い(>_<)!」という人もいてはりました。

普段、マラソンしているのに、なぜか3時間の料理教室はヘトヘトになります。「年取ったのかも」と思いますが、和子さんの見立てでは「そりゃマラソンにしても、講演にしても自分のペースでできるけど、料理教室だけは自分のペースでないからとチャウの?」ということです。大いに考えられます。

アンケートの中に、「また先生の料理教室があれば参加したいです」と書かれていたのが心残りですが、この先は、より実践的な一人一人の事情に合わせた料理支援事業をしたいと考えています。
21:30  |  講演記録  |  Comment(0)
 | HOME |