FC2ブログ

加奈子の爪

2009.09.06 (Sun)

加奈子の爪…小さい頃から「ん?」と思ってましたが、
最近になってもあんまり変わらないので、ちょっと気になってます。

というのも、薄くてモロいんです。
よく欠けてますし、爪が数層にわかれて剥がれていることもあります。
とくに足の親指の爪がガタガタです。

爪の栄養が足りないのか・それとも水虫?と思ったり。
挟んだりした事故もしてませんし。

巻き爪は今のところ心配なさそうですし、
爪噛みもないのに、思わぬところで爪の悩みです
成長とともに治るンかな?
12:40  |  家事・子育て  |  Comment(1)

河内長野市で料理講座

2009.09.06 (Sun)

ここ数年の間に、何度か訪れている河内長野市。
全部、料理関係の講座です。

いつも南海電鉄高野線の特急「こうや」に乗っていくんですが、一度も、30000系の「こうや」に当たったことがありません。あの昔の南海特急の面影のある、前がまぁる~いタイプの特急車両に、一度乗ってみたいのですが、今回もハズレました。

行きは、「これから会社のレクリエーション旅行の下見に行く」というお兄さんが横で、「あ~料理教室ですか…エエですねぇ」という話をしながら、あっという間の河内長野駅でした。

今日は、12人の僕の父親世代もしくはそれよりも上世代の皆さんに、調理と食育について、作って食べて考えてもらおうという講座でした。今日のテーマは、「夏バテ解消」で、鯖の味噌煮、きゅうりの酢の物、味噌汁、ご飯というシンプルかつ基本メニューで構成しました。

毎度のことながら、トットコトットコ作り進んでいくオジサンがいて、これはどこでもある光景なのですが、今日のトットコオジサンは、なんとできあがったら、さっさと自分だけで食べ始めるという、これまでにないユニークな方でした。一瞬「へ?」となりました。僕の中で、「そうか、こういう人もいるわな…」と、料理講座参加者に対するタイバーシティーがググッと広がった瞬間でした。

「今日、ほとんど初めて料理をした!」というオジサンも何人かいてはりましたが、みなさんから「美味しかった」「ゆっくりでわかりやすかった」「少人数で最初から最後までできてよかった」など、好評を頂きました。

人数の多い講座だと、「切るだけ」「炒めるだけ」という分担制になりがちですが、今日は、一人一人が最初から最後までの行程をやってもらいました。やっぱり、ホンマはこうであって欲しいと思います。やっぱり、満足度も全然違います。「全部、自分でやった!しかも美味しかった!」この自信が、「次はどんな料理してみようかな?」になるんだと思います。

今日は煮物ばっかりで、油が飛び散らず後片付けも楽ちんでした。
鍋一個だけの料理でした。これまた片付けが楽でした。
次回もなるべく油を使わない調理法でトライしてみます。

「野菜は冷蔵庫でどのくらいもつんでしょうか?」
「透明のチャックになった袋に入れると長持ちしますか?」
「煮魚に関しては、だいたい今日の調味料の比率でいけばエエんでしょうか?」
というかなり具体的な質問もありました。
その方の料理に対する姿勢の現れでしょう。
なんとか、期待に応えたいです。
00:07  |  講演記録  |  Comment(0)
 | HOME |