FC2ブログ

共通の知人の存在

2010.04.09 (Fri)

先日、国際連合人権高等弁務官事務所で勤めていた日本人白石理さんのお話しを聞く機会がありました。スイスのジュネーブにある事務所内での男女平等など、オフィシャルには聞けないような内容でした。主催したのはWWN。WWNは、国連でのロビー活動のために度々ジュネーブとニューヨークを訪れていて、その時以来の白川さんとご縁だそうで、そのつながりがあるからこそ、普段聞けないような話が聞けたのだと思います。

質問の機会があったので、「夫婦間で業務連絡のみになった時期があった」と仰っていたのをどう乗り越えたのか訪ねてみました。この答えは、

「共通の知人に間に入ってもらいました」

やっぱり家族間での共有は、時間や経験だけでなく、知人や友人の共有もイザという時に大事になるんですね。お互いの友人を知るというのは、大切なことやと改めて実感しました。

ふと、僕は和子さんの友人を数名知っているし、連絡先も知ってるので、イザという時に相談するコトもできますが、和子さんは僕の友人で、イザという時に相談できる人というのを、どのくらい知ってるんやろか?と思いました。
15:58  |  仕事ネタなど  |  Comment(2)

今日から新学期

2010.04.06 (Tue)

今朝、久しぶりに登校した加奈子。
今日は、始業式に着任式。
そして、クラス替えの発表日。

加奈子は3年3組になりました。
たしか、僕も3年3組だったし、
和子さんは3年「は組」でアラビア数字クラスだと3組。
家族全員が3年3組になりました。

担任の先生は、男性だそうです。
「1組も2組も若くて可愛い女の先生やったのに、加奈子のクラスだけオッサン」
と嘆いておりました。
とくに、2組の先生は新卒の先生らしい。
加奈子の前の担任は、この春定年退職の女性の先生だったし、
どうも、中高年教員に当たるようになっているらしい。

クラス替えで誰と一緒になったかを、あんまり覚えてない加奈子で、
「○○ちゃんは?」「★★君は?」
と聞いても、
「ん~一緒やったような違ったような」
という感じ。
ただ、保育園が同じだったルカちゃんと同じクラスになったのだけは、
真っ先に伝えてくれました。
近所のスーパー店員のルカママとは、今でもよく立ち話してます。
以前「思いッきりDON!」ではテレビ出演もしてくれました。
また、立ち話が長くなりそうです(笑)

とにかく、3年生は無事にスタートしました。
今朝は、「行きたくない」なんかもなくて、
ご機嫌で、2年生の時と同じように、
「ラヂオの時間」や「王様のレストラン」の
物真似しながら、途中の神社まで一緒に行きました。

「やれやれ…やっと新学期が始まってくれたか…」
とホッと朝風呂に入り、朝ご飯の片付けして、新聞読んで、メールチェックして、書類の片付けしていたら
♪ピンポ~ン♪
10時半に帰って来たのでした。
ホンマに、なんにもでけへんかったです。

僕は、明日が新学期スタート。
曜日の関係で、去年より1週間早いスタート。
おかげで、なんにも準備できてませんでした。
「毎年、話ししてる内容やん」
と思ってたら、去年なにを喋ったか全然思い出せない。
メモを書き込んだレジュメを保管しているはずなのに、
それが見当たらない。

まぁ、今年は今年で、
気を入れ替えていきましょう!
去年、一昨年がおもしろかったので、ちょっと狙いたかったのですが、
忘れてしもたモンはシャーナイです。
新しく考えます。
22:50  |  日々の出来事  |  Comment(2)

伏見的風景

2010.04.05 (Mon)

DSC01834s.jpg
新しいテレビが来た」で書いたように、Wiiの画面が滲んでしまっているので、「D端子」の付いた接続ケーブルを買いに出掛けました。その途中にあるのが、この「伏見的風景」です。調べてみると、去年も同じ場所で加奈子と一緒に写真撮りしてました。今年は、僕一人で…
「加奈子ぉ散歩しようよ」
「えぇ~~面倒くさい」
まったくもって出不精になってしまいました。
画像を見ると、去年よりも菜の花の背が高くなっているのがわかります。
土手は菜の花の香りでムンムン。

花の香りでムンムンといえば…数日前から、キッチンが臭いんです。湿った雑巾にカビが生えたような、何とも言えない悪臭。ゴミ袋からか?と思って嗅いでもコーヒーの臭いしかしないし、水道管から臭ってくるのかと思って調べても、その臭いじゃないし…「もしかして、システムキッチンの見えないところにカビの塊があるんじゃ?」と。

あれこれクンクン嗅ぎまくった結果、悪臭の元は
IMG_8304s.jpg
↑だと判明しました。
かすみ草の種類にもよるらしいのですが、見事に臭うタイプのかすみ草でした。処分してからは、すっかり臭いも消えました。巻き添えをくったのがテーブル椰子の苔玉。長い間、大事にしていたのに。表で元気に育ってくれることを願ってます。

買いに出掛けた「D端子」ケーブル。効果は絶大でした。Wiiの画面がハッキリクッキリ。文字も読みやすくなりました。
22:42  |  日々の出来事  |  Comment(0)

エコポイント手続き

2010.04.05 (Mon)

40インチのLED液晶テレビを買うと、「エコポイント」が戻って(と表現していいのか?)きます。
今朝は、その手続き書類を作成。

小さな文字に、小さな数字の列。老眼の人には少々キビシイかと思う書類提出作業。それに加え、「原本を貼れ」と「コピーを貼れ」があり、ウチはコピー機があったのでラクチンだけど、無い家庭はコンビニかどこかでコピーして、持って帰って作業して「あ?こっちもコピーがいるんかいな?」とまたまたコンビニに出掛け…「あ゛~もぉエエわ!」になりそうです。

おもえば、「エコポイント」なるもの、麻生政権の置き土産でございます。鳩山政権の予算について「ばらまきだ」と批判がありますが、麻生時代には「定額給付金」というのもありましたねぇ。あの「定額給付金」は、ホンマに経済効果はあったんでしょうか?

「定額給付金の使い道」については、給付前の事前調査はいろいろありますが、実際になにに使われたかという調査は、じっくり探さないとアカンみたいです。地域毎に給付された時期が違うし、その地域で給付時期に売り上げが伸びたとか、販売台数が増えたとか、そういう数値がリンクしたのかどうか知りたいです。

往々にして、日本の政策は、「Plan」と「Do」に力が注がれ「See」は忘れられがちな気がします。「ふるさと創生事業」など、過去にも同じようなことを何回も繰り返していて、「やったやった」と言うだけで、ホンマに効果があるのか?と思います。効果が見られないモノはとっと切り替えて、他の方策を考えないと税金が無駄になるだけですね。
09:38  |  家事・子育て  |  Comment(0)

見守り桜

2010.04.04 (Sun)

IMG_8293s.jpg
2年前の4月。
1年生だった加奈子は、普段は学童保育に寄って集団下校で帰って来ていたのですが、その日ははじめて学童に寄らずに小学校から直接ウチに帰ってくるパターンでした。

勝手の違うお友達との集団下校。どこでどっち向きに別れていいのかわからず、全然違う向きに帰ってしまった加奈子は、生まれてはじめて迷子になったのでした。(「加奈子、迷子になる」参照)

その時、帰り道への目標になったのがこの桜の木。
今年も満開になって子ども達を見守ってくれています。

もうすぐ新学期、新しい学校、新しいクラスが始まります。
明日は、春休み最後の一日。
23:59  |  家事・子育て  |  Comment(2)

USTREAMを試してみた

2010.04.04 (Sun)

勝間和代さんも本格的に乗り出すというUstream。先日の勝間さんの公開テスト風景を見て、「案外イケそうなぁ」と思い、僕もアカウントを取得してみました。
タイトルは
A Househusband Lives in Kyoto
格好いいタイトルを思い付かず、「とりあえず」感覚でそのまんまにしてみました。

前もって読んでいた、雑誌「ビデオ SALON 2010年 04月号」の「USTREAMで個人放送局をはじめよう」という記事によると、どうも外付けのカメラやマイクを買わなアカンように読めて、「買ってからかなぁ」と思ってたんです。

でも、今日、フラフラッと出来心的にトライしてみると、実際はMacBook Proの内蔵カメラとマイクで十分イケることが判明!いやぁ~Macって、なんやかんやと後で欲しくなるモノが、最初からひと揃い入ってるんですねぇ。すごいです。しかも付いてるだけじゃなくて使える!

さっそく試しに、ひとつ動画をupしてみました。
5分で人を呼べる家になる「男の時短掃除術」掲載の紹介
(注:↑のリンク先は音が出ます)

今、見直したら、「僕がこの雑誌に登場している」と言い忘れてました。なんてこったい!(^^ゞ

このUSTREMは、アップした動画のように録画することもできますが、生放送もできるんです。Twitterがやってる人は、生放送中にツッコミや質問もできます。地デジテレビ以上に双方向性があるという、オモシロそうなメディアです。
17:47  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

新しいテレビが来た

2010.04.04 (Sun)

IMG_8287s.jpg3月23日に「一夜明けて昨日の買い物を振り返る」で買ったテレビが到着しました。
店で見ると、40インチのテレビなんて小さく見えるんですけど、イザ家に届くとギリギリでした。これ以上大きいと、威圧感ありすぎでした。

IMG_1647s.jpg前のテレビ(右画像)が32インチだったので、一回り画面が大きくなりましたが、外枠がそれほど大きくなってないので、威圧感はマシです。

CATVに関しては、ハイビジョン化されていない内容が多く、ワイド画面で見られるようになったくらいです。でも、高校野球決勝戦の映り具合は、「さすがフルハイビジョン!」の美しさでした。その後、家族で「ゲゲゲの花嫁」を見たんですが、フルハイビジョン時代の俳優さん達はタイヘンやなぁ~と改めて実感。ハイビジョンよりも、さらに酷であると。

ブルーレイディスクを一枚ももってないので試せてませんが、今朝、「スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐」を見たら、やっぱり画像の美しさにに驚くばかりでした。音も前のテレビよりもだいぶん良くなってます。

今のところ、新しいシステムに満足なのですが、一つだけ問題が発生しました。それは「Wii」の画面がユルユルになってしまったことです。これまでのテレビだと大きく映してもそれほど問題なかったのですが、さすがに新しいテレビの方だとにじみが目立って、ゲームをすると目が疲れてしまいます。D端子のついた接続ケーブルを買いに行こうと思ってます。効果に関しては賛否両論ですが…

これまでのテレビは、お隣さん宅に移籍となりました。昨日は、お隣はパーティーで人手も借りてチャチャッと設置。
12:42  |  家事・子育て  |  Comment(2)

人が集まらない興行

2010.04.02 (Fri)

先日(3月23日)、「今シーズンを振り返ってみる」で、「UDO MUSIC FESTIVAL 2006」と「GO!FES」というイベントの「客がいな~い」に触れましたが、先日行われたという、WBC世界フライ級タイトルマッチ「亀田興毅Vs.ポンサクレック」もかなり客の入りが悪かったようです。1万人収容のアリーナに1900人の客だったそうです。これは100人収容の講義室に19人よりも空間がデカイ分だけヒュゥ~~~~という感じが深刻だったと思います。

大相撲もなかなか「満員御礼」がでなくなってますし(まぁ、ファンが離れるのはわかりますが)、野球もサッカーも特定球団を除いては今ひとつだと思います。中高年層にファンの多いミュージシャンのコンサートや漫談家のショーはいまでも即完売!だそうです。

Liveを経験する良さが伝わらなくなっているのでしょうか?そもそもチケット自体が高すぎるんですよね。都会だと行って帰るだけで済みますが、地方だと会場まで行くのに一苦労。泊まって帰ってってやるとチケットの数倍の値段がかかります。

そういや、悲惨なことがありました。高校時代の友人がStingのコンサートを観にわざわざ高松から大阪まで見に来たのに、当日の大阪城公園駅で「Sting風邪のためコンサート中止。チケットは払い戻します」という張り紙が。チケット代は払い戻されても、交通費は払い戻されないんですよね(当たり前だけど)。そうなると、「もうDVDでいいや」になるのもわかります。

熱烈なファンや、ものすごく観たい!ものすごく聞きたい!と思う人は別だけど、「ちょっと覗いてみたい」という人には敷居が高すぎて、「ま、いっか」になるのかも。

ライブは楽しいし、エエモンや!という実感を共有できる価値観自体が、「めんどぉ」「じゃまくさい」という流れに押されて、ちょっと揺らいでいるのかもしれません。加奈子を見ていても、出不精ですし、「家の中でも十分楽しいヤン」という空気があります。作りモンじゃないリアルな、おもしろさもつまらなさも一緒くたになった良さへの感受性は、実は僕も鈍くなっているような気がしてます。
22:10  |  日々の出来事  |  Comment(0)

コンタクトレンズを交換

2010.04.01 (Thu)

普段は眼鏡で過ごしている僕ですが、講演や講義、テレビ出演などの時は、コンタクトレンズを入れています。以前は、大学院に通っていたので、毎日コンタクトレンズだったのですが、最近は、ほぼ眼鏡生活。講義には、たまに眼鏡で行くことすらあります。といわけで、今は、一週間のうち、コンタクトレンズをつけるのは2,3日に減ってます。

それなのに、毎月、口座からはメニコンの「メルスプラン」の維持費3000円チョイが引き落とされてました。しかも、保存液やケースなども使い切れずにどんどん貯まってきてました。この先、約1年分の保存液が残ってます。

で、これはモッタイナイ!と思うし、「生活の固定出費を見直す」という大原則にしたがい、今日、思い切って担当の眼科へ相談に。

病院の問診で「使い切りのソフトレンズも考えてるのですが…」と伝えておいたところ、ドクターから、
「週に2、3日でメルスプランはもったいないわね。解約しましょう。せっかくですから、今回、レンズのリニューアルは受けて、新しいレンズはそのまま持って帰ってもらって、それとは別にお試しで一日使い切りのソフトレンズも試してみるというのでいかが?」
という提案がありました。

さっそく30日分のボシュロムのメダリストワンデープラスを持って帰り、病院で一つおまけをもらい装着してみました。

ハード系のコンタクトレンズのお世話になって、20年以上。今日、生まれて初めてソフトのレンズを入れたのですが…

なんとまぁ~楽で違和感のないこと!

コンタクトレンズというのは、コロコロするもんやと思ってましたが、ソフトレンズはほとんどその感じがないんですね!驚きでした(今頃、なにゆ~てはりますの?ですが…)。今日一日、ゴミやホコリで目が痛くなったり、髪の毛が目にかかっても痛いということがありませんでした。コンタクトレンズを着けてるのを忘れてしまいそうです。これまで「若い子が、一日使い切りを数日間着けっ放しにして目の病気になった」というのを聞いて「アホちゃうか?」と思ってましたが、こりゃ着けてるのを忘れますよ。着けっ放しの気持ちわかります!

あ~こんなコトなら、最初からソフトレンズにしとけばよかった!これまでのハードな人生はなんやったんやろ?(←なんか意味深やな)こんなに快適なモンがあったなんて驚きです。

新年度のスタートにピッタリの爽快感で家に帰ったのでした。
いやぁ~今日は眼科に行ってよかったなぁ。
19:49  |  日々の出来事  |  Comment(0)
PREV  | HOME |