FC2ブログ

成熟化する日本社会

2011.01.02 (Sun)

2011010102.png
昨日のブログで、初詣に出掛けたことを書きました。その時に触れようかと思ったのですが、分量が多くなりそうだったので、今日に回しました。

昨日、初詣の行列をしていて、あることに気が付きました。それは行列の中でタバコを吸っている人がいなかったコトです。昭和時代なら、あれだけの人がいれば、必ず一人や二人はタバコを吸う人がいました。今でも、少し地方に行けば、「ところ構わず」というか、むしろ「なんでダメなの?」という感じです。

あの場所あの時だけの偶然かもしれませんが、誰もいなかったという瞬間があっただけでも、とてもエエことやと思います。子ども連れの人も大勢いました。風も吹いてましたから、一人の副流煙は大勢の人が吸い込むことになります。喫煙者がそういった周囲のことを考えて「ちょっと控え」られる社会になってきたのかもしれません。日本社会は確実に成熟してきていると思います。

この成熟化は、一方では、破天荒で爆発的な活力を失うことにもなりますが、それでも僕は成熟化の方が、優しく、ノンビリしていて、地に足がついたイメージでイイと思います。ガツガツと他人を押しのける競争力も、時には大切かもしれませんが、急ぎの用事があっても、抱っこしてベビーカーを押すお母さんに「どうぞ」と道を譲ったり、レジでユルユルと支払いをしているお祖母さんにも、イライラせずに待てる自分でありたいと思います。

一年の最初に、日本の成熟化という、ちょっとイイ風景に遭遇できました。今年はなんだかエエことありそうです。
20:57  |  日々の出来事  |  Comment(1)
 | HOME |