FC2ブログ

●お知らせ●在宅病児保育のNPO法人設立に向けて

2009.07.21 (Tue)

一部の方には、すでにアナウンスしていますし、学生さんの中には、講義中に事業のプレゼンを聞かはった人もいますが、改めて、ここでアナウンスします。


今、僕は、病児・病後児の在宅保育事業を京都市で事業化させるべく、NPO法人設立に奔走しています。

病児・病後児保育というのは、例えば、保育園から仕事場に電話がかかってきて
「お子さんが熱出しました。至急、迎えに来て下さい」
「え?…はい(そんなん言われても、今から会議やん迎えになんて行かれへん。どないしよ)」
という時や、
「うわぁ~今日もシンドイって?さすがに三日も仕事休まれへんわぁ…どないしよ」
という時に、看護師や保育士、医療保育専門士、保育ママ(研修済み)を保育が必要な家に派遣したり(場合によってはスタッフ宅で預かったり)、保育所や保育園までお迎えに行ったりする、在宅派遣事業です。

こんなサービスがあると、(自分も含めて)助かる人が多いんじゃないかと思い、思い切って事業化推進に乗り出してみることにしました。

なるべく地元の地域社会にいるスタッフが、地元の子をみるという形にして、失われつつある地域社会の交流基盤を、少しでも維持持続できればと思っています。

東京23区では「NPO法人フローレンス」が同様の事業を、軌道に乗せています。

堺市でもNPO法人「病・後・児のためのゆりかごネットワーク」が認可され、その「ゆりかごネットワーク」代表の須賀さんから
「山田さん、京都市でも作ろうよ!」
と、声をかけられたのが、動き出した直接のキッカケです。

まずは、皆様にお知らせするとともに、ご意見やアイデアを頂ければと思った次第です。できれば、「一緒に作ろう!」と活動できれば感謝感激です。

2010年4月からのスタートを目指しています。まだ組織の名前も決まってないのですが、堺市の「ゆりかごネットワーク」がイイ感じなので、「ゆりかごネット京都」「京都ゆりかごネット」にしようかと、今のところ思ってます。

現在、あらゆるスタッフを募集中です。設立後に現場で保育・看護スタッフとして働いて下さる人、システム構築に関わって下さる人、アイデアを出して下さる人、法手続に付き合ってくれる人などなど。ゼロからサービスを企画立案し、試行錯誤して組織を立ち上げていくプロセスというのは、なかなか経験できることではないと思います。また、遠くに住んでいる方でも、「知人にこういう人がいる」「京都の○○さんを紹介します」という情報も大歓迎です。「それよりも、こっちの方がエエで」という助言なども大歓迎です。

気持ちだけの参加というのも、とってもウレシいです。こういう組織や事業立ち上げには、必ず「反対」「ダメ」「前例がない」という壁があります。だから、「応援してくれる人がいてくれてる」「事業スタートを待ってる人がいる」というだけで、ものすごくココロの支えになるのです。

日々の活動は、今のところ『スーパー主夫のNPO法人設立&活動日記』にで公開中です。

前出の「フローレンス」の代表の駒崎さんには「社会を変える」というキャッチフレーズがありますが、僕はそこまで高いココロザシがあるわけではありません。「京都で一番目指す」という競争をする気もまったくありません(アンチマッチョですし)。ただ、自分のように日々不安を抱えながら、綱渡りで仕事と子育てを両立させている人達に、「助かった」「ありがとう」と喜んでもらえ、その分、安心して暮らせるようになってほしい(なりたい)という願いだけです。


というわけで、こういう事業を進めています。
今後ともよろしくお願いいたします。
21:44  |  仕事ネタなど  |  Comment(2)

採点終了

2009.07.21 (Tue)

Img_0221s.jpgやっとこさ、明治国際医療大学の「家族社会学」担当学生の採点が終わりましたぁ。これで晴れ晴れと夏休みに突入できます。

「レポートを出せば、最低でも『可』を出す」

と言ってるにも関わらず、履修しながら提出してない学生が。モッタイナイ。もしかして、「優」以外が欲しくない進学希望や留学希望の学生だったのかも。

レポートの内容は予想通りでした。やっぱり講義をチャンと聞いてる学生は、良いレポートが書けてるし、聞いてない学生は「なんじゃこりゃ」でした。名前を見ても全然顔が思い出せない学生もいれば、「ああ、あの人か」というレポートもあります。教壇の前に立つと、向こう側の「やる気」が見えるモンですね。
16:14  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

真夜中の工事

2009.07.21 (Tue)

Img_0219s.jpg昨晩、というか正確には今朝0時頃から、家の前の電線工事がありました。日中、作業車が4台くらい来て、なにやらセットしていたのですが、まさか真夜中過ぎから工事が始まるとは思いませんでした。

工事だけでもちょっと気になるうえに、作業員の声がさらに気になるモノでして…

「オイこら!何やっとるんじゃ!チャンとカバーせんか!」
「でけへんのやったら上に登るなボケ!」

と下の監督者から電柱の作業員に向かって怒鳴り声。
最初、酔っ払いが叫んでるんかと思った。
怒鳴られる度に、上から

「すみません」
「はいっ!」

と返事。
もぉエエからトットと終わらせてぇな、と思ってるところに、突然

ドザーーーーッと雨。

工事は中断に中断したのか、近所のおばちゃんによると、朝の4時頃までかかって工事してたんだそうな。4時といえば、向かいのおばちゃんが起きる時間やし。おそらくホンマに作業してたんやろなぁ。

きんでんさん、もうちょっとなんとかならんの?

画像は、中断中の工事現場。また今夜辺り来るんかな?カンベンしてぇな。
16:07  |  日々の出来事  |  Comment(0)

これがゴーヤの裂開や!

2009.07.21 (Tue)

Img_0222s.jpg昨夜からの大雨の中、完熟のゴーヤがとうとう烈開しました。Img_0223s.jpg

ところが、種は、実の真下にあった蓮の鉢に落下。これじゃ発芽しないどころか、水質汚濁の原因になるかも…と除去し、地べたに。来年芽が出たら儲けモン。でなきゃ「F1種」だったと判明。

とにかく、朝、加奈子と「とうとう破裂したなぁ」とゴーヤの次世代育成のプロセスを確認しました。ここまで見られる機会はそうそうナイと思うので、食べ損なったけど、まぁこれはこれでエエかと思います。

この後、烈開した実はどうなるんやろ?
16:01  |  家事・子育て  |  Comment(2)
 | HOME |