FC2ブログ

つい笑ってしまう

2010.02.26 (Fri)

キム・ヨナもすごかったし、真央ちゃんも頑張った。
でも、僕はその後、笑いを堪えるので精一杯。
長洲未来選手が「北陽」の虻川美穂子に見えてシャーナイのです。

長洲未来選手の画像

そして、

虻川美穂子さんの画像(左)

気になって気になって。
似て見えるのは僕だけでしょうか?
14:25  |  スポーツ  |  Comment(4)

あのボブスレーのソリの話題

2010.02.26 (Fri)

着物女性や桜、桧野自前の美しすぎるソリ

出てました!数日前に「ジャンプの難易度」の先で、チョロッと触れた「痛ソリ」の話。今朝のYOMIURI ONLINEに出てました。

昨晩、寝る支度をしながら、実際に競技中に滑走しているのを加奈子と見ました。たいていはナショナルカラーをモチーフにした色のソリですが、「桧野さんの」ソリは照明に映えてキレイに輝いてました。強豪といわれるドイツのソリなんて、娘にいわせれば「バナナとメロン」というくらい、単色でただ目立つ色という機能主義的でしたから、お国柄かもしれません。加奈子は「次に出る時は『ピカチュウ』や『ドラえもん』のソリがいい」と言ってました。

個人所有のソリだと知り驚きましたが、もしこれがナショナルチーム所有のソリだったら、こんな冒険もできなかったと思います。競技団体は認めても、その上から「却下!さもなければ資金援助打ち切り」というのも、容易に想像できます(理解のある人もいますけどね…流れとして「事なかれ主義」ですから)。

ボブスレーという競技には映画「クール・ランニング」にみられるような、どこか間口の広さがあるのかもしれません。スピードへのシンプルな憧れはみんな多少もってますし、危険にチャレンジするという冒険心もあります。採点競技のような不透明かつ政治的な結果ではなく、わかりやすい競技ですね。

女子2人乗りボブスレーの決勝レース2日目では、2つのチームがクラッシュして、ソリがひっくり返ってましたが、このソリは立派に完走しました。メダルには遠かったですが、参加し世界の舞台で走るという心意気に拍手でした。「出るからには勝たねばならぬ!」という意見もたくさん見ますが、その人達はたとえば後援会に少しでも寄付をしたり、なにか行動しているのか?!と言いたいです。言うだけなら誰にでもできます。

おまけ
多額の費用を投入しても、イタリアチームのように「【ボブスレー】“フェラーリ”まさかの失格」という事態も起こっています。これもまたお国柄でしょうか?
09:52  |  スポーツ  |  Comment(2)
 | HOME |