FC2ブログ

みどり市往復旅行

2008.11.08 (Sat)

Img_7602s.jpg行きの富士山はふもとが雲に隠れ、頭だけが出てました。その頭にはズレかけた傘雲が。こうなると天気は下り坂。でも、僕がみどり市の大間々に着くまで、とってもイイ天気でした。

Img_7675s.jpg講演会場のながめ余興場の入り口横には「関東菊花大会」のポスターでもお馴染みのあの建物(?)というかオブジェというか。現物を見ると「あれれ?意外と小さいぞ」と。この大間々での関東菊花大会。足尾銅山が栄えていた頃は、足尾から一番近い町として、この(山田郡)大間々町は栄えていて、このながめ余興場の辺りは、今で言う総合娯楽施設だったそうな。

余裕こいて写真撮ったりしてます。この時は、プロジェクターの件も、セッティングの件もまだ知らず。ノ~ンビリ(^^;

DSC01175.jpg DSC01168.jpg
今朝、いつもの時間に起きて、大間々の駅周辺を散歩。大間々町がかつて「山田郡」だったことの証明がありました。古い駅の表示です。大間々は、いろいろおもしろい繋がりがあります。大間々町と都市提携しているのが埼玉県の鳩ヶ谷市。僕は、今年3月18日にその鳩ヶ谷市でも講演してます。両市で講演しました。

大間々町にも貴船神社があり、我らが貴船神社の分社です。僕と和子さんが初めて会って向かったのが貴船神社(その話はこちらへ)。

右は高津戸橋から下流方面を見たところ。紅葉し始めくらいでした。朝早い時間なのに、観光バスがどんどん到着していて、けっこう賑わってました。

Img_7690s.jpg今日の講演の後、主催担当の皆さんとお昼ご飯を食べに行きました。そこで「おっ切り込み」を頂きました。これがまた、美味しくて温まる、うどんというか、きしめんというか、ラザニアというか…という麺の料理。なにゆえ、あんなに平べったいのでしょう?しかもきしめんの幅の2倍はあろうかという、麺というかむしろ面を食べている感じでした。

山梨で食べた「ほうとう」にも似た感じだけど、かぼちゃは入ってなかったです。あの時と同じ大きさの鍋でした。「関東の麺類は醤油で真っ黒」というのが関西でのイメージだけど、ダシが利いたサッパリ味で、大きな鍋のわりにはスッと食べられました。

Img_7692s.jpgさて、後は帰るだけ。予定よりも一つ早い両毛線に乗れ、そこから「Maxとき」の自由席へ。そしてその車内からエクスプレス予約。ポイントが溜まってたので、今回、「のぞみ」はグリーン席。この「のぞみ」はN700系。初めてのN700系のグリーン車です。でもまぁ、こういうのて、隣にどういう人が座るかでも随分印象が変わるんですよね。8号車の前寄りで喫煙ルームの近くと言うこともあり、出入りも多かったし、隣の人もたばこ臭い人だった。次は9号車にするぞ!

でも、グリーン車効果なのか、京都駅に着くと、いつもより元気が残ってました。晩ご飯は、和子さんの準備による、炊き込みご飯とお造りと味噌汁でした。自分で作らなアカンかと思ってたので、とっても助かりました。今日も長い1日でした。午前中に講演してたというのに、もう何日か経ったような気分です。
23:49  |  旅行  |  Comment(0)

群馬県みどり市で2日講演しました

2008.11.08 (Sat)

Img_7683s.jpg7日はながめ余興場での講演。
芝居小屋というのは、会場に楽しい空気が染み込んでいる。なんだかウキウキした気分にさせてくれるのは、演者も来場者も同じ。こんな素敵な会場で辛気くさい理論の講演なんてモッタイナイ。大半は市役所関係者や教育機関関係者、市政幹部という来場者だったみたいだけど、さいたま市での職員研修以来の研修講演会での盛り上がりだった。

たくさんの反応がもらえると、僕も自然とノル。話していて、普段以上に楽しかった。楽しんでもらえている空気が、僕をさらに楽しませてくれ、それがまた客席に伝わり…という好循環。芝居小屋のパワーを知ることができました。Img_7676s.jpgものすごく売れてる講演講師やギャラの高い講師が羨ましく思う時もあるけど、でも、僕はこんなオモロイ会場で講演させてもらえた。こんな(→)楽屋の講演会場なんて、そうそうあるモンじゃない。ちょっと自慢できます(^-^)

とはいっても、普段は講演するホールじゃないから、機材のセッティングはタイヘン。それよりなにより!会場に到着して「え?ウソぉ~?!」だったのは、諸般の連絡の行き違いから、なんとプロジェクターとスクリーンが用意されてなかったこと。問い合わせから講演の決定までに時間があり、すっかり連絡したものと思っていたプロジェクターとスクリーンの件。やり取りのメールを見直したところ、僕が伝え忘れていた。今回は、たまたま会場と市役所が近かったこともあり、間に合ったんだけど、もしも、到着が一時間遅かったら…と考えると冷や汗もの。

というわけで、今回は、丹波橋の駅にお茶を忘れたのと(ちゃんと店が残しておいてくれていて、帰りに受け取りました)、このプロジェクターの件が予定外だった。なぜか、僕はこの予定外が少しあるくらいの方がイイ感じになったりする。とはいっても、取り返しの付かないような予定外は怖い。この程度で収まっている間に、単純ミスは無くしたいものです(∩_∩)ゞ

会場は、1階の後ろと2階席から埋まっていき、1階の前が少し空いていた程度で、2階はギッシリ満席。その2階にも視線を送るだけの余裕があって、本当に楽しんだんだと思う。ここ数回、気になっていたページ送りのリモコン動作も順調。いろいろあったけど、講演自体はイイ感じで終われました。

実は、夜の講演がちょっと力を出し切れない傾向にあるかな?と思ってたんだけど、そんな懸念は吹き飛ばしてくれる講演内容でした。

8日(今日)は、笠懸公民館のホールで、昨日の芝居小屋に比べると、ごく一般的な会場。広々と座れる客席だったせいか、反応も遠慮がち。ステージを降り、できるだけ近いところで話すように試みたり。反応が気になりすぎたせいか、前半の「家事の省力化」の展開スピードが遅く、後半の「共同化」の話がやや駆け足。反応が気になると、ペースがゆっくりになるのは癖。気にせずスッと流せる方が、聞いてる方もしつこくなくてイイんだけど、そこの見極めはまだまだ。反応が薄くても、サッと流して展開力でペースをつかむというのが、これからの課題。まだまだ上達できる余白がいっぱい。

講演も最後の方になると、僕も気にせず自分のペースで講演し、そうなると笑い声も大きくなる。「フゥ」と講演を終えて、書籍販売に移るとアッという間に完売。けっこうイイ感じで聞いてくれてはったんや(^^)ウレシかったです。

夜に講演して、翌日の午前に講演するというパターンはこれまでなかったように思います。「夜した翌日の昼」というパターンや、「午後した翌日の午後」というのはありました。いろんなパターンができるようになるのはエエのですが、感じがわからんかった今回はちょいと様子見様子見でした。

なにはともあれ、無事にみどり市2日連続講演は終わりました。去年のクリスマスに問い合わせがあり、そこから約1年後の講演でした。この後、茨城県、山梨県、埼玉県、福井県…と続きます。今月は8回講演と取材が数本。濃いです。
22:46  |  講演記録  |  Comment(0)

みのもんたさん

2008.11.08 (Sat)

今、一緒の新幹線に乗ってます。グリーン車ならではです。

僕が講演・講義中に座らないのは、みのもんたさんが番組中に座らないことを知ってからというのもあります。

まっ、そんなこと以前に、座って喋ると全然おもしろくないんですけどね。
17:06  |  家事・子育て  |  Comment(0)
 | HOME |