FC2ブログ

今日の講義は楽しかった

2010.04.21 (Wed)

今日の講義は、はじめてMacBookProを持っていき、Keynoteでスライドショーしました。プロジェクターとの問題かなんかで、「発表者ディスプレイ」が表示できませんでした。解像度も異様に小さくて…でも、その点を除けば、コレまで使ってきたPowerPointと同じようにスムーズでした。プロジェクターの電球も相当ヘタッてきているみたいで、投影画面が暗かったです。せっかくの美しい映像(?)の魅力が半減(^^;

今日は、子育て支援と保育制度という、僕のもっとも話しやすい領域の講義。子育て支援に絡めた僕の子育て経験の部分にKeynoteのスライドを使い、他はレジュメとオーラルで講義。内容自体は、いつも通りの感じでした。でも、講義後に学生達といろんな話ができて、それが楽しかったのでした。

僕は講演でもそうなんですが、個人的な交流ができると、僕の満足度がグッとあがります。どんなに「素晴らしい講演だった」「ためになった」「元気になった」とアンケートに書いてくれても(もちろん悪い気はしませんが)、質疑応答をはじめとした個人的な交流がないと、「なんか寂しい」と思ってしまうようです。

今日は、講義の後、長々と子育ての話を「ママ学生」達と立ち話して、ホンマに楽しい時間を過ごせました。お昼休み前の講義なので、講義後に外に食べに行った学生が教室に帰ってきて、「先生!まだいてたん?」と言われるくらい長々と。保育園のお迎えタイムに、ママ友達と立ち話していたのを思い出しました。僕は、ああいう、なんてコトのない話で、特別に利益を生むとか、為になるとか、情報を伝えたいとか、そんな目的無く、ただ「そうそう」「あるある」「マジで?」という話が好きなんやろなぁ。

常に、自分の主張を通すことを考えて会話するとか、あるいは相手の得になる情報を伝え結果として自分に返ってくるコトを望むとか、そういう合目的的な会話でないと意味を見いだせないという人もいると思います。でも、僕は、ソレはソレとして必要だとは思うのですが、それだけでは全然おもしろくないんです。

きっと多くの家庭においても、まずは「明日、晩ご飯いらんから」「今週末は○○するからね」という短期的業務連絡が必要不可欠な話題として存在していると思います。次が、「連休どうする?」「夏休みは?」「今年の夏、エアコン買い換える?」という中期的要検討事案の話し合い(これも業務連絡的)。で、たいていこの辺りで会話時間の物理的限界がきてしまいます。余裕があれば「ご近所の噂」「職場の愚痴」などで、これもある種の目的あり。なんてコトのない話をする機会というのは、なかなか存在しえないモノなんやなぁとつくづく思います。

そう思うと、今日のように教師と学生という立場ではあったけど、同じく子育て仲間同士で利害関係もほとんどなく、「○○って美味しいよね」「さっきからチラチラ見えててもぉ~」という言った瞬間に消えてしまうような内容の話は、世間的には無駄話かもしれないけど、僕にとってはとっても大切な時間だと改めて感じました。

夕方、アレルギー性鼻炎の薬を受け取りに調剤薬局に行くと「あれ?髪の毛の色、変えましたぁ?」という薬剤師さんのひとことも、瞬間的に消えてしまうような、でも、とっても貴重な会話だと思うし、きっと僕は、そういう会話のできる人間関係それ自体が好きなんやろナァと思いました。
22:19  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)
 | HOME |