FC2ブログ

守山市で講演しました

2010.02.11 (Thu)

IMG_7880s.jpg2009年1月の子育て講演会に続き、今日は「もりやま・女と男の輝きフォーラム」で講演しました。300人入るホールに270入っていて、席はほぼ一杯でした。人の数というのは、やっぱりそれだけでパワーになるモンです。僕の講演がある日はたいてい晴れるのですが、今日は朝からシトシトと冷たい雨でした。こんな雨の中、たくさんの人が来場して下さり、それだけでもウレシかったです。

楽屋に、最近ほぼ毎年お世話になっている河内長野市の担当さんが来てくれはりました。知った人に会えるというのはウレシいもんです。河内長野から守山までって「すぐですよ」と言うモノの近所のスーパーほどではないと思うのに、よぉ来てくれはりました!です。

今日の講演は、「人生いろいろ、夫婦もいろいろ」という、夫婦の馴れ初めなどにも触れるという話す内容のリクエストを頂いていました。男性の家事自立や育児参加、ワーク・ライフ・バランス講演のように頻繁に話す内容ではなく、久しぶりのネタです。久しぶりのついでに、スライドを全面入れ替えました。すべてのスライドを入れ替え、文字数を最小限にしました。これまでスライドの文字で構成に沿って話していた部分もあるのですが、文字数が少なくなるということは、その分、全部覚えとかないといけないわけで、昨日は何度もリハーサルをして覚え込みました。楽屋でも、スライド一覧に書き込みをして、構成の確認をしました。「全部、覚えられたやろか?」という不安は、まさに受験生のような感覚でした。

講演は、構成をすっ飛ばすこともなく大丈夫でした。何度も話している内容もあるし、だいたい自分に起こったことを講演しているのですから、細かいことは全部覚えているもんですね。時間配分も結果オーライだったと思います。前半の馴れ初めや子育ての話などを、だいぶんゆっくり話したので、後半が少し窮屈になったんですが、その方がむしろ内容のリクエストにはあっていたように思います。後半のスライドはもう少し減らしてもエエかもしれません。

IMG_7881s.jpg思ったようなところで笑ってもらえ、思ったようなところで頷いてもらえ、その反応をもらいながら僕も調子を上げていく。ホンマにお客さんと一緒に講演してる感じで楽しませてもらいました。途中、「自動的に喋ってる」という感覚になりました。喋ってる自分を後ろから見てる自分がいるんです。こんなことは初めてでした。なんとも不思議な感覚でした。

2009年の時と同じ課長さんで、また呼んでもらえて本当にウレシかったです。「行政の講演にはリピート依頼はない」と言われることもありますが、テーマが変われば呼んでもらえることもあるのですね。少しでも馴染みができるというのはウレシいものです。「また、よろしくお願いします」と会場を後にしましたが、ホンマに「また」があるとエエなぁ。

今日のスライド一覧です。
スライド一覧

今日の反省点。
プログラムに添付したプロフィールに載せたホームページのタイトルが古いものだった。
同じくプロフィールに載せた加奈子の年齢が「7歳」になっていた。
新規にインストールした「ClocX」がなぜか会場スクリーンにも投影されてしまった。要原因究明。
18:37  |  講演記録  |  Comment(0)
 | HOME |