FC2ブログ

夫婦の会話がない…顔見合ってますか?

2010.08.28 (Sat)

26日の尼崎市での講演で反応がよかった話。

親子や夫婦のコミュニケーションの話の流れで出た、
「夫婦のコミュニケーションって言われても…会話自体がないんです」
という方や、
「会話が一方通行」
という現象への解決ヒントとして。

ちゃんと顔見てますか?

話しかけられたら、そっちに向いて聞く。
話しかける時は、そっちに向いて話す。

基本だと思うのですが、これが…
あちこちで観察していると、意外とできてません。

例えば、こんな風景がありました。
講演に向かう京阪電車の中で、男の子2人(5歳+2歳くらい?)を連れたお母さん。上の子が電車に乗って大張り切り。下の子はご機嫌ナナメでギャァ~~と泣き続け。お母さんは下の子をあやすので精一杯。上の子はズーッとお母さんに「なぁなぁ」と大きな声で話しかけ続ける。

そのお母さん、「はいはい。ふ~ん。そうかぁ。もうちょっと小さな声で話そうな」と上の子に反応はするモノの、視線は下の子に向いたまま。

ほんのチョット、一瞬でも上の子に視線を向けたら…きっと上の子は、「あ、お母ちゃんが聞いてくれてるんや」と納得して、「なぁなぁ(聞いてよ!)」攻撃は少しマシになるはずです。

とはいっても…
理屈では理解できても、実際に行動するのはなかなか難しいもんです。こっちはこっちで、やることがある。声の主は誰だかわかってるし、声の感じでどんな顔して話してるかもだいたいわかる。過去の経験や想像力で、姿を見ずとも…

…ではありますが、やっぱり「生」情報には劣ります。
顔を見合わせ、表情で伝わる情報量の多さ。気持ちだって、顔と顔を合わせれば簡単に伝わることもあります。せっかく一緒に住んでいるのですから、せっかく「生」の顔を見ることができるのでしたら、その機会をフルに活かしてコミュニケーションして欲しいと思います。きっと会話のキャッチボールが戻ってくるはずです。

身近な人とシッカリ顔を見て話をする。たったこれだけのことですが、きっと毎日が楽しくなるための大きな一歩になるはずです。
08:34  |  仕事ネタなど  |  Comment(2)
 | HOME |