FC2ブログ

つながり実感を育てる

2009.10.26 (Mon)

NHKの「課外授業ようこそ先輩」を見ながら、「自分ならどんな授業をしてみたいか?」と考えてみました。

「身の回りのモノと、自分の親の仕事をつなげてみよう」
(今の学校教育現場では、親の職業を授業ネタにするのは、まず不可能だと思うけど…)

たとえば、「消しゴム」。
ゴムを運ぶ人がいて、
その運ぶ人の自動車を作る人がいます。
消しゴムを包む紙を作る人もいます。
その消しゴム工場を建てた人もいます。
その工場を建てた人の弁当を作った人がいます。
弁当の空き箱をゴミとして集める人がいます。
消しゴム工場の社長さんの財布を作った人がいます。
工場を建てた人が使ったタオルを作った人もいます。
タオルを作った人の携帯電話を売っている人もいます。
その携帯電話を売った人のお昼のハンバーガーを売った人がいます。
ハンバーガーの材料を作った人がそれぞれいます。
携帯電話を作った人を運んだ電車の車掌さんがいます。
車掌さんの制服を作った人がいます。
その制服のボタンを作った人がいます。

こうして、どんどんどんどんつながっていきます。

そして、いつか、自分のお父さんやお母さんとつながります。
友達のお父さんやお母さんともつながります。
先生の親につながることもあります。

「消しゴム」をスタートにしていろんな人がつながってます。
消しゴムの隣の「鉛筆」も同じように、いろんな人とつながっています。

このように「つながり」を見ていくと、世の中に無駄な仕事なんてなに一つ無く、そのつながりがあるから、今の自分がいると感じられるのではないか?と思います。いかに部落産業や在日韓国・朝鮮人産業や世界の発展途上国産業が身近な生活を支えているかも理解できると思います。社会について学ぶというコトは、このようなつながりをよく知り、大切にし、その中で生活している自分を自覚するためだと思います。

こんな授業は、個人情報云々が厳しい今ではきっと不可能だと思いますが、家庭でならできると思います。「スタートのモノ」と「ゴールの人」を自由に設定すると無限にゲームは楽しめます。
11:42  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

この秋の楽しみ

2009.10.26 (Mon)

12565180516192.jpg
この秋、講演で久しぶりに未踏の都道府県に出掛けます。

一件は新潟県。
プライベートですら行った経験のない新潟県。楽しみです!
もう一件は、高知県。
プライベートでは数回行ったことがありますが、講演では初めて。
これまでの旅行とはチョット違った感じかもしてません。

残ったのは、青森県、岩手県、山形県、福島県、富山県、千葉県、島根県、徳島県、佐賀県、長崎県、熊本県、沖縄県の12県。このうち、プライベートでも訪れたことがない完全未踏地は、東北の青森、岩手、山形、福島の4県と島根の合わせて5県。

いつか訪れる機会がありますように。
09:58  |  旅行  |  Comment(0)

珍しい光景

2009.10.26 (Mon)

国道24号線の、御香宮の南と北の信号機が通電せず、機能停止。
24号線(宇治方面行き、京都市内行きとも)と、そこに入る側道は大渋滞。お巡りさんが立って、交通整理。

ところが、今どきは、手信号の講習もしないのか、「Go!」なのか「Stop!」なのか、動作がとってもわかりにくい。雨による視界不良もあって、道路は大混乱。

お巡りさんの交通整理がパッとしないというコトは、それだけ信号機トラブルが減ったってコトでしょうけど、やっぱり最小限の基本は、講習なりマニュアルに載せて、現場に急行する間に参照して、復習できるようにせんと、アカンなぁと感じました。

家事も同じですね。最小限の家事は「見える化」「標準化」で抑え、その上でハイテク機器を使ったり、自分ならではのやり方でしたりという区分整理が大切です。
08:11  |  日々の出来事  |  Comment(2)
 | HOME |