FC2ブログ

明日の仕事は13年前に決まっていた?

2010.02.24 (Wed)

僕は、一浪した後に入学した大学で、卒業時にも一年留年したので、新卒時は24歳でした。23歳の春に入社する予定だったローランド社に、もう一度アプライし入社したのですが、そのローランドをたった一年ポッキリで辞めてしまいました。

ローランドを選んだのは、音楽が好きで楽器が好きで、おまけに大阪市住之江区という地元に本社がある会社で、そして大きな決め手になったのが、人事部採用担当の人達でした。OB面接は市大オーケストラ部の先輩でした。この先輩がホンマにイイ人でしたし、人事部長がこれまた絵に描いたような「明るいナニワのおっちゃん」。強烈な彼らの魅力に惹かれ、実はもっと大きな会社数社からも内定をもらっていたのですが(なんせバブル時代)、「敢えて人で選ぶ」という基準でローランドを選んだのでした。

その結果、「人で選んだ」僕は「人で失敗」したわけです。今なら「パワハラ」という言葉もありますが、後で聞けば「毒をもって毒を制す」というような、アクの強い職場で人間関係に行き詰まり、ストレスで最後はズッと微熱続きでした。「よぉ~あんなヤツのしたで一年耐えたな」と言ってくれる営業所の先輩もいました。

退社を決めた数日後に、人事部の先輩からお呼び出しがあり
「山田君、水くさいヤンどしたん?」と。
「実は、かくかくしかじかで…」
「そうかぁ、それならそうと先に相談してくれたら、配置転換もできたんやで」
という話しの流れで、
「この先、どないするんや?」と尋ねられました。

当時、「シルバーコロンビア計画」が行き詰まったにも関わらず、「老後を海外で」というニーズが盛り上がっていました。僕は、もう一つ、「これから」の制度として注目されていた「介護保険制度」と二つをくっつけた構想(=妄想)をもっていました。「移住した人たちは、現地の介護サービスに困る」と予測し、それに対応する事業を立ち上げようと考えていました。介護だけではなく、予防も含めた生活全般を見据えた事業。

「老後生活者の生活自立支援事業」

という言葉をポロッと口にだしました。

あれから、この2月で13年。ローランドを辞めた後、職を転々としながら、佛教大学通信課程で社会福祉士受験資格を得て、資格試験を受けて合格し、ご縁あってそのまま大学院に進学する頃には、在日外国人の社会保障に関する研究をして、外国にいる日本人と逆の立場ではあるものの、その制度の国際比較などをしたり、その後、父子家庭の経済的問題を研究しながら、日本で男性が家事や子育て・生活自立することの難しさも知り、そして、今に至ったわけです。

不思議なモノです。
「こうなりたい!」「こういうコトがしたい!」
と思ってはいたけど、正直言ってホンマにできるとも思ってませんでした。ただ、その途中はいつも楽しんでました。

明日は、中高年男性向けの生活自立講座。

ふと、13年前に先輩に語ったコトを思い出し、まさに今その事業に関わっている自分に気付きました。「すべてがここに向かっていた」とは思ってませんし、「強く願えば実現する」とも思ってません。なにしろ、僕自身が13年前に語ったコトを忘れていたくらいですから。たまたま運が良かっただけです。

もう一つ、源流をたどれば、僕がロックスターを夢見たのも、本当のところは、仕事でいろんな場所へ旅行して、いろんな人と出会いながら何かをしたかっただけなのかもしれません。だとしたら、それも今実現できています。

「自己実現」や「目標管理」という言葉自体は否定しません。ただ、それに囚われ過ぎて周囲が見えなくなってしまうよりも、何でもエエからとりあえず「オモロイ」と思うことをいろいろやってみると、いつの間にかそこにたどり着いていることもあると思います。そして、ふと振り返ると「そういや昔、そんなコトを言ってたナァ」と思い出す程度が、一番ラッキー感が大きいんじゃないかと思います。

過去の自分も今の自分も未来の自分も、ずっと同じ自分でしかありません。自分というモノは、そう簡単には変えられません。でも、だからこそ、過去に頭の隅にチョット思ったことが、いつまでも残っていて、局面局面の決断では常になにか作用していたのかもしれません。

こう考えると、「ケイコとマナブ」2005年11月号の「幸せの方程式」で紹介された時の記事(原文はここ)の中にあった、文章がスーッと入ってきます。
--
自ら“アンチ・マッチョ”を標榜し、「僕って力の抜けたヤツなんですわ」と対外的に見せている姿は、きっと牽制球。つねに自分らしさを貫こうとする山田さんは、恐らく誰より男らしい人なのだと思う。けれど、自分らしさの延長線上にあるものなら、どんな事柄も出来事も受け入れてしまう。
--
なるほどね。このことだったんですね。当時は、自分で自分のコトについて書かれているコトがあんまり理解できてませんでした。

明日の講座は、13年前の自分がやりたかったコトそのものです。それができる機会があることに感謝しながら、その時間を楽しみたいと思っています。
18:41  |  日々の出来事  |  Comment(0)

ジャンプの難易度

2010.02.24 (Wed)

先日、テレビでフィギュアスケートのジャンプの難易度と基礎点の話をしていました。
--
難しい   1回転   2回転   3回転
 
アクセル   0.8    3.5    8.2
ルッツ    0.6    1.9    6.0
フリップ   0.5    1.7    5.5
ループ    0.5    1.5    5.0
サルコウ   0.4    1.3    4.5
トーループ  0.4    1.3    4.0

易しい
--
こんな配分になっているんだそうです。
浅田真央は、コンビネーションで一つ目にトリプルアクセルを飛んで8.2点を獲得するのですが、その後が2回転なので、3回転ルッツ+3回転トーループ(だったかな?)で飛ぶキム・ヨナ選手よりも低いんだそうです。

いろいろ調べてみたら、女子フィギュアの五輪は、大本命が金メダルを取れないというジンクスがあるんですね。
真央に勝機!韓国イライラ、大本命が勝てないジンクス
「青いコスチュームが金メダルを取る」というジンクスもあるそうです。

オリンピックついでにいろいろ。

カーリング女子。今回も決勝に進めずザンネン。でも、選手はよ~がんばったと思います。ものすごく楽しめました。世界とのレベルを埋めるためにも、対外試合などの機会がもっと必要という意見もあります。同感ですが、カーリングが終わった瞬間からフィギュアにパ~ッと報道が移動しているのを見ると、次もむずかしいかなぁ?と思います。継続的に支持支援する体制が、とくに冬の競技には欠けているような気がします。

ボブスレーの女子2人乗り。日本のソリが「痛ボブスレー」でイイ感じです。2回目の滑走を見たのですが、壁にゴリゴリ引っかかっていて、転覆してしまいそうでした。底面にもキレイなグラフィックスが描かれていると、それもまた一興?

女子フィギュアのアメリカ代表の長洲未来選手。曲は「パイレーツ・オブ・カリビアン」。でも、曲がぐぐっと盛り上がる一番美味しいところをカットしていて、「?」な編曲でした。

スピードスケート男子10000m決勝。なんとラップでトップタイムを刻んでいたオランダのクラマーが、コース変更の際、間違えて失格に。いっつも、「長距離で何周もしてるウチに間違ったりせぇへんのかな?」と思ってたんだけど、ホンマにあるんですね?そして、この競技も韓国の選手が金。韓国はスピードスケートに掛けてるんやね。それにキム・ヨナか。

ホンマにあるといえば、カーリング女子。スイスのリード、グライナー。6エンドだったかで、投げながらずっこけて転けてしまいました。吉本新喜劇のズッコケみたいでオモシロかったです。転けてもシッカリ放ってました。ザンネンというか、当然というミスショットでしたが…これも、「バランス崩して転けたりせぇへんのかな?」と思ってたので、長年の疑問が解けてよかったです。
13:40  |  スポーツ  |  Comment(0)

明日は新ネタいっぱい!

2010.02.24 (Wed)

明日は高槻市で中高年男性向けの家事講座です。2回連続の1回目。
2回目は地域デビューの話で、おもにコミュニケーションの話になるので、1回目は家事提案をしながらライフスタイルを再点検してもらおうという案配です。

「新しく 買うならオススメ 炊飯器」
「そこがザンネン!男の料理」
「2割だけ キレイにすれば 8割キレイ」

などなど、五七調で考えてみました。
こういう作業は自分でも楽しい!
13:30  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)
 | HOME |