FC2ブログ

近所のラブリーなお節介オバチャン達

2010.05.11 (Tue)

今日は、ウチがゴミ当番でした。
ゴミ当番の仕事は、ゴミ出し前日にカラスよけネットを出し、ゴミ収集車が行った後でそのネットを片付けること。それをそこにゴミを出しているメンバーで、1週間毎に当番制にしてます。

昨日の晩、ゴミネットを出すのを忘れた僕。

ウチの近所は高齢化が進んでいて、オバチャン達がいろいろお節介を焼いてくれ、お小言もゆ~てくれはります。

「あちゃ~、またオバチャンから『あんた、ちゃんと出しとかなアカンやないの!』ってお叱りやろなぁ」
「マァ、コレばっかりは…『よぉ見てくれはってオオキニ』って言うしかないなぁ」

と今朝、和子さんと話してました。

ゴミ収集車が来た後、ネットを片付けて戻ってくる途中、ハザードランプが付きっぱなしの車があったので、それを見ながら歩いていると、オバチャンが

「この車やろ?ズ~ッとランプ付いたままやねん。言うてあげんと」

とそっちに注意がいってまして、今回はお小言なしでした。
オバチャンは駐車場に停めている家のピンポンを鳴らして

「あんたんとこの車!ランプが付きっぱなしやで!」

と伝えてあげてました。
とにかく、あれやこれやとよぉ~見てるし、気が付くオバチャンです。


ウチの近所のオバチャン達はオモシロイです。


初冬の頃、夕方、仕事から帰ってくると、僕の顔を見かけるや、

「あんた!こんな時間まで洗濯物干してたらアカンやん!」

と言ってくれます。

「え?なに?なに?」

僕が出勤した後、和子さんがベランダに干してたシーツを指さして、

「ほら!あれ!」
「あれま!いつの間に!いんやぁ~助かりましたわぁ」
「なんや、あんたが干したんと違うンかいな?」
「ウチのめったに干さん人が干したモンやから…(^^;」
「そうかいな!それで納得したわ」

という感じで、下手すると寝る直前まで干されっぱなしで、冷たくなりそうだったシーツを無事に取り込めました。

「あんたなら知ってると思うけど、洗濯物は3時までやで」

と、オバチャンが最後にピシャリ!


こんなコトもありました。
娘がもっと小さい頃、保育園に迎えに行った僕が途中で家の鍵を落として、父娘して締め出しを食らった時などは、

「どないしたん?何探してるんや?」

と声を掛けてくれ、娘を預かってくれました。その間に、僕は探しに出掛けたり、交番に届けを出しに行ったり。

ウチは、僕が留守の間に加奈子が帰ってきた場合は、自分で鍵を開けて家に入ることにしてますが、「寂しくなったらいつでもおいでや」と言ってくれるお隣さんが数件あって心丈夫です。

「行ってらっしゃい!頑張ってきぃや!」
「お帰り!」

と声かけてくれるご近所さんばっかりです。


「地域で子育てを」というフレーズを講演でも使ってますが、ほんの少しのお節介やお小言を受け容れるコトで、安心や繋がりや笑顔という、大きなリターンがあるように感じます。

「昔は、お節介なオバチャンがあっちこっちにいて…」

という話を聞きます。「昔は」ではなく、今もお節介なオバチャンはあちこちに健在です。ただ、そのお節介を「うるさい!」「干渉しないで!」とピシャッと拒絶し閉ざしてしまっていて、オバチャンの存在が見えなくなっているのかもしれません。確かに、いちいちうるさい時もあるし、干渉しすぎな面もチョビッとありますが、口だけじゃなくて行動が伴っているお節介な人は、社会にとってやっぱり大切な存在です(言い方がきっつい人もいますけどね)。お小言を聞ける間は、オバチャンも元気に過ごしてるってコトですし。

自分が住んでいる周囲の人や出来事に無関心でなく、よく見て、よく動く。こういう人が一人ずつでも増えることが、少しでも住みやすい町を作っていくことやと思います。


ウチの向かいのオバチャン(世間ではお婆ちゃん年代)は、$1=360円の頃に、パリに渡りファッションを勉強して帰り、長い間、CHANEL専門のリフォーム工房を仕切ってました。僕たちが移り住んで来てからも、しばらく工房は稼働していました(数年前に「長いことよぉ働いたからここらで引退や!」と閉店)。ものすごい行動派のオバチャンです。こう書くと、なんだかあのオバチャンにラテン系の肝っ玉かあちゃんが重なってきました。

いろんな面でラブリーな近所のオバチャン達に囲まれた毎日であります。
18:36  |  男の家事  |  Comment(0)

趣味領域の男女区別

2010.05.11 (Tue)

今朝のNHKニュースで「男性のニット愛好者」「男性の手芸愛好者」が取り上げられていました。「男性も?!」という流れの取り上げられ方でした。でも、以前から「ニット界の貴公子」広瀬光治さんがいてはったわけですし、ずっと愛好者は(普通に)いたと思います。

ただ、個々の情報を個々に発信できるようになり、それが集積され流れ(伏流)を作り出し、マスコミがその流れを追随している構図なのでは?と思います。とにかく全国ニュースで流れたことで、流れは本流になったと感じました。このあたりの流れは、「主夫」や「イクメン」にも言えます。

ニットや手芸についても、プラモデルや盆栽と同じく「作り上げる」「表現する」という点で、既存の男性的とされた趣味領域に近接だと思います。料理も「作り上げる」という点ではわかりやすいですし、日曜大工なども同系統ではないかと思います。

番組では補足コメントで、女性の「歴女」や「鉄子」も取り上げ、趣味領域での「男の趣味」「女の趣味」のボーダーレスレス化している件に触れていました。カメラに関しても、一眼レフをもつ女性もホンマに多く見かけるようになりましたね。それぞれの趣味や嗜好を「実は、ヘンかもしれへんねんけど…」と言わず、自然にできるというのはエエことだと思います。

「ジェンダーフリー」というと、すぐに闘争的なイメージをもつ人もいますが、実はこんなところでは、着実に進んでいる気がします。なんといっても趣味なので、利害関係よりもまずは「楽しんだ者勝ち主義」「愛があればOK」というか、いろんな背景が重なっているからかもしれません(もちろん排他的な趣味領域も存在すると思いますが)。一緒に楽しめるのであれば、それは年齢や国籍、性別など一発で超えられると思います。その点、音楽やアートというのは偉大だと思います。人類が生み出した偉大な発明だと思います。「ニット」もアートですね。
09:56  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)
 | HOME |