FC2ブログ

「こづかい」はcool?

2011.01.25 (Tue)

昨日朝の、NHK「COOL JAPAN 発掘!かっこいいニッポン」は「家計 Household Budget」がテーマでした。以前、イタリア在住の方が「イタリアでは家計簿という物がない」と書いていたのを見ていたので、興味しんしんでみました。

データとして興味深いものが出されていたのでメモ。
・現金所持金額 休日:平均33,000円、永日:平均27,000円
・家計管理者は? 妻:58人、夫:36人、両方:6人
・サラリーマンのこづかい:1ヶ月平均40,600円(昼食代:平均500円、夜の外食代:平均4,190円)新生フィナンシャル調べ
・貯金してますか? はい:81人、いいえ:19人
・勤労世帯の預貯金額:1ヶ月平均33,399円 総務省「家計調査2010年7~9月」より
・国民一人あたりの現金・預金額
 日本   629万円
 イギリス 287万円
 ドイツ  287万円
 フランス 240万円
 アメリカ 198万円
 2009年第一生命経済研究所調べ
・家計の目的別消費支出
左から
飲食料品被服・履物住居光熱保険・医療交通・通信娯楽・文化教育その他
2011012501.jpg
UN,Statistical Yearbook, Fifty-second issueより

諸外国のゲストにとって「こづかい」というモノの存在は驚きのようでした。「子どもみたい」という嘲笑もありました。

なぜに日本の男性達は家計管理権を放棄するんでしょ?そして「こづかい」という子ども扱いに平気になれるんでしょ?

お金を稼ぐというのは、それはそれはタイヘンなことで、そのタイヘンなことへの報酬を、他人にすっかり譲渡して惜しくないんかなぁ?割に合わんと思わないんかなぁ?自分で稼いだお金を自分の意志で使いたいとは思わないのかな?

ゲストのアメリカ人男性が、「自分と妻それぞれの口座と、家計の口座がある」と言ってました。僕達もこのシステムで運用してます。家計口座への拠出率は、毎年3月に契約更改します。僕の服やパソコンや本などは、全部、自分の自由意志で買ってます。「これ、どうかな?似合う?」というのは聞きますが、「買っていい?」という聞き方は絶対にしません。

僕は、自分で働いたお金は、例えどんなに微々たるものでも、自分の意志で自由に使うという経済的主権(大げさですが…)を守りたいだけです。ですが、どうも日本人男性の多くは、この件に関して、非常に大らかというかなんというか、権利の主張をされないようですね。もしかして僕は、権利を主張する分、家事・子育てもしているに過ぎないのかもしれません。
16:21  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

車のバッテリー交換

2011.01.25 (Tue)

2011012201.jpg
先週、金曜日のこと、和子さんが出張で、いつもより少し遅い時間の出勤なので、「車で学校の途中まで送ってあげる」と出発しようとしたら…エンジンがかからん。車で行くから、いつもよりも遅く出ても大丈夫と思ってたので、今さら歩いて行くなんて遅刻!という時間帯。結局、タクシーで送るという「どこのお嬢ちゃんやねん!」という朝になりました。

そして、土曜日。出張から帰ってきてロードサービスを頼む。滋賀県の会社がやってきて、いろいろ調べた結果「バッテリー残量がありませんね」という結論に。

僕は、これまでに自分の自動車というのを所有したことがなく、自動車のメカニズムについては基本的な原理なんかはわかってますが、実際の自動車がどうなってるのかは知識ゼロです。運転免許はもってるので、エンジンオイルやファンベルトのチェック方法なんかは知ってますが、どうやってオイル交換して良いのかもわかりませんし、ワイパーの洗浄液がどのくらいの値段なのかもしりません(^^ゞ

今回、初めてバッテリー交換の作業を間近に見て「あれ?これって買ってきて、自分で装填できそうやん」と思いました。調べてみると、サービスの担当さんが手袋してたり、ボディー側面にカバーしたりしてた理由もわかってきました。自動車整備士なんて職業があるくらいだから、素人がいじったらアカンのかと思ってました。

次からは自分で…と思ったんですが、ふと、うちのカローラを見ると、もう9年も乗ってるんですね。次にバッテリーがいかれる頃には次の車になってるんかな?とはいっても、以前は、和子さんが通勤に乗ってたので、ずいぶん活躍してましたが、最近は土日ですら出張などで乗ってませんし、まだまだ乗り続けられそうです。家族は増える予定もないし、これで十分なんですけどねぇ。
12:14  |  家事・子育て  |  Comment(0)
 | HOME |