FC2ブログ

iPhoneが余ります

2010.05.19 (Wed)

iPadの情報が集まるたびに、和子さんのiPhoneからiPadへの移行が固まる感じ。なんせ、iPhoneのカメラ部分はほとんど使ってないし、電話機能はDoCoMoの電話を使っているので不要。おまけにiPhoneの不満として「画面が小さいので使いにくい」程度なので、まさにiPadでドンピシャ。

さて、そうなると、和子さんが今使っているiPhone3GSが余る。
中のSIMはiPadに移されるんかな?
そもそも、iPhoneってどこにSIMが入ってるんやろ?
SIMのないiPhoneは単なるWi-Fi端末になるのかな?

「iPhoneの本体はいらないんだけど、SIMだけ下さい!」ってのはできるんだろうか?
それができるのなら、僕はDoCoMoを終わりにして、iPhoneに移行するんだけどな。
23:00  |  PC  |  Comment(2)

『離婚同居』第1話より耳に残ったセリフ

2010.05.19 (Wed)

昨日のNHKドラマ『離婚同居』の中から、「お!」と目(耳)に止まった言葉。

(その1)
「あんたにモモの面倒見られんの?」
「大丈夫さ」
「かかりつけのお医者さんは?
 毎日送り迎えできんの?
 担任の先生の名前は?
 一番の親友の名前は?
 お箸の日は何曜日?
 デミグラソースのハンバーグ作ってあげられるの?」

(その2)
「結局、お母さんが欲しかっただけなんですよねぇ」
「お母さん?」
「そっ!お母さんみたいになんでもしてくれて、なんでも聞いてくれて、なんでも許してくれる存在」
「へぇ~」
「あ~もぉダマされた!」
「え?」
「だって、あんなに心もなにもかも小っちゃい男が
 若い子にモテるなんて思わないじゃないですか!
 だから結婚したのに」
「そこが結婚のポイントだったの?好きじゃなかったってコト?」
「いや~好きだったんですけどねぇ。
 でも一番の理由はあたしだけを
 一生見てくれそうに思ったからかもしれません」

(その3)
「あたしさ、今日スッゴイ楽しかったよ。うれしかったよ。
 いろんな人にイッパイ褒めてもらって、
 イッパイいろんな話聞かせてもらって、
 あたしの話にゲラゲラ笑ってもらったりとかして。
 そんでさ…帰りに思ったの。
 そういえば、こんなこと、もう何年もなかったな~って。
 キャバクラみたいなところだって、
 今の私には居心地のいい場所なの。
 勘違いかもしんないけど、
 みんながあたしのこと認めてくれたなって。」

(その4)
「どうして離婚なさったんです?」
「どうしてでしょうねぇ~
 あの人ね。私のことを空気みたいな存在だっていったの。
 見えないけど、いなけりゃ死んじゃうって」
「それっていけないことなんですか?」
「褒め言葉のつもりだったんでしょうけど、
 私は空気なんてイヤなんです。
 どうせならチリやホコリの方がまだマシ」
「どうして?」
「光を浴びれば、ちゃんと目に見えますからね」


いろいろネタになりそうな言葉の数々でした。
16:11  |  男の家事  |  Comment(0)

携帯的電子郵便

2010.05.19 (Wed)

先週、ソーシャルメディアマーケティングのセミナーに出席した際、こんな話を聞きました。

今どきの大学生は、携帯電話でメールする癖が付いてしまっていて、社会人になっても、「件名」が抜けたままのメールを送信したり、一度にキチンと用件を伝えられなくなっている。せめて学生のうちに、そのあたりのリテラシーを身につける機会をもって欲しいという内容でした。

確かに、こういうメールのやり取りありがあります。
「今なにしてる?」
「ボーッと」
「明日ひま?」
「うん、ひま」
「映画でも行かない?」
「いいね」
「なに観る?」
「○○でも」
「それなら★★の映画館だね」
と延々とひと言ずつのやり取り。

これを仕事上のメールでやると…
でも、現実に起こっているそうです。
16:05  |  家事・子育て  |  Comment(0)
 | HOME |