FC2ブログ

加奈子に見せたYoutube

2009.10.19 (Mon)

10歳のギター少女、影山遥の映像を加奈子に見せました。
ちょっと刺激を受けたみたいで、
「パパにギター教えてもらおうかな?」
と。


この機会に、Joe Satrianiの"Always with me, always with you"も聞いてみました。エエです。Joe Satriani自体、久しぶりに聞いて、その良さを改めて実感しました。ついでに、最近、Steve Vaiも気に入ってよく聞いてます。

しかし、この遥ちゃん。
ホンマにスゴイですね。
とりあえず、僕よりはるかに上手いです。
音もエエです。
セッティングも自分でしてるんかな?

この重たいレスポールの抱えて、
小さな手でスス~~ッと弾いてるのをみると、
僕は、ただ練習をサボってただけなのを見せつけられます。

別に加奈子にここまで上手になってもらわなくてもいいけど、
「せーの」で音楽ができるというのは、エエもんやと思います。

モト冬樹さんが、娘を見守る親の目で弾いてる気持ちがよくわかります。
世代を超えて一緒に楽しめるって、音楽のエエとこですね。
21:59  |  家事・子育て  |  Comment(0)

『孤独な群衆』リースマン

2009.10.19 (Mon)



おそらく社会学をかじった人間なら、一度は耳にした事があるだろう有名な本。新品なら4,725円もするのだが、Amazonの中古書販売で珍しく数百円で出品されていたので買ったみた。

今日、届いたその本は、昔の岩波文庫を思わせるような紙質でA5版。手に持って読むにはヘナヘナ過ぎ。昭和39年に初版本が出され、僕が手にしたのは11刷の昭和43年発行。僕とほとんど同じ時間を、この世に存在していた本だった。お値段は900円。昭和43年に900円で流通していた本は、平成21年に4725円。インフレやその他諸々の要素で、5倍以上の値段になったのだろう。今は、何刷なんだろうか?昭和43年と同じ「みすず書房」から出版されているから、刷数は積算のはず。

最近の自己啓発本や生き方本が売れる傾向は、リースマンが指摘する「他者指向型」社会への疲弊と同時に、「内部指向型」への回帰、もしくは再認識の現れではないか?と推測して、原著を取り寄せた。

「他者指向型」社会では、他者との関係性の善し悪しが個人の行動基準となるため、常に他者の視線を気にする(同時に監視する)必要に迫られる。その結果、家族関係ですら、他者が自分をどのように感じているか?どうとらえているか?が重要になっている。たとえば、DV被害を受けながらも、「オレにはおまえが必要なんだ!」と言われると被暴力環境から逃げ出せなくなるのも、自分の価値判断よりも「他者思考型」による他者の視線が優先される結果だ。

リースマンの「他者指向型」は、「共依存」「KY」「孤独」という言葉が存在する現代日本において、これほどピッタリ当てはまる概念は他にないんじゃないか?という印象をもっている。ジックリ読んで、検証してみたい。
17:55  |  仕事ネタなど  |  Comment(2)

懐かしいブラスサウンド

2009.10.19 (Mon)

お昼ご飯を食べながらテレビのスイッチを入れると、「スタジオパークからこんにちは」で渡辺謙が出ていた。話の途中で、魔が差したように「BS」に切り替えると「BSーHi」で「クラシック倶楽部」で東京佼成ウインドオーケストラの演奏が。曲は、ホルスト作曲「吹奏楽のための第1組曲」。

僕は、1回生のほんの少しの間だけ、大学のブラスバンドにも所属していたことがあったんですが、その頃の「おのぼりさん」状態やら、勘違い振りなどを思い出しました。

さっそくiTunesで探してみると、あるある「第1組曲」。ついでに「バンドのための民話」や、「インヴィクタ序曲」「シンフォニア・ノビリッシマ」も購入。演奏音源は、大阪市大のブラスバンド「コンサートバンド」ともご縁の深かった、大阪市音楽団。

大阪市音楽団「わが青春の吹奏楽」

今思えば、吹奏楽団が、僕が接した一番大きな組織かもしれません。
ローランドは全社員1000人くらい居ましたが(今の規模は知らない)、営業所は20人弱の構成だったし、パーティション隣の営業企画課や海外営業部は別組織な感覚だったですし。それ以降も、いろんなところで働きましたが、セクション内で完結してました。大学院は文系だったので「一人屋台」状態。講師業はまさにピン商売。大人数で一斉に同じ方に向かうという経験は、僕史上、吹奏楽団以外に経験がない気がします。

吹奏楽もオーケストラも、何十人ものメンバーがそれぞれ別のパートを受け持ちながら、一曲を組み立てていく。究極の分担分業制芸術。中学から始めた吹奏楽は、中学後半にロックに目覚め、高校中盤でバンド活動を初めてからは、「ロボットじゃあるまいし」とプレイヤーが部品化されない音楽を目指したわけですが、今、こうやって音楽演奏から距離を置いて聞くと、これはこれで一つの表現の仕方だと認識できるようになりました。年ってヤツでしょうか?
14:49  |  音楽  |  Comment(0)

季節の変わり目のせい?

2009.10.19 (Mon)

季節の変わり目のせいか、体調がスキッとしない。
一番深刻なのが左膝。
「DON」の収録の頃からズーッと痛い。
今日は、階段の上り下りでズッキンズッキン。

左の肩胛骨の内側面も寝違えたようなジーンという痛み。
起きてすぐは痛くなく、加奈子を送った帰り道くらいから。

鼻水がズルズルと。
これは毎年の恒例行事のような気がするので、
季節性のアレルギーかな?
明け方に鼻が詰まり口で息をするので、
どうしても喉は腫れ気味。

一番の、膝の痛みには心当たりがある。
最近、体重増量中で、その負担も考えられます。
一昨年の夏と比べると、3~4キロは増えてます。
ほぼ毎日Wii Fit Plusをしてるんだけど、なかなか減りません。
食事量を減らし、膝への負担を軽くしないと、こりゃ治らんかも。
14:17  |  日々の出来事  |  Comment(0)
 | HOME |