FC2ブログ

加奈子&和子さんからチョコ

2010.02.15 (Mon)

昨晩、
「なぁ、Valentine Dayっていつ?」
と加奈子に聞かれたので、
「今日やで」
と答えると、
「ちょっと買い物に行ってくるわ」
と、夜19時半に言い出す加奈子。

「どしたん?」
「パパにチョコレート買うの忘れてた」
「いや、エエし。何個かもらってるし」

どうやら、「サザエさん」でかつお君が
「今年はチョコレートの数が…」と言ってたのを見て思い出したらしい。

「夜なので」と、和子さんがついて行き、近所のファミマのチョコを買ってきました。
結局、それを3人でチョットずつ食べたんですけどね。

そういえば、最近は、バレンタインのチョコは、カレシや好意を持つ男性に渡すのではなく、「友チョコ」が圧倒的に多いらしい。

なんとなく、その気持ちもわからんでもない。とくに、手作りのチョコレートは、手作りの有り難みのわかる人に食べてもらってこそ「なんぼ」のモノだと思う。ましてや、せっかく作って渡しても、「僕、甘いモンが苦手やねん」では、なんだかガッカリ。

そんなことを考えると、甘い物好き同士、作る者同士で、プレゼント交換みたいなチョコ交換の方が、気楽だし、楽しいし、そして美味しいし♪はず。「友チョコ」に流れるのももっともな話。



サザエさんといえば、「全自動卵割り機」(YouTube)が人気らしい。
12:23  |  家事・子育て  |  Comment(0)

雑感バンクーバー五輪

2010.02.15 (Mon)

今日(2月15日)の時点で、日本はまだメダルがゼロです。

この時点で、一番メダルに近かったのは上村愛子選手。ホンマに「あと少し」だったのをライブで観ましたが、やっぱり表彰台の選手達は「さらに上」をいっていたように見えました。

ここまでの五輪を観て、「冬季五輪はF1のようだ」と思いました。練習場所も限られ、お金もかかる。技術の進歩は早く、積み上げた技はアッという間に真似され抜かれる。選手達の精密機械化も驚異的に進んでいる。選手達の公私とものプロ化がすすんでいる。その総合として、いかに多くのバックアップがあるか?が結果のために重要になっているように感じます。

F1で日本人ドライバーが何人も挑戦しながら、3位表彰台が2回あるだけで、優勝はまだ1レースもない。たとえば、フィンランド人の優勝・表彰台率を比べてみても、日本人のその効率の悪さはおそらくF1随一ではないかと思います。

良い時も悪い時も、みんながその競技を楽しみ、そこで戦う人たちを称え、応援する文化。そんな文化は、まだまだ日本には足りないような気がします。勝てれば応援するけど、そうじゃないなら無関心。それでは、「これから」の選手達やマイナースポーツの選手達は厳しいと思います。裾野の狭さと懐の狭さが、勝てない理由の一つではないかと思います。

今朝、ワイドショー番組をチョロッと見たら、まだ国母選手の服装のことを取り上げてました。僕も、決して感じのいい着こなしだったとは思いませんが、それでも敢えて言いたいです。
「だったら、模範的な服装ができるあなたが、彼より良い滑りして、五輪に出てみたら?」
と。
僕は、あの場にすら立てないわけです。あの着崩された服すら着ることはできません。「あんな服装で情けない」と思って批判しても、多くの人はエアーの一つさえもできないのです。批判は簡単ですが、それならそれとして、彼を代表として送り込まざるを得ないような選手層の薄さと、バックアップの薄さにも気づいて欲しいです。国母選手の服装が気に入らないのなら、品行方正で礼儀正しくかつ結果も伴うような選手を育てるための支援をしたらどうかと思います。

日本のスポーツ界は、ズッと、
・成績は悪くても、キチンとした選手
・成績は良くても、ちょっと問題のある選手
の二つの価値観の間で揺れています。朝青龍の件もその一つでしょう。高校球児の細眉。そういえば、イチローの髭も当初はヤイノヤイノと言われてました。

「体育」の延長のスポーツなのか?それとも…?

今後の日本のスポーツを考えるうえで、ひとつのヒントとして思い付く光景があります。それは、日本人選手団も五輪開会式の入場で「右っ左っ右っ左っ!頭ぁ~右っ!」をしなくなったことです。価値とは変化するものです。

蛇足ながら、ふと…分野は違いますが、「一番でなきゃだめなんですか!二番じゃいけないんですか!!」の蓮舫議員はこの件についていかがお考えなのだろう?と思いました。
09:58  |  スポーツ  |  Comment(0)
 | HOME |