FC2ブログ

大ショック

2009.01.21 (Wed)

そろそろ眠たくなる時間…に、加奈子は明日の時間割を合わせるんだけど、今日は、突如、鍵盤ハーモニカの練習を始めた。どうやら、明日の音楽の時間に、鍵盤ハーモニカのテストがあるらしい。曲は「大きな栗の木の下で」。

ところが、4小節目から5小節目にかけてが全然できない。つながらない。基本的に3小節目から6小節目にかけては、指のポジションそのままで移動無し。だから、音と指の位置を覚えていれば、なんの問題もなく弾けるはず…なんだけど弾けない。

すると、なんべん目かの間違いの時に、「あ、こっちのドじゃない」とポロッとこぼした。

もしや…

こやつ、楽譜を読んでるんじゃなくて、楽譜の中に書かれている「ど」「れ」を読んで弾いてるんじゃ?という予感。

チョットした手づくりテストをさせると、案の定、まったくダメ。同じ「大きな栗の木の下で」なのに、「ど」「れ」が書いてないと全然ダメ。「音符が上の線になればなるほど、鍵盤は右」という感覚って、難しいんかなぁ?僕は、あんまり譜面読みで苦労した記憶がないので、このへんの「できない」「弾かれへん(・・、) 」がワカランのです。

正直、譜面なんて読めなくても大丈夫。TAB譜と耳コピーだけでギター弾いてるヤツもたくさんいる。それでも、高い音は右手側(右利きの場合)という原則は身に付いているはず。音の高い低い、音の長い短いがわかってないと、この先ツライかも。シャープやフラットが登場し、黒鍵が入ってくると、これまたヤヤコシイことになるやろなぁ。

加奈子は、弾けなくて悔し涙を流しながら練習してるんだけど、一所懸命も空回り。例えて言うなら、ゴルフクラブでソフトボールを打とうとしてる感じなんよね(努力だけじゃ無理ってコトで)。

決まった場所を間違うんだから、そこだけ何度も練習すればいいのに、間違うと頑固に最初から。いい加減イライラして、「ここからやってみたら?」と言うと、やっと問題の3小節目から練習するだけど、やっぱり4小節目から5小節目でアウト。そのうち、5小節目も引っ掛かるようになり…

いったいどうやって教えれば…「音楽」が「音が苦」にならないようにしたいねんけどなぁ。ここでつまずくと「苦しい」やろなぁ。はぁ~~~。(+_+)
21:48  |  家事・子育て  |  Comment(6)

倉敷へ(鉄道編)

2009.01.21 (Wed)

Img_8554s.jpg Img_8555s.jpg
京都から岡山は、のぞみでちょうど一時間。以前は、新大阪~岡山が1時間だったから、随分早くなってる。

岡山から倉敷は、ノンストップの快速「サンライナー」。関西では、長い間「新快速」として走っていたあの車両。今でも、湖西線や山陰線でみかけるけど、大半はアーバンネットワークの外で活躍中。社内は、往年の新快速仕様そのまま。濃い目の壁面なんかが重厚で、当時、京阪神間でしのぎを削っていた阪急への対抗かも。

Img_8608s.jpg Img_8610s.jpg
帰りの岡山駅で、100系新幹線と500系新幹線という、余生を過ごす新幹線の並びに遭遇。500系の方は、東京から来た今も現役の編成だけど、いずれは短く再編成されて、JR西日本管内の新大阪以西でしか走らなくなるみたい。

その少し後に、100系新幹線の並びにも遭遇。この前照灯と尾灯の並びは上り下りが逆です。東京行きホームの車両が尾灯。博多行きホームの車両が前照灯。ともに、岡山止まりの「こだま」で、これから回送に向かうためにこうなったんです。

ちなみに、僕が京都まで乗ったのは「N700系」でした。早いし、静かだし、揺れも少ない快適な車両です。仕事の移動で乗るなら、やっぱり「N700系」です。意外と300系も乗り心地がいいんですが、それは最高速度が抑え気味なので、揺れも少なくなっているのかも。300系の車内灯の処理も好きです(といってもマニアックすぎて…)。
12:00  |  旅行  |  Comment(0)

倉敷ぶらり歩き

2009.01.21 (Wed)

Img_8566s.jpg Img_8574s.jpg
Img_8580s.jpg Img_8586s.jpg
倉敷の中心街を訪れるのは、今回がはじめて。倉敷市内は、大学院生だった頃、日本社会福祉学会が倉敷市内の川崎医療福祉大学であったので訪れたことがあったんだけど、それは倉敷の一つ手前の中庄駅で降りたのです。今回、初めて倉敷駅に降り立ちました。

せっかくの機会なので、早めに倉敷駅に着き、そこからテクテク歩いて、しかも中心の大通りではなく、脇の商店街を選んで歩きました。駅から少し先の通りからアーケードが繋がっています。そのアーケードの最後に、「えびす饅頭」という店がありました(画像左上)。さっそく、1個75円の饅頭を買って歩き食い。サッパリした甘さのあんこでした。その並びの肉屋で売ってたコロッケも美味しそうだったんだけど、こっちはガマン。

アーケードを抜けると、美観地区(画像右上)。京都人は見慣れてるやろ?と思われがちですが、あまりにもそこかしこにあると、案外目に入らないもんです。むしろ、地元以外でこういう建物を見て、改めて「そういえば、ウチの近所にもこんな建物が…」と思い出す感じです。

アイビースクエアも覗いてみました(画像左下)。オモシロいコトに日当たりのいい面は蔦の葉が青々してるのに、日陰は枯れてます(当たり前と言えば当たり前?)。江戸幕府の代官所跡に建てられた施設。ということは、かつてこの場で「許してくだせぇ~~お代官様ァ~」というやり取りがあったのかな?

アイビースクエアを出て、運河に向かう途中、「手焼きせんべい 杏」でゴマ味噌せんべい(150円)を買い、また歩き食い。

そして倉敷川へ。
Img_8588s.jpg水のある風景というのはエエもんです。
左の画像のおばちゃん二人は、モウモウと煙をあげてタバコを吸ってはり、せっかくの風景がちょっと興ざめでした。

今、美観地区では、電信柱を撤去し、電線類を地中に埋める工事の真っ直中だそうです。そのため、道路の舗装がボコボコになってます。もうすぐすると、スッキリした風景と、キレイな舗装道路になるそうです。市の担当さんが仰ってました。

また行く機会があるとエエなぁ。近くてもなかなか行く機会のなかった倉敷市。すでにチボリ公園はなくなってしまったんだけど、そんなもん無くても十分観光資源がある街です。
11:43  |  旅行  |  Comment(2)
 | HOME |