FC2ブログ

室内干しの臭い対策に糸くずフィルターの交換を

2011.06.05 (Sun)

2011060501.jpg
梅雨時は室内干しの機会が増えますが、「室内干しのあの臭いが嫌い」という声もよく聞きます。

臭いの原因は、臭い対策にという思いで余計に入れられる洗剤が残留して、それが細菌繁殖の温床になっているケースが大半です。残留洗剤を残さないためには、洗剤の量を増やすよりも、むしろ水量を増やす方が得策です。もしくは、すすぎ回数を増やすというのも一つです。

雑菌との接触を防ぐという面から、意外と忘れられているのが、画像の「糸くずフィルター」です。このフィルターに糸くずが溜まってませんか?糸くずという繁殖地があると、雑菌は繁殖します。まずは、糸くずフィルターをキレイに保つことが大切です。

といっても、注意していても、少しずつ汚れて目詰まりを起こしていくのが「糸くずフィルター」。たまには新しく交換してみてもイイと思います(いや、してみるべきです!)。画像は近所のケーズデンキですが、メーカーとそれぞれの機種別に多種の「糸くずフィルター」が並んでます。一つ500円~1000円くらいの値段です。自分が使っている洗濯機の型番と製造年を控えて売場に行くことをオススメします。

「糸くずフィルター」は意外と見落としている人が多いので、是非、一度確認してみて下さい。
22:52  |  洗濯  |  Comment(0)

丸亀製麺京都伏見店でランチ

2011.06.05 (Sun)

2011060502.jpg
以前から、丸亀製麺宇治店にはよく行ってたんですが、5月30日に近所の京都伏見店がオープンしたので、さっそくお昼に家族と行ってみました。

ものすごく広い駐車場!もともと「イベリコしゃぶしゃぶアバンギャルド1号線下鳥羽南店」と「ウッキー伏見下鳥羽店」の2店舗分の敷地が、店舗と駐車場になっているみたいです。ウッキーの方は、なんとなく前を通った記憶があるのですが「イベリコ~」の方は店自体の僕の記憶がありません。検索してみたら、このブログ記事に「イベリコ豚の寿司」というメニューがあったと出てました。「ユッケ」騒ぎどころではない、命知らずのメニュー!!画像を見ると生豚肉っぽいのですが、ホンマに生なんでしょうか?もしかして…もしかすると?

さてさて、生肉食の話ではなく「讃岐うどん」の話です(急に話の毒々しさが消え、爽やかな印象になる気がするのは気のせい?)。

この丸亀製麺。12時前後に到着してみると、長蛇の列。他の店舗でも並ぶけど、ここまで並ぶのははじめて。加奈子と「スプラッシュマウンテン?」と話したくらい。うどんなので並んでも知れてるとは言え、しかしうどんにしては異様に長い時間並びました。

で、精算を終わってネギをトッピングして、3人座れる席を探すと、空席がいっぱい。あれだけ並んでいるのに、空席がたくさんってことは、食べ終わる速度に受注→調理→精算が追いついてないってコトです。開店して初めての週末なので、これはもう従業員の皆さんに慣れてもらうしかないですね。隣のテーブルでオバハンが「なんやこれは!全然なっとらん!コレじゃアカンわ!」と息巻いてましたが、「だったら改善策を提案してやれよ」でした。文句を言うだけなら誰にでも出来ます。大切なのは建設的な提案。それが自分のメリットにもなります。

僕らの分析は、注文が番の直前になってしか聞かれないという点がネックでは?です。目の前の人の注文を聞いて、作って配膳しているので、モノによっては後ろの人の注文品が先にできてしまうんです。そうなると、一方向性が失われ、そこで滞留が起きていました。数人前から聞いておくと、時間のかかる人の注文品を先に仕込むことができ、行列の停滞を防げ、よりスムーズに流れると思います。

バタバタした厨房だったので、強く責めるのは気の毒ですが、僕は「釜揚げ特(2玉)」を頼んだのですが、どう見ても「釜揚げ大(1.5玉)」しか麺が入ってませんでした。少しくらいのミスは仕方ないし、持ちつ持たれつだと思えますが、明らかなミスはフォローのしようがありません。エラいお怒りだった隣のオバハンも同様だったのかも。

このところ、出店ラッシュで飛ぶ鳥を落とす勢いの丸亀製麺さん。開店続きで、京都伏見店の開店前シミュレーションが不十分だった感は否めません。これは店の従業員の責任というよりは管理部門の責任。頑張って下さい。

ところで、この丸亀製麺京都伏見店。情報によると、環境配慮型店舗の実証実験店舗なんだそうです。この先、どうなりますか?「イベリコ~」のように「いつ開店して、いつ閉店したかワカラン」店にならないことを願ってます。
17:28  |  家事・子育て  |  Comment(0)
 | HOME |