FC2ブログ

洗濯機の下を掃除する

2010.05.08 (Sat)

昨晩、洗濯機下のパンにコンタクトレンズのケースが落ちたのを機会に、パンの掃除をしました。最近は、配水管の接続もキッチリしてきて、水漏れの心配も軽減されている(らしい)ので、パンを敷かない家庭もあるそうですが、ウチは家を建てた時にシッカリとパンの設置をしました。

パンを設置すると、配水管の取り回しや、イザという時の水漏れ、振動や騒音の軽減や漏電対策(ホンマかな?)の面からは有効だと思いますが、最大の欠点は掃除がしにくい!ことです。

IMG_8470s.jpgこの場所に洗濯機を設置して(つまり家を建てて以来)、はや5年。その間、ちょくちょく「隙間モップ」を突っこんで掃除をしていたものの、抜本的な掃除はゼロ。いわばホコリの魔窟となっていました。上から覗くとホコリのみならず、がらくたなどが入り込んでいる魔窟状態(右画像→)が垣間見られるのですが、とはいっても洗濯機はなかなか移動できない。「見て見ぬふり」の5年間でした。

IMG_8478s.jpgでも、今回、コンタクトレンズのケースが、中身の入ったまま入り込んでしまったことで、イヤでも洗濯機を移動させるコトになりました。移動といっても持ち上げて「エイヤ!」と動かすのは、腰痛もちの「ガラスの腰」には負担が大きすぎ。そこで、手前に倒すだけにしてみました。

まず、水道水ホースと、コンセントを抜き、そして、倒れる下にタオルを敷き、いざ!案外、軽い洗濯機。持ち上げようとすると重たいのですが、倒すだけなら一人ででも可能かも。ウチは「ファイトォ~イッパァ~ツ!」系の力仕事は和子さんの役回りです(高いところの物を取る時も)。
IMG_8475s.jpg
現れた洗濯機の底部分のパンは、上の画像のように、それはそれはヒドイ汚れになってました。周辺部分は、ホコリが洗剤のベタベタにくっついたような汚れでしたが、中心部分の汚れは、長年の蓄積もあるせいか、かなりガンコ。雑巾でかなり力を入れてゴシゴシ擦って、ようやく汚れが拭き取れる感じでした。こりゃ、「隙間モップ」くらいではキレイにできませんわ(^^;

IMG_8481s.jpg
とくに洗剤などは使わず、力技でのみ汚れを拭き取ったのが上画像。無事にキレイに。元はこんなに白かったんですな。

最後に洗濯機の足部分を拭き取って、再設置。水道水ホースとコンセントをつなぎ、今朝、動作確認。無事に水漏れもなく洗濯機は普段通り稼働してくれました。
12:59  |  家事・子育て  |  Comment(0)
 | HOME |