FC2ブログ

あの細さはなに?

2010.02.16 (Tue)

五輪スピード:穂積6位入賞 女子三千

チェック不足で、「今ごろ?」という話ですが…女子スピードスケートに、もしかして革命が起こってるのかも?という気がしました。穂積選手もガンバらはったわけですが、優勝したチェコのマルティナ・サブリコバ選手。その足に驚きでした。

スピードスケートと言えば、ものすごい太さの太もも!が一般的ですが、サブリコバ選手の太ももがそんなに太くないんです。画像もありますので、ちょっと参考になるかと思います。

同じパワーなら空気抵抗が少ない方が速く滑れるはずです。穂積選手とサブリコバ選手の前から見た平面面積。穂積選手の方が肩幅や胸回り、そして太もも周りに関して、かなりガッチリしている分、面積が大きくなっている気がします。立体的に見ると余計にその大きさが目立っているように思います。

なにが言いたいのかというと、スピードスケートも中長距離に関しては、陸上種目のようにスリム化が進するのではないのか?ということです。スピードスケート選手のマラソン選手化とでも言いましょうか?そんな現象がパワー強化の一方で起きてきているのかもしれません。

マラソンと言えば、今、マラソン人口は急激に増えいます。増えてくると、それだけ選手層も厚くなるだろうし、経済的にも声援的にも支持も増えます。スピードスケートは競技場が限定され、誰でもどこでもできるものではないので、マラソンほどのブームにはならないと思いますが、「スケートをすると足が太くなる」という危険要因が打ち消されるとなると、少しは女子の競技人口も増えるのでは?と思いますし、長期的には選手層も厚くなるのでは?と期待できます。
08:54  |  スポーツ  |  Comment(2)
 | HOME |