FC2ブログ

どうやって手に入れる?

2010.05.06 (Thu)

今、うちで使ってる一般電話のヘッドセット「Plantronics T100」の調査が悪い。接点不良を起こしていて、受話器音量が突然小さくなったりする。

イザという時の予備用に、もう一台欲しいところだけど、Amazonの日本店では売ってない。どうやらアメリカの方では売られているらしい(チャンとサイトにも出てます)。

日本では売られてないんやろか?国内向けには別のメーカーから「JESTTAX てぶらでコールです 一般電話用 フリーハンドレシーバー TE-02」が売り出されてるんだけど、手元でボタンプッシュするキットが付いてないらしい。

この機種(T100)の後に、もうちょっとイイ製品が登場してるんやろか?

Plantronics T10」これもエエ感じです。
「T100」か「T10」のどちらかを手に入れたいです。

何とかならんモンだろうか?
17:00  |  日々の出来事  |  Comment(0)

リコーダーでパット・メセニー

2010.05.06 (Thu)

リコーダーでパット・メセニーのギターソロを吹いています。

不思議と音色も違和感なく、そしてなによりもパット・メセニーの癖を知り尽くしたような採譜。
スゴイわぁ~。
リコーダーでここまで出来るってのもスゴイ。

ちょうど、加奈子は3年生になったのでリコーダーを習い始めました。でも、あんまりおもしろくないらしいです。僕も、正直言って、リコーダーという楽器はあんまりおもしろく感じてませんでした。そもそも、単音しか出ず、音域も狭いし、何よりもリコーダー用の楽曲がどれもバロックだったり、文科省推奨的な曲ばっかりで。
「スゴイ!」「カッコエエ!」
というような感動はなく、どっちかというと
「お上手」「(譜面通りに)キチンと吹いてますね」
という印象しかなかったです。
子どもには、「お上手」や「譜面通りキチンと」では心は動かないですよね。

この動画のように、演奏自体を楽しんでいるインストラクションがあれば、その楽器を好きになる人も多いと思います。

NHK教育「チャレンジ!ホビー」で今、ロックギターを野村義男大先生が教えてるんですが、その中のステージングについて、ヨッちゃんは「こぉ~顔もグワァ~ッといこうよ」「シラーッと弾くんじゃなくて」などゆ~てはりました(生徒役のますださんは、イッパイイッパイ感が画面から伝わってきて、悲壮感漂ってます)。

「すごぉい!」「かっこええぇ~!」と思ってもらうのは、楽器演奏には必須の要素だと思います(楽器演奏なんて、義務じゃありませんし)。そこをホンマは学校でも伝えて欲しいんよねぇ。はじめてスグなのに、すでに「リコーダーってつまらん」と思われてるなんて、楽器が可愛そうです。

13:33  |  音楽  |  Comment(2)
 | HOME |