FC2ブログ

ノートパソコンをdestroyでデストロイしました

2011.08.20 (Sat)

2011081301.jpg
ある日の夜の風景。
家族3人に3台のノートパソコン(おまけで、画面真ん中には借り物のiPadも)。

ノートパソコンはイイですねぇ。
でも、ノートパソコンを捨てるのって難しいですよね。
デスクトップパソコンの場合、蓋を開けてハードディスクを抜いて物理的に壊してしまえば、中のデータも取り出せなくなりますが、ノートパソコンの場合、蓋を開けるのもタイヘン。

2011081601.jpg

そんな中、ウチのお古が活躍していた義姉宅から「廃棄できるようにして欲しい」とノートパソコンが3台持ち込まれました。懐かしいWindows98SEのパソコンも。なんせ塾経営の義兄のパソコンには生徒の情報がたくさん入ってました。Windowsのフォーマット位じゃ、復元ソフトを使えば個人情報はすぐに呼び出せてしまいます。

そこで、廃棄のために「destroy」というフリーソフトを使いました。3台のうちの1台はディスクドライブが無くあるのはFDDのみ(下画像)。

2011081603.jpg

というわけで、久しぶりにMS-DOSの起動ディスクを作りました。ところが作り方をスッカリ忘れていて、IO.SYS、MSDOS.SYS、COMMAND.COMという懐かしいファイルを入れそこない、「あれ?なんでブート起動にしてるのに立ち上がらない?」でした。

CD起動の方も、これまたISOイメージのまんま焼くというのを、普段DVDのダビングなんかでやってる割りには、原理的にわかってなくて1枚無駄なディスクを作ってしまいました(データで焼いてしもた)。

結局、1日がかりで3台のノートパソコンの中身をまっさらピン☆(というか全部ゼロで上書き?)しました。
参考にしたサイト その1その2
ISOイメージを焼いたソフト「DeepBurner

2011081602.jpg

僕が講演に3回以上持って行ったことのあるパソコン達です。
DELL 700m
Let's note W5
MacBook Air 11(2010)
です。
2回までのPCにはVaio P、Let's note S8、MacBook Proなどいろいろありますけどね。

いよいよ廃棄されることになりました。僕の講演データもHDDのどこかに残っていたはずですが、destroyしてしまったのでもうすっかり消えてしまったことでしょう。
14:53  |  PC  |  Comment(0)

子どもの反応を見るとその子の父親の存在がみえる

2011.08.20 (Sat)

木曜日にウチに訪問してきた教え子親子。子どもチャンは最初、僕の顔を見るなり泣き出しました。

自分で言ってなんですが、たいていの子は、子どもの方からテコテコと寄ってくるモンなんですが、その子は激しい拒否反応を示してました。

でも、たま~にこういう子がいます。話をしているウチに、その子の父親の家での様子を聞くと、「やっぱり」と納得できるのも常です。

パターンがあります。たいていは、家族に対して、怒鳴ったり、叩いたり、モノを投げつけたりというDV支配系の父親です。それを本人が父親として正しいと思っているのかどうか定かではありませんが、結果として、子どもに大人の男性恐怖症を植え付けています。子どもには直接暴力を振るっていなくても、それを見て聞いて感じている子どもには伝わってしまっているからです。

子どもが大人の男性と接する機会は、男子も女子もとっても少ないのが現代社会です。実際には、医者や宅配便や郵便や新聞の配達や、駅員さんや店員さん、近所のオッチャン、少年野球チームの監督など、たくさんの大人の男性と接してはいるのですが、ジックリと話をする機会なんてほぼありません。子どもが長く接することのできる大人の男性は、せいぜい父親、学校の先生、塾の講師程度です。その貴重な大人の男性と、コミュニケーションが上手くとれないとしたら…世の中の男性全員と上手くコミュニケーションがとれないとまでは言えませんが、あんまりいいコトはないはずです。

子どもの発達のためにも、親同士が大人同士が、ちゃんとコミュニケーションをとって、「言い勝つor言い負ける」「支配するor支配される」という関係ではなく、お互いにイイ所を見つけ出して「歩み寄る」関係を見せることが一番!だと思います。そのことは、勝った負けた、偉い偉くないという価値軸ではない人間関係を築くうえで、きっと親が子どもにしてやれる一番のことだと思います。
13:55  |  家事・子育て  |  Comment(0)
 | HOME |