FC2ブログ

加奈子と明石~須磨デート

2008.11.01 (Sat)

というわけで、講演が終わった後は、加奈子と夜までデート。
そもそも、講演を全力投球した後、(別の意味で)講演以上に手こずるマイペース加奈子と一緒なんて、もともと疲れるのわかってたんですけどね。

朝、出勤時から一緒だったんだけど、まずは、どうやって明石までいくか?でした。例によって例の如く新幹線の「ひかり」はダダ混み。ダメもとで二つ並びでリクエストを送ると、「B]「C」列で二つ席がとれたのでした。しかも「A」席の人は新大阪まででそれ以降乗ってこなかった。

かなりスムーズに明石駅まで到着。あかし男女共同参画センターには、子ども向けのジェンダー絵本も資料コーナーにあったので、3冊ほど借りて加奈子は会場入り。一番後ろの席で、絵本を読んだり、計算ドリルをしたり。静かにジーッと90分の講演を待ってました。行き帰りの電車の中でも決して騒がないし、この辺りはホンマに「クレバーな子やなぁ」と我が子ながら関心です。そうでないと連れて行けないけどね。

Img_7495s.jpg Img_7493s.jpg

さてさて、しかしながら、クレバーでいるにはそれ相応のアホな時間もバランス上必要ってコトです。講演が終わるや、まずは腹ごしらえ。「明石やし、たこ焼き食べたい」とのリクエスト。適当な店を見付けて飛び込んだ先は、「あかし多幸」。加奈子は一人前15個の明石焼きをほぼ完食。僕は右の「鯛茶漬け」。

今日のお約束として、「講演の後、水族館へいく」というコトに。明石から電車で6駅京都に寄った、須磨海浜公園駅で下車。そこからテクテク歩いて須磨海浜水族園へ。

Img_7499s.jpg入ってすぐの大水槽でしばしボーッと眺める加奈子と僕。心と同時に身体も休まるこの瞬間。おもえば、これが最後の休憩だったかも…

元気が有り余る加奈子は館内を先に先にと進み、僕はヘロヘロになった身体を支えながら「待ってくれぇ~」と付いて行く。加奈子が合成写真の絵はがきマシーンの前で立ち止まる。「ねぇ~~ん、これしたいぃ~~、いいでしょ?(キラキラ)」とやってくる。「ダメ」と諭すにも、もはやその体力の残ってなく、なし崩しに緩む財布のヒモ。

そういや明石の商店街でも、オバチャンの試食煮タコに引っ掛かり、1000円のお土産を買わされる羽目に。結局、3時間くらい水族館でウロウロ。そろそろ外が暗くなってきて寂しくなったのか、「帰ろっか」に「うん」と素直に応じる加奈子。

須磨海浜公園駅から神戸駅まで普通で行き、そこから一か八かの新快速。運が良ければ三ノ宮駅くらいで座れるか?と思っていたら、乗ってすぐに、若いお兄ちゃんが「どうぞ」と席を譲ってくれた。いやぁ~ウレシかったです。そんなに僕、疲れた顔してましたか?それとも鼻声でしんどそうやったんかな?実際、「三ノ宮で座れへんかったら、ちょっとキッツいでぇ」と思ってたので、ホンマに助かりました。どこのどなたか存じませんが、心に染みる席譲られでした。ありがとう!この仮はどこかできっとお返しします。

晩ご飯は、ファミマで冷凍鍋うどんを購入。僕は超激辛チゲうどん。加奈子はシブくきつねうどん。それと明石商店街のお土産の煮蛸と子持ちいか。ぶつ切りにして食べたら、柔らかくて味がジンワリ染み込んでいてオイシか!

明日明後日は久しぶりに家族3人です。
20:32  |  家事・子育て  |  Comment(0)

明石市で講演しました

2008.11.01 (Sat)

Ca390110s.jpg Ca390111s.jpg
あかし男女共同参画センターでの第6回男性生活大学の初っ端で講演しました。

受講者は男性ばかり。それも紛れもない中高年の皆さまばかり。自分の父のような皆さんに、「男の家事参画」を説くというのは、なんとも僭越で気が引ける一方、逆に、父と同世代の皆さんに、少しでもこの後の人生を楽しく有意義に過ごして欲しい!という気持ちは切実になります。

退職された人達が明るく伸び伸び暮らしている姿は、現役世代にとって「今はしんどくても、退職後はきっと楽しく過ごせる!」という希望的未来を示すことができるし、もっと若い少年達には「この土地で暮らす人達は楽しそう。ここに残ろう」という気持ちにもさせてくれるはずで、地域振興にもなると思うんです。

…という大風呂敷な話はともかく、鼻水こそ流れ出ないけど、まだ鼻声のままでの講演。
しかも、今日は子連れの講演。
僕の場合、講演は家事と子育てから解放される、リフレッシュの時間でもあるわけですが、今日は和子さんもどこぞの研究会だか学会のシンポジウムのプレゼンテイターだとかで、僕が子連れ講演の羽目に。その加奈子以外はスタッフを含めて全員男。こうなると、笑い声はなかなか期待できないんだけど…とはいっても、おそらく我が子のような年齢の僕の話しに、頷いたりメモをとったり、最後の方では笑いも起こり、それなりに手応えを感じる内容でした。会jyほうの一番後ろで見ていた加奈子も「格好良かったよ!」と言ってくれてました。

「今日から、少しでも家事をやって見ようという気になりました」というアンケートがあったり、「これからも頑張って下さい!」と握手を求められたり…女性の来場者から握手を求められることはよくありますが、男性から求められることは、めったにありません。ウレシかったです。

というわけで、講演は無事に満足な内容で終わることができました。
が、
このあと、加奈子との長い長い子守り時間が待っていたのでした。
20:09  |  講演記録  |  Comment(0)
 | HOME |