FC2ブログ

味の素労働組合東海支部で講演しました

2011.06.11 (Sat)

2011061101.jpg
三重県四日市市で、味の素労働組合東海支部のワーク・ライフ・バランス講演会で講師をしました。
参加者は若手が大半で男女比半々くらいでした。

前日、ものすごい大雨で「大丈夫かな?」と思ってたんですが、ウチから丹波橋駅のごく僅かな距離だけが、パラパラと降っている程度でした。「晴れ男」まではいかなかったですが、大雨ではなくホッと。後で知ったのですが、東海道新幹線が静岡県内での豪雨で20分程度遅れたそうです。時間の前後はありますが、もしかしたらもしかしていたので、奈良周りの近鉄での移動で正解だったように思います。

事前の情報では「女性が多い」と聞いていたので、超初心者向けの家事情報などは外してました。最近、この事前予測はハズレることが多くなってます。とくにワーク・ライフ・バランス講演会は、「アテにならない」と断言してもイイと思います。これは、調査がエエ加減とか、そういう意味ではなく、主催者も参加者も手探りで、「開場してみないとわからない」んだと思います。予想が外れると言うことは、無理矢理連れてこられている参加者ではないということでもあります。それだけヤル気も出るってモンです。

超初心者向け家事情報「プチ家事3種目」は、質疑応答の時間に補足しました。質疑応答といえば、今回、いいツッコミがあり、最近、時間の都合でカットしていた内容に触れることができました。

「家事は楽しい生活のための手段」という話がありますが、「ここに行き着くまでの話が聞きたい」という女性からの質問でした。働きながらの家事って、楽しみを実感する機会が、なかなか無いんじゃないかと思います。「自分一人ならサボれるのに…」などなど、楽しみよりも疲れや不満の方が先になることもあると思います。

僕自身も「楽しい家事」を忘れていることも多々あります。最初は、もともと家事が嫌いでもなかったので、気楽にやってました。でも、加奈子が生まれてからはなかなかそうも言ってられなくなりました。キッチリしようとするともうイライラが募る一方でした。そこで、「少々散らかってても、笑顔で過ごせるなら、それでエエやん!そっちの方が優先順位が上」と割り切ることにしました。小林カツ代さんの「どんなに美味しい料理を作っても、笑顔で食べなきゃ美味しいって思えない」という言葉も後押ししてくれました。

それと、「自分の家事ラインを他人に求めない」も必要です。自分のやり方が、他人にはとって難しいのはよくあること。「自分に合わせなさい」ではなく、お互いに歩み寄ることが大切です。これを僕は「家事コミュニケーション」と呼んでます。お互いが「自分のやり方で!」と言い合うのは権力闘争です。負けた方は、支配され「やらされる」感という禍根を残します。勝った側は勝った側で、「やらせる」以上はそれなりの責任を果たさないといけなくなり、やっぱり義務的になります。お互いにシンドくなる支配闘争よりも、話してお互いに歩み寄れる着地地点を模索する方が、お互いに納得もできるし、内容も柔軟になると思います。

この辺りの話は、以前はやってましたが、最近はカットされることが多くなり、講演で話すのは久しぶりでした。大事な話だと自分では思うのですが、前後の流れが悪くなる関係で、カットしていました。改めて、「なんとか盛り込んでみようかな?」と思いました。

2011061102.jpg

今日頂いたお土産は、味の素製品の詰め合わせでした。とってもよく使うモノばっかりでうれしいです。講演の後のランチバイキングもご一緒させてもらいました。同い年の支部長さんと、しばしRock談義。楽しかったです。
22:36  |  講演記録  |  Comment(0)
 | HOME |