FC2ブログ

薄切り肉の豚カツ

2009.07.25 (Sat)

看護フェアから帰ってくると、「もぉ~動きたぁない」というくらいグッテリ。
でも、加奈子は「カツ丼食べたい!」と熱烈リクエスト。借りてきた「ドラえもん」のDVDの中で「カツ丼」が出てきたから食べたくなったのはミエミエなんだけどね。

ん~しかし…この悪天候の中、スーパーまで豚カツ用の肉を買いに行くのはかなりメンドウ。そこで、冷蔵庫に残っていた、豚バラ肉の切り落としを折り重ねて一口大にして、それで豚カツを作ることに。
Img_0243s.jpg Img_0245s.jpg
Img_0246s.jpg Img_0251s.jpg
揚げたてのアツアツをつまみ食いさせると、「美味し~~ぃぃ(≧▽≦)ノ」と加奈子カンゲキでした。僕もひとくち食べるとホンマに美味しい。よくよく思い返すと、肉に塩コショウもしてないし(忘れた)、味付けらしい味付けをまったくしてなかった。なのに、美味しい!薄切り肉を使ってるので、スジがなく噛み切りやすく、折りたたんだ間に肉汁が閉じ込められていてジューシー。

いっつも思うんです。

外で食べたり買ったりする料理の、あの味っていったいナニ?

いやいや、あれはあれで美味しいと思う人もいてるんでしょうけど、しかし…「加奈子、パパのご飯が一番オイシイと思うから、外で食べるのはチョット…」というのも、まんざら営業トークだけではないみたいですわ(自画自賛)。

加奈子の希望で、ソースカツ丼と、卵カツ丼の二種類作りました。こういう手間のかかるリクエストが加奈子の特徴なんです(泣)。ただ、今日は、加奈子が小麦粉+卵+パン粉の作業をしたので、ちょっとはカツ丼の手間の掛かり具合がわかってもらえたんじゃないかと思います。

最近、やや食が細かった加奈子ですが、今夜はモリモリ食べてました。
23:11  |  家事・子育て  |  Comment(0)

京大病院 看護フェア

2009.07.25 (Sat)

午後から、京大病院のオープンホスピタル2009と同時開催の看護フェアに加奈子と行ってきました。

ホンマは、お昼前に出たかったんですが、耳鼻科に行ったり、出掛けようと思ったら急に大雨が降り出したりで、結局、「もぉ腹減ったし、お昼ご飯食べてからでよう」というコトに。さらに、家を出たところで電車が出ていくのが見え、さらに一本遅れ。

やっと病院について、ほんのチョットすると目の前をナマ茂木健一郎が通過。やっぱり髪の毛はもじゃもじゃでした。そして、講演中もよく髪や耳を触ってはりました。イメージ通り。講演は、会場ではなく、外来ホールのモニターで見てたんだけど、加奈子が1時間経過したところで「タイクツ」とポツリ。

Img_0235s.jpgシャーナイので席を立ち、再び展示をグルグル。静脈に注射針を刺すのや、聴診器で心音聞いたり、鼻から高気圧入れてみたり、血液を顕微鏡で覗いてみたり…

でも、到着が遅かったもんだから、アッという間に閉会の16時に。その後「おやつ…」と地下のローソンへ。そこで、
「今日はなにが楽しかった?」
と聞くと、
「音叉でポーン♪っていうの」
「は?あぁ、糖尿病の感覚機能検査ところね。」
たぶん、昔、一緒にボストンへ行ったナースが展示を担当してたので、あの時だけちょっとリラックスしてたんかも。

天気が悪かったのと、連日の寝不足で、ヘロヘロになりました。
22:56  |  日々の出来事  |  Comment(0)
 | HOME |