FC2ブログ

「書」の書き順

2009.10.27 (Tue)

先日、参観日にいくと、担任の先生が板書に「書」という字を書きました。
その書き順を見て
「へ?」
と思ったんだけど、しばらくそのままでした。

今朝、加奈子を送りながら、
「なぁ、『書』っていう字の縦棒って何画目?」
と尋ねると、
「え~~っと、1、2…6画目!」
と。確かに先生も6画目に書いてました。

でも、僕の中では4画目。
和子さんに聞くと、和子さんも4画目。
家にある辞書で調べてみても6画目。
3冊調べてみたけど、どれお6画目。
僕らは、間違って覚えてたんでしょうか?
それとも、途中で書き順が変わったんでしょうか?

よく似た構造の字の、「重」の縦棒は、6画目ですよね。
9画目じゃないと思います。
このあたりの法則性はどうなってるんかなぁ?
21:00  |  家事・子育て  |  Comment(0)

タヌキの「ぽん太」

2009.10.27 (Tue)

加奈子が作文を書いてました。
タヌキとリスの話です。
それぞれに名前を付けるところから設題があり、加奈子はタヌキに「ぽん太」を付けました。

イヌといえば「ポチ」
ネコといえば「タマ」
そして、タヌキといえば「ぽん太」?
いずれにしても、タヌキらしい名前です。

ですが、なぜ「ぽん太」なのか?
加奈子に、
「なんでタヌキは『ぽん太』なんやろ?」
と聞いてみると、
「そりゃポンポコリンやからとちゃうか?」
「でも、本物のタヌキはポンポコリンなんてせぇへんで」
「昔、タヌキ狩りした人が、前足もって引っ張り上げたら、お腹が出てたからとちゃうか?」
「それが太鼓みたいやったからポンポコリンで、タヌキは『ぽん太』か?」
「ん~~~どやろなぁ」
「ん~~~」

謎や。
タヌキとポンポコリンのつながりは、いったいどこが期限なんやろか?
20:55  |  家事・子育て  |  Comment(5)
 | HOME |