FC2ブログ

今日も東京

2009.09.28 (Mon)

今日は六本木でJKSKのワークライフバランス研究会。講師は株式会社ワーク・ライフバランス小室淑恵さん。これまでも、近いところまで行っては、すれ違いしていましたが、本日、晴れてご対面。

質疑応答の時間を確保するために、猛スピードで進む小室さんの報告。そして質問タイムもあっという間に過ぎる。僕が用意していた質問は白河桃子さんが先にされたので、次の質問を用意してたんですが時間オーバー。研究会が終わった後で、直接質問へ。そして、大事な講演のネタを頂きました。地方でのワーク・ライフ・バランス講演会で、ワーク・ライフ・バランスを打ち出す必要性を訴える時の、とっかかりがこれまでどうも掴めてなかった気がしてたのですが、ワーク・ライフ・バランスが「介護Uターン」で戻ってきた人の採用ツールになるというヒントでした。個別な質問だったのにポンと情報提供するその姿勢に、僕は勝間和代さんの「GIVEの5乗」を思い出しました。僕もここでネタをGIVEです。

今回は、往復交通費と会の参加費合計26,340円というエントリーフィーでした。決して安くはなかったですが、得るモノも多かった研究会でした。ところが、僕が恵比寿駅で帰りの電車を待っているところに、たまたまテレビ出演の打ち合わせ(10月8日日テレ系「おもいッきりDON!」出演します)が入り、そのまま途中の品川駅で急遽、打ち合わせになりました。研究会で十分モトをとった26,340円でしたが、思いがけず番組の打ち合わせもこなすことができて、少し割安になりました。

帰りの新幹線は、エクスプレスカードのポイント積算を利用して、久しぶりにグリーン席。一両に6人だけの乗客で、とっても静か。研究会のレポートは捗るし、読書も進みました。寝て過ごすなんてモッタイナイ。以前は、座席のサイズが合わずかえって疲れるグリーン席も、今日はなんだかエエ感じでした。

そういえば、帰りに読んだ「週刊ダイヤモンド」の163ページ「目利きのお気に入り」に山口照美さんの『企画のネタ帳 30キーワードで楽々ネタ出し!』が紹介されてました。Amazonの在庫切れも終わったところでの紹介ですから、とってもエエタイミング!

研究会には、佐々木常夫さんが来られてたので
「『知る楽』全部見ましたよ。一回目のフライパンを洗わずに片付けるところがサイコーでした」
と伝えると、
「いやぁ~まさかあそこが使われるとは思わなかったよ(あはは~)」
と。

隣の席の渥美由喜さんからは
「山田さんって他の人と笑うツボが少しズレてて、『あ、ここってツボ?』って思って、それが可笑しくてニヤニヤしてました」
と興味深いご指摘をうけました。そんなにズレてましたか?(笑)まぁ、ちょっと(?)ズレてるからこそ「主夫」になったんだと思います。いじってもらうのはウレシイです。

木全ミツさんから「アジア女子大学」への奨学支援基金の提案がありました。さっそく僕も数口基金へ。木全さんもGEWELの堀井さんも、それと大沢真知子さんは、僕のようなちょっと毛色の変わった人間に対しても、いつも優しい自然な言葉をかけて下さるんです。懐の深さや人間の大きさを感じます。素敵です。僕は、世間一般から言うと「はみ出し者」だから、そこがリトマス紙になります。その人の価値観や中身をみる上では、とても便利な立ち位置です。


さて、明日から書類作成が待ってます。
しかも、下手すると、生活が一変するかもしれない書類です。
17:50  |  家事・子育て  |  Comment(0)

加奈子慌てる!

2009.09.28 (Mon)

此度の衆院選で、政権交代が行われ、改めて「選挙で変わる」可能性があることが実証できた日本。
選挙なんかじゃ、なにも変わらないんだ!」という人もいてはりましたし、実際に生活が変わるかどうかはともかく、少なくとも政権政党は交代したわけです。

となると、やっぱり選挙権というのは、自分がどういう生活をしたいか?どういう社会で暮らしたいのか?を実現するための手段としての存在感が大きくなります。

和子さんは、家族の大黒柱でありながら、外国籍故に選挙権がありません。永住外国人への選挙権に関しても、議論の幅は、せいぜい地方自治体の選挙に限られています。国政選挙に関しては、当分、解放されないだろうし、きっとずっと解放されないと思います。

僕たち夫婦は、国際結婚ゆえに、「法律婚でありながら夫婦別姓」です。これはとっても便利です。「選挙権も意味あるんやなぁ」と認識した和子さんは、「帰化して日本国籍とろうかな?」とポロッと話すようになりました。でも、日本国籍を取得すると夫婦別姓の維持は難しくなります。

そこで…

「じゃっ、離婚しよっか?」

と加奈子も乗っている車の中で話したところ、

「え~~!!パパとママ、離婚するのぉ?いややぁ~~」

とうろたえておりました。

「あ~いやいや、手続きのために一度離婚するってコトやし」
「でも…(なんやかんやとブツブツ)」

小学2年生でも、「離婚」がどういうコトはしっかりわかってるんですね。

ただ、離婚が必ずしも悪いことではないコトを理解するのは、いつ頃なんでしょうか?たとえば、DV被害を受けていても加害者から離れて暮らせない背景には、「人」字型男女関係(男は仕事、女は家庭という分業による相互依存関係)が社会の基盤にあることと、こういう「離婚が悪」というウッスラとした認識が存在しているからかもしれません。夫婦が独り立ちした人格同士の共同体であればこそ、離婚も自分や家族を守るための人生選択の一つになり得るはずです。

離婚の方に、話が流れてしまいましたが、
夫婦別姓導入へ…政府、来年にも民法改正案
だそうです。

状況に変化が起こりそうです。
離婚しなくても良いかもしれません。
加奈子も安心?
09:11  |  家事・子育て  |  Comment(0)

NPO設立講座に参加しました

2009.09.28 (Mon)

午後から、「ひと・まち交流館 京都」での「NPO設立講座」に参加してきました。本やネットから知識として入っていた情報も、講座に参加して、話を聞いたり、質問したりする作業を経て、きれいにストン★と整理されて入りました。

少し前からの疑問もスッキリ解決。「そういうコトやったんか!」が得られた一日でした。

いつでも、どこでも、という点では本やネットからの学習は可能だけど、受講するというライブから得るモノはホンマに大きいと思います。半分以下の労力で、倍以上の情報が入ってくる気がします。

「知ってるし」「前にテレビで見た」「ビデオで見た方がよく見える」というのもわかりますが、ライブにはライブのダイナミズムもあって、「知ってること」を「知ってるつもりだった」にしてくれる力があります。旅行なんて、まさにそこが魅力なんだと思います。

対面で話を聞けるというのはエエもんですね。

明日は、東京で研究会で小室淑恵さんの報告が聞けます。
00:09  |  日々の出来事  |  Comment(0)
 | HOME |