FC2ブログ

スーパーあずさ

2008.11.15 (Sat)

20081115204037
甲府から立川はスーパーあずさでした。この車両も乗るのは初めて。

振り子機構のせいか、慣れるまでユラユラしました。僕はもう一つのE257タイプの方が乗り心地がエエように思います。

普段は「新宿行き」なのですが、新宿駅の工事の関係で途中の「中野止まり」という、とっても貴重なスーパーあずさにのりました。
20:40  |  旅行  |  Comment(0)

甲府駅

2008.11.15 (Sat)

20081115182006
結局、内船駅から甲府駅までも、特急ふじかわに乗りました。

というわけで、始発から終点まで乗った貴重な特急と路線になりました。

「ワイドビューふじかわ」は乗り心地よかったです。
18:20  |  旅行  |  Comment(0)

山梨県ぴゅあ峡南で講演しました

2008.11.15 (Sat)

20081115170659
ぴゅあ峡南フェスティバル2008」で講演しました。内船の駅から歩いて数分の会場入り口では、フリマのように、いろんな出店が出ていて賑やかでした。富士宮から山には入ると、本当に家がポツンポツンとあるだけで、「ホンマに、この先に講演会場はあるんやろか?」「人は集まるんやろか?」と思ってましたが、会場は賑やかでした。

少し時間に余裕があったので、フェスティバルで出されていたお寿司や「ご当地B級グルメ」と自称する「富士宮焼きそば」を食べた後、ミニコンサートを聞いたり社交ダンスなんかも見たりしました。

講演は、やや押し気味の時間で始まりました。会場は、女性8に男性2位だったでしょうか?年齢層も、やや高めとはいうモノの、高校生や大学生の姿も見える、かなり幅広い来場者でした。いつもの通り、ノリの良い女性受講者の皆さんに助けられながら、テンポとリズムを維持しながら、ほぼ時間ピッタリに終りました。

今回、ぴゅあ峡南の後、埼玉県に移動しないといけないので、書籍販売のための本は持たずに来たのです。ところが、講演の後、「本は?本持って来なきゃダメじゃない。買うのに…」って言われました。「サイン入りが欲しかったのに…」と。やっぱり少なくても持ってくるべきでした。反省。雨が降るかと思ったので、それも持参を断念した理由なんです。

Img_7811s.jpg「今日から、嫁の作った料理に『美味しい』ってチャンと言います」という女性もいましたし、「楽しく暮らせそうなヒントをいっぱいもらいました」と仰って下さった方もいました。「当たり前の毎日のありがたさが身に染みた」「今日から何か始めてみたい」という男性もいました。

中には、「もうちょっと早く講演を聴いておけば…」という方や、「いい話でしたけど、うちはもう(高齢で)手遅れ」という方もいました。実は「手遅れ」という世代が、一番「男の家事」が必要になるかもしれない世代なんです。妻に先立たれたり、「要介護」になる可能性が高いわけですから。慣れない家事と介護が同時に始まると、どうなるか?イザ!という時ではなく、少しでも早い方がいいと思います。今、ここから変わってみて下さい。

Yes, we can ! です。

今日からの暮らしが、ちょっとでも楽しくなるようなお手伝いができてたらエエなぁと思います。

講演の後、列車の時間まで、ぴゅあ峡南の事務所でノ~ンビリ過ごしていました。建物の隣に小川があり、そこのせせらぎが聞こえてきて、静かな町もエエなぁ~~~でした。
17:07  |  講演記録  |  Comment(0)

ガラガラ

2008.11.15 (Sat)

今、ワイドビューふじかわの車内です。
自由席はゆったり。
指定席もユルユル。
自由席で十分でした。
11:27  |  旅行  |  Comment(0)

今日も忘れ物

2008.11.15 (Sat)

毎回、忘れ物がありますが、今日もありました。

静岡駅から内船駅までの特急ふじかわの指定席券。前回の行方行きのついでに切符を買ったんだけど、行方フォルダーに入れたまま、家に置いてきてしもた。

代わりに自由席券を発券(T T)。

まぁACバッテリーを忘れるよりはマシかな?

このメールを送る直前まで、隣に座った女性と浜松までいろいろ話をしました。
『宣戦布告』の作者「麻生幾」のお母さんと仰ってました。
10:14  |  旅行  |  Comment(0)

不思議な感覚

2008.11.14 (Fri)

このところ、数日おきに旅に出てます。
すると、
「昨日の今頃ってどこにいたっけ?」
と思い、
「あれ?あれからまだ一日?ん?それは一昨日だったっけ?」
と時間感覚がおかしくなっているのに気付く。

明石の水族園に加奈子と行ったのは2週間も前。
それと、先週のみどり市が前後して、そこに行方市が加わると…
あれれ?

でも、僕は、こんなゴチャゴチャがなんだか気持ちよかったりします。
ヒマだと、いらぬコトを考えすぎて落ち込んだりしますが、
こうやってあちこちお声がかかり、出掛けていき、
「次はこうしよう!」
「こんな話もしてみたい!」
と思える循環が心地よかったりします。

人間というのは、つくづく相対的な価値のもとに生きてるんだなぁと思います。
忙しすぎればヒマを求め、ヒマすぎれば忙しさを求め…
結局はその振り子の振幅の中で、バランスを見付け、
その振幅と一緒に生きていくんでしょうね。

片方に振り切ってしまったり、振幅の幅がゼロになり、
振り子が止まってしまった時が、納め時ではないかと思います。

「ワーク・ライフ・バランス」という言葉を講演で使いながら、
そのバランスというのは、どの単位でトントンにするか?
というのを思い付きました。

一日単位で
一週間単位で、
一ヶ月単位で、
一年単位で、
一生単位で…

いろんな単位でのバランスのとり方があると思います。
これまで、一般的な人は、一生単位でしかバランスがとれませんでした。

子どもの頃(A期)はライフに傾き、
成人すると(B期)ワークに傾く、
退職して(C期)もう一度ライフに傾く。
その比重は、「A+C=B」だったのでしょう。
ところが、A期ですでに受験やらなんやらでB期が始まり、
長寿化でC期がものすごく長くなった。
C期の経済的安定のために、B期で稼がないといけなくなり、
やたらとB期の時間・質共に比重が高くなってしまった。

一生単位で崩れたバランスは、
一年、一ヶ月、一週間、一日という
どのバランス単位においても影響を与え始めるようになりました。

いきなり一生単位のバランスを調整しようと思っても、これはハードルが高い。
かといって、一日単位でも、回っている車輪に手を突っ込むようで難しい。
せめて一週間単位、一ヶ月単位くらいで、
なんとかとれるようなアプローチってないかな?と思います。

時間感覚のところから、
ワーク・ライフ・バランスというあらぬ方向に話がすすんでしまったけど、
いろんなモノが繋がりあってるんやなぁと思います。
13:55  |  仕事ネタなど  |  Comment(2)

今日のフレッシュひたち

2008.11.13 (Thu)

DSC01186.jpg
オレンジでした。
11両編成=7両+4両の4両側です。
イエロー、ブルー、オレンジに乗りました。
18:06  |  旅行  |  Comment(0)

裁判員、裁判員候補者になったら…

2008.11.13 (Thu)

「裁判員です」話していいのは…家族○、匿名ブログは△

こういうのって、世の中全員が大企業の「勤め人」みたいな原則で考えられてるんかなあ?

僕の場合、例えば、半年前から予定として入っていた講演が、裁判員に当たってキャンセルになった場合。「演者の事情により中止」となると、これは僕の責任ということになるし、解釈する人によっては「勝手なヤツ」と思われるかも。でも、「裁判員に当たったので」と表明するのは、不特定多数への通知となるからダメらしい。立場保障が難しいなぁ。

これって、自営業者も同じだと思うんです。店を閉めたり、「その日はチョット…」と言って断ると、「なんで?」と聞かれるのが普通。商店の場合、店のシャッターに張り紙なんかして、お休みを伝えるわけですが、理由が無いとなると、「なんやの?せっかく買いに来たのに…」ともなりかねない。

講演がキャンセルになった場合の、会場代や機材レンタル代のキャンセル代金は、誰が出してくれるんだろう?僕はあり得ないけど、例えば、東京ドームライブがキャンセルになった場合の、キャンセル代金って、多分、チケットの払戻なんかも含めてものすごいと思うけど…。そういう人は裁判員を拒否できるんかな?でも、PAさんや専属のメークさんとかは?

今一つ、よ~わかりません。
17:43  |  日々の出来事  |  Comment(0)

茨城県行方市で講演しました

2008.11.13 (Thu)

02.jpgいったい、なんの問題もなく講演に臨める回数ってどのくらいあるんでしょ?体調がイマイチだったり、会場に向かう列車が遅れたり、そして忘れ物をしたり…

京都駅に着く直前で、ノートパソコンのACケーブルを忘れたことが判明。取りに帰る時間はない。主催担当さんに正直に「これこれこういう事情で…」と伝え、予備のパソコンを用意してもらいました。

新幹線の中では、「もしも途中で電源が切れたら…」を考えて、全スライドの内容を書き出す。最悪はスライド無しでもイケるように準備。ところが、1枚分だけ思い出せない。今回に限って、スライドをプリントアウトしたモノも机の上に忘れていた。今、帰宅後、確認したら、最近加えた1枚でした。

会場入りして、まずはセッティング。用意してもらった予備のパソコンのACケーブルをつないでみると、通電ランプが点く。「助かった」ということで、省電力は常駐ソフトを止めるくらいにしていた。これが後でアダになる。

講演会場は、地元企業からの参加者が多く、みなさん平日の仕事の後で少々お疲れな様子。20~50代くらいの男女半々。ほぼ全員勤め人という感じ。19時スタートの講演会に来てくれるだけでもスゴイ。

「企業関係の講演会に爆笑はない」という格言(?)があるように、やっぱり爆笑はない。市民向け講演会場での、オバチャン達の爆発的な笑いはない。そもそも笑える話が聞けるとも思ってないから、スイッチが入る入らないの前に「ない」。シャーナイです。

研修講演の最初の頃は、全然笑ってもらえないから、焦って何度も説明して、それがクドくなって空気が悪くなり…ということをしてました。さすがに、最近は「こんなモン」とわかってきたので、笑ってもらえなくても、微妙に頷いている人や、メモをとっている人を発見して、そこに目掛けて言葉を投げかけてます。

なんといいますか、さすが社会人です。寝るにしても、学生のような無防備に寝てる人はいません。テクニックがあります。といっても、寝ている人もほとんど見当たらず、まずまずだったんじゃないかと思います。

今回、初めての試みがあり、それは(  )がたくさんある穴あきレジュメを作ってみました。話を聞きながら( )を埋めてもらうことで、眠気防止とチョットでも記憶に残してもらおうという魂胆です。「学生扱い」みたいで、不評かもしれないので、アンケートの反応が気になっているところです。

01.jpg後半に入り、だいぶん会場の空気もほぐれてきて、「下着自立」のあたりではワハッと声のあがる笑い声もでてきました。「ヨシヨシ」と最後まで乗りきる予定が…なんとスライドの最後2枚を残して、突然パソコンの電源がオフに。通電していたかに見えたケーブルは、実は通電してなく、内蔵のバッテリーはどんどん減っていたのでした。液晶画面の照度も高いままだったので、予想外に早くバッテリーが切れたみたいです。

さいわい、必ずしも図示の必然性のない内容だったので、そのまま口頭で伝えました。それにしても不備は不備。講演では、共同化へのスムーズな導入手段として、「リストアップ」や「見える化」について話していますが、僕も出張機リストの見える化が必要ですわ。

帰宅後、ノートパソコンのチェックをしたところ、バッテリーは満タンになってました。通電してたのです。ところが、ケーブルの電圧が19ボルトで、パソコン本体は16ボルト。過電圧がかかり自動的にシャットダウンしてしもたんではないかと思います(全然、詳しくないのでワカランのですが…)。パソコンにとっては、あんまりエエ使い方ではありませんね。

とにかく、今後は忘れ物がないようにしたいと思います。実は、名刺も在庫ゼロでした。印刷の追加を忘れてしまいました。今回は、アンケートの結果が良かったとしても、自分としては「さらに上」が簡単に出せていたはずなので、そこが残念です。
16:24  |  講演記録  |  Comment(0)

上野駅で讃岐うどん

2008.11.13 (Thu)

20081113102216
こっちってサイズは「大・並・小」なんやね。
「大・中・小」じゃないんや。
並を頼むのに、「中じゃない、中じゃない」って意識してたら

「生!」

ってゆ~てしもた(^_^;
お姉さんわろてはりました。

店は、ここ。まあまあな味でした。
10:22  |  旅行  |  Comment(0)

The 5's Bar

2008.11.12 (Wed)

20081112220409
土浦で呑んでます。
ギネス呑んでます。
22:04  |  旅行  |  Comment(0)

今日のフレッシュひたち

2008.11.12 (Wed)

20081112162630
今日のフレッシュひたちは青でした。あとニ回乗るチャンスがあるんですが、何色でしょうか?
いやぁ関東は寒いね。京都はポカポカだったんでギャップがスゴいです。

あろうことか…またACアダプター忘れました。情けない(>_<)
16:26  |  旅行  |  Comment(0)

ガーン

2008.11.12 (Wed)

先日行ったみどり市での講演。
とくに一日目の講演は、久しぶりにICレコーダーで録音しました。
以前に比べると、かなり安定してきたので、
「ここらで一発録っておくか!」
と思ってスイッチオン。

ところが、久しぶりに使ったせいで、設定が初期化されてました。
OLYMPUSのICレコーダーにはVCVAという音声起動装置がついています。
無音状態が続くと、自動的に録画を止めます。

そして、その装置が働いたのか、80分の講演は57秒になってました。
最初の挨拶と、終わりの司会の方の締めだけが録音されていました。
ガックリ(*_*)

僕の話の部分は、騒音かなんかと判断したんでしょうね。
ゴッソリ抜けてました。
けっこう、いい客席反応だったので、聞くのを楽しみにしてたんですけど。

今日、頑張ってみるか!
今日は夜から茨城県行方市で講演です。
09:19  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

テストはなかった

2008.11.11 (Tue)

学校から帰ってきた加奈子が言うには、
逆上がりのテストはなかった。
でも、足かけ回りとかはあったそうな。

逆上がりでイッパイイッパイだった加奈子は、
前回りだけ合格。

でも、案外、ケロッとして帰ってきました。
暗雲を引きずって帰ってくるかと思ってたので、
ちょっと安心。


晩ご飯は、加奈子と僕は牡蠣鍋してみました。
加奈子が牡蠣を食べるのははじめて。

「牡蠣食べて大丈夫か?」
「たぶん大丈夫。とにかく食べてみるわ」
「ほな」
パクッ
「あつつ…ん~~あま~い」
「甘いかぁ?」
「甘いで」
「僕が牡蠣をオイシイと思ったんって高校生になってからやで」
「え~~?加奈子、今でも美味しいで」
「オトナやなぁ」

和子さんは、牡蠣アレルギーなので食べられません。
結婚して以来、牡蠣が遠ざかってました。
が、牡蠣仲間ができてウレシい。
23:20  |  家事・子育て  |  Comment(2)

山崎直子さん、2010年に宇宙へ

2008.11.11 (Tue)

山崎直子さん、2010年に宇宙へ 日本人女性2人目

山崎直子さんは、僕が存在を知った頃は、まだ角野直子さんでした。結婚と出産を経験し、宇宙へ。向井万起男さんの話だと、「アメリカの場合はさ、『一番向いてる人』が第一条件だから、結婚してるとか子どもがいるだとか、年齢だとか、ましてや女性だからだとかは、関係ないんだよね。」ですが、日本の場合はこれまではなかなか…

でも、日本人シャトル飛行士は、毛利衛さん、向井千秋さん、若田光一さん、土井隆雄さん、野口聡一さん、星出彰彦さんときて、山崎直子さん。7人中2人が女性。時代は大きく変わってきてますね。向井千秋さんが、なんだか世俗を超越した存在のようなイメージだったのに比べると(万起男さんも然りだけど…)、山崎さんのイメージは、保育園に送り迎えしてたりスーパーで買い物してそうで、ちょびっとだけ身近です。山崎さんの次の人は、もっともっと身近なイメージの人になるでしょうか?

それにしても、山崎さん。
宇宙を目指すキッカケが「宇宙戦艦ヤマト」とは。イメージは森雪?
同世代同世代o(^◇^)o
09:44  |  家事・子育て  |  Comment(0)

時間切れです

2008.11.11 (Tue)

昨日、学校から帰ってきた半袖半パンの加奈子と近所の公園へ。
逆上がりの練習&練習。

そのまえに、あつ・さきさんから教えてもらった、インターネットで体育の学習の逆上がりのページを見て、イメージトレーニング。ところが…「できる予感」のない加奈子には、イメージ自体が難しかったようで、反応薄。

はぁ~今日もダメか…と思いながらも公園へ。

一所懸命トライはするものの、根っからの恐がりということもあって、背中が反ったまんまで、足が上がらず、身体と鉄棒が離れていくばかり。タオルを巻き付けてサポートというのを、どこかで仕入れてきたらしく、それもトライするんだけど、もともと勢いがないところに、さらにタオルで身体が鉄棒から離れないようになっているので反動がつかず、鉄棒は遠のく。

「もしかして…鉄棒が高くて怖いのかも?」

と思いつき、かつて通っていた保育園に低い鉄棒があったことを思い出し出掛けてみる。
保育園の鉄棒は新しくなっていて、逆上がり補助具もなくなっていた。でも、ちょっと低い鉄棒に、加奈子も頑張ってみる。でも、やっぱり怖さからくる腰の引きはどうしようもない。

おまけに…保育園での練習自体が大失敗だった。

加奈子よりも小さな子ども達が、ガンガン逆上がりで回っているのでした(^^;
やってもやってもできない加奈子。
そのうち悔し涙があふれてきて、最後は久しぶりの大泣き。

あ~~~失敗だったわぁ。(>_<) スマン。

涙をふきながらも頑張り続け、結局、2時間半も鉄棒と格闘。
あたりはスッカリ真っ暗。

今朝も、鉄棒の練習に出掛けたんだけど、やっぱりダメだったみたい。

保育園での体操教室以来、運動系はダマしダマしなんとかクリアーしてきたけど、とうとう「×」がつくことになりました。人間どうしてもできないコトや苦手なコトがあるってのは仕方のないことだけど、「できない癖」がついてしまうとマズいんだよねぇ。


ただ、「できないことや間違いを自分で認める力」をつけるのも、大人になるために必要な成長過程であります。これまで加奈子は、計算間違いをしても、間違えた答えを消しゴムで消して、直してました。「消したらアカン!自分がどんな問題をどんなふうに間違えたか、残すのも大事な勉強や!」と言っても、頑として書き直してました。でも、できないものや間違いを認め、その傾向を自分で見つけ出せるようになると、自分で成長できるようになれる力=自分で学ぶ力=学力につながると思います。

逆上がりはテストには間に合いませんでしたが、これはこれでイイ機会だったと思います。

ただ…



疲れた。
やっぱり、できないよりはできる方がイイ。そして楽。
08:40  |  家事・子育て  |  Comment(12)

ノースウエスト航空はデルタ航空に吸収

2008.11.10 (Mon)

チョット遅いニュースですが…
ノースウエスト航空とデルタ航空が合併したらしい。合併とはいっても、新会社の名前が「デルタ航空」という限りは、ノースウエスト航空が吸収されたとみるのが一般的でしょう。

ノースウエスト航空のCEOは、昨年12月にこんなこと言ってましたけど嘘だったんですね。タヌキおやじめ!
--(引用元:上記リンク先サイト)
──ノースウエスト航空と同時期に、世界第4位の航空会社である米デルタ航空が米国破産法第11条(チャプター11)を申請しました。同社との合併や買収の話が出ています。今どのような状況でしょうか。

スティーンランド そんな噂が飛び交っているようですね。今は何の動きもありません。何の信憑性もない話です。

--

ノースウエスト航空は、僕の初めての一人海外旅行(オーストラリア)以来、モントリオール、ボストン行きに使いました。かなりの距離を乗りました。

モントリオールへ行く途中の、伊丹空港→LAX便が、ボーイング747-400という「3-4-3」の座席でありながら、その横一列10席に一人ずつしか乗ってなかったのが印象に残ってます。そのモントリオールからの帰りは、デトロイト経由になり、デトロイト→大阪のNW69便の第一便に乗りました。もともとデトロイト→伊丹→シドニー便だったのですが、IATAの規定違反等々で、デトロイト→伊丹便となり、仕切り直しの就航になったのです。シドニーに行ったのも、そのNW69便です。今は、デトロイト→関空→台北になっているようです。

あの、赤とグレーと白(旧塗装)という、なんとも無粋な機体の色合い。サービスも決してVeryNice!とは言えないまでも、逆に「言いたいことは、はっきりリクエストしなきゃダメよ!」「ヘラヘラしてても通じないぜ!」という個人主義や競争主義の外国気分を味わえる空間でありました。「これから行く先は、甘えが通じない外国なんや」と緊張感が味わえて好きでした。目的地に着く頃、緊張感に疲れて、ちょうどイイ感じになってるんですけどね。

僕は、日系の「これでもか!」的な先回りサービスよりも、「用があったら、いつでも呼んでね!呼ばなきゃ来ないわよ!」という、客主体サービスの方が好きなので、ノースウエスト航空のサービスは好きでしたね。従業者主体サービスの「○○はいかがですかぁ?」「☆☆しましょうか?」に、押しつけがましさとうるささを感じてしまいます。でも、弱っている時は、声かけてくれるサービスの方がウレシいです(勝手なヤツ)。

これからは、あの「なんでこんな色なん?」のノースウエスト機は、デルタ色に変わっていくそうです。

航空会社の話から、航空機事故の話を調べ始め、1985年(昭和60)8月12日の「日航ジャンボ機墜落事故」に至りました。未だに、原因がハッキリしていないという恐ろしい事実を知りました。当時、何度も何度も救出時の映像が流された川上慶子さんは、あの後、「ストーカーまがいの行為に長く悩まされたり、自宅に嫌がらせの電話が頻繁にかかる様にもなった。そんな状況が10年近くも続いた」のだそうです(参照元)。20年以上前から、進歩ないですね。
15:12  |  日々の出来事  |  Comment(0)

忘れてた(∩_∩)ゞ

2008.11.10 (Mon)

熱血主夫網干さんと午前中、優雅に長電話なんぞをしていたら、流れでPC関係の話題に。
「パソコン何使ってたっけ?」
という話から、ソフトの話になり、

「山田さん、アカデミーパックが買えるからイイよね」
「え?学生やめてだいぶん経つで」
「いや、だって教師してるでしょ?」
「…そういや」

普段、非常勤とはいえ、教員しているコトを忘れている僕。
各社ソフトのアカデミック パックが買えるじゃないの!

ちなみに、Microsoftのアカデミックパックの説明のページを見ると、
小学生未満でもアカデミックパックが買えることになってるやん!
ってことは、子どもさえいれば購入可能?

JUSTSYSTEMのアカデミック版は、保育園、幼稚園、小学生の学生は×になってた。
これが妥当かと思うけど…でも、6年生で、「一太郎」使う子もいるし。これも問題だわ。

それにしても、Microsoftの「小学生未満」でも「在園証明証」があれば買えるってのは、ブッタマゲました。Adobeも、これに近い規定になってるなぁ。

どっちにしても、安く買える方法があるなら、それを使わない手はないわけです。
賢い消費者にならねば!
12:05  |  PC  |  Comment(2)

今朝もションボリ

2008.11.10 (Mon)

今朝も、鉄棒の練習に行きました。
頑張って練習しているみたいで、お腹の肉がアザだらけ。
なのに、なかなか逆上がりができない。
明日は鉄棒のテストだというのに…
加奈子は不安と悔しさで、半泣き&ションボリ。
登校途中まで道中も、なんだかトボトボ。
今日は、学童をお休みして、最後の特訓をするそうです。
10:14  |  家事・子育て  |  Comment(3)

「だんだん」

2008.11.10 (Mon)

NHK朝ドラ 視聴率だんだん低迷 関心薄れ脚本力も低下?

NHK朝ドラ「だんだん」苦戦のようです。
大阪局の朝ドラは「ちりとてちん」以来なんかな?
「ちりとてちん」は家族で熱心に見たのに、
「だんだん」はウチでも不思議なほどの食い付気の悪さ。

なぜに?

実は、僕はチョロチョロッと見ていた。
ところが、その時に限って、京都祇園の「イケズ」シーン。
今どき、あんな明け透けなイケズなんてあるんやろか?
と思わせるような嘘くささに、「あ、もぉエエわ」になってしもた。

いつの間にか、僕も京都に肩入れする人間になってたわけです(^^;
以前、大阪から京都に通ってた頃は、
「京都は恐ろしいとこや」ってゆ~てたんですが…

「ちりとてちん」も、最初は「はぁ?」だったけど、
中盤の師匠とわかさの絡み辺りから、ググッとなったから、
「だんだん」もだんだんと?
08:41  |  ミーハー  |  Comment(0)

今日の加奈子

2008.11.09 (Sun)

DSC01182.jpg
この土日は、大好きな和子さんとズッと一緒だった加奈子。
晩ご飯の鶏モモ肉をガブシュとかぶりついておりました。

でも、ふと明日からの学校を思い出して、チョット心細く…
そのわけは…

DSC01183.jpg

逆上がり。

今朝も練習に行きました。
前回りはできるようになったのに、
逆上がりは、エイヤ!という勇気が出なくて、蹴り上げられない加奈子。
タオルと和子さんの補助があれば、クルッと上がれるんだけどね。

僕の前では、エエところだけを見せたいらしく、
「パパは向こう向いといて!」という加奈子。
見るとガミガミ言われるからやろなぁ。

火曜日が鉄棒のテスト。
11日、雨降りそうじゃないですなぁ。

でもまぁ、この数週間、ズーッと鉄棒がんばってました。
その努力と頑張りが続けられるのはエラいなぁと思います。
僕が一年生の時って、こんなに頑張り屋じゃなかったはず。

保育園の年中組の時に、
「なんでも一所懸命の加奈子ちゃん」
というコメントをもらったのは、
ホンマによ~見てくれてはったんやなぁと思います。
23:42  |  家事・子育て  |  Comment(0)

久しぶりに講演マップ

2008.11.09 (Sun)

2007_11jpg.jpg   2008_11jpg.jpg
左が2007年11月の講演で行ったことのある都道府県(赤塗り)とこれから行くところ(黄塗り)。右が2008年11月です。今のところ、「これから始めていく都道府県」がないので、黄色はありません。
この一年間で9県増えました!残りは16県。でも市町村レベルだと、まだまだ。

関東方面がだいぶん塗れてきました。なぜだかボコッと空いてる千葉県。今年、県内の某市から問い合わせは頂いたのですが、日程が重なっていてダメでした。2009年には行けるとエエなぁ。島根県も、中国地方で唯一ポコッと空いてます。有明海沿岸も空白地だけど、こちらは何度か数ヵ所から問い合わせがあったものの、なかなか日程があわなかったりご縁が無かったり…。

そして、はるか彼方の沖縄。
沖縄料理屋なんかに行くと、決まって聞かれるのが、

「お兄さん、島どこ?」
「いえ、僕、出身は四国ですから」
「またぁ~、隠さなくてもイイさぁ」
「いやその…ホンマにこっちなんです」
「は~いはい(全然聞いてない)」

顔は自他共に認める沖縄系の僕。
おそらくルーツは南方海洋系。
まだプライベートでも行ったことのない沖縄県。
きっと他人のように思えない人達がいてるんやろなぁ。
行きたいなぁ。

まだまだ行ってない場所がたくさん。
楽しみは、まだまだ残ってます。

普通にサラリーマン生活してたら、
一生行けなかったような場所に行けて、
一生出会えなかったような人と会えて、
シアワセな仕事をさせてもらってます。
13:13  |  旅行  |  Comment(0)

期間限定

2008.11.09 (Sun)

週末、金曜日と土曜日のみどり市での講演。
おそらく、この二日間限定になるであろう
「アレ」を講演の中で使いました。

Yes, We Can !!

アメリカではしばら~くあちこちで使われると思うけど、
日本ではこの週末までだろうな…
今日のニュースショーの「今週の動き」みたいな感じで、
ドバッと流れるのが最後だと思う。

熱しやすく冷めやすいから、
使う方も気を付けないとね。

でも、僕も一度使ってみたかったこの言葉。
使えてよかったぁ!!
ウケてたし(笑)
13:00  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

みどり市往復旅行

2008.11.08 (Sat)

Img_7602s.jpg行きの富士山はふもとが雲に隠れ、頭だけが出てました。その頭にはズレかけた傘雲が。こうなると天気は下り坂。でも、僕がみどり市の大間々に着くまで、とってもイイ天気でした。

Img_7675s.jpg講演会場のながめ余興場の入り口横には「関東菊花大会」のポスターでもお馴染みのあの建物(?)というかオブジェというか。現物を見ると「あれれ?意外と小さいぞ」と。この大間々での関東菊花大会。足尾銅山が栄えていた頃は、足尾から一番近い町として、この(山田郡)大間々町は栄えていて、このながめ余興場の辺りは、今で言う総合娯楽施設だったそうな。

余裕こいて写真撮ったりしてます。この時は、プロジェクターの件も、セッティングの件もまだ知らず。ノ~ンビリ(^^;

DSC01175.jpg DSC01168.jpg
今朝、いつもの時間に起きて、大間々の駅周辺を散歩。大間々町がかつて「山田郡」だったことの証明がありました。古い駅の表示です。大間々は、いろいろおもしろい繋がりがあります。大間々町と都市提携しているのが埼玉県の鳩ヶ谷市。僕は、今年3月18日にその鳩ヶ谷市でも講演してます。両市で講演しました。

大間々町にも貴船神社があり、我らが貴船神社の分社です。僕と和子さんが初めて会って向かったのが貴船神社(その話はこちらへ)。

右は高津戸橋から下流方面を見たところ。紅葉し始めくらいでした。朝早い時間なのに、観光バスがどんどん到着していて、けっこう賑わってました。

Img_7690s.jpg今日の講演の後、主催担当の皆さんとお昼ご飯を食べに行きました。そこで「おっ切り込み」を頂きました。これがまた、美味しくて温まる、うどんというか、きしめんというか、ラザニアというか…という麺の料理。なにゆえ、あんなに平べったいのでしょう?しかもきしめんの幅の2倍はあろうかという、麺というかむしろ面を食べている感じでした。

山梨で食べた「ほうとう」にも似た感じだけど、かぼちゃは入ってなかったです。あの時と同じ大きさの鍋でした。「関東の麺類は醤油で真っ黒」というのが関西でのイメージだけど、ダシが利いたサッパリ味で、大きな鍋のわりにはスッと食べられました。

Img_7692s.jpgさて、後は帰るだけ。予定よりも一つ早い両毛線に乗れ、そこから「Maxとき」の自由席へ。そしてその車内からエクスプレス予約。ポイントが溜まってたので、今回、「のぞみ」はグリーン席。この「のぞみ」はN700系。初めてのN700系のグリーン車です。でもまぁ、こういうのて、隣にどういう人が座るかでも随分印象が変わるんですよね。8号車の前寄りで喫煙ルームの近くと言うこともあり、出入りも多かったし、隣の人もたばこ臭い人だった。次は9号車にするぞ!

でも、グリーン車効果なのか、京都駅に着くと、いつもより元気が残ってました。晩ご飯は、和子さんの準備による、炊き込みご飯とお造りと味噌汁でした。自分で作らなアカンかと思ってたので、とっても助かりました。今日も長い1日でした。午前中に講演してたというのに、もう何日か経ったような気分です。
23:49  |  旅行  |  Comment(0)

群馬県みどり市で2日講演しました

2008.11.08 (Sat)

Img_7683s.jpg7日はながめ余興場での講演。
芝居小屋というのは、会場に楽しい空気が染み込んでいる。なんだかウキウキした気分にさせてくれるのは、演者も来場者も同じ。こんな素敵な会場で辛気くさい理論の講演なんてモッタイナイ。大半は市役所関係者や教育機関関係者、市政幹部という来場者だったみたいだけど、さいたま市での職員研修以来の研修講演会での盛り上がりだった。

たくさんの反応がもらえると、僕も自然とノル。話していて、普段以上に楽しかった。楽しんでもらえている空気が、僕をさらに楽しませてくれ、それがまた客席に伝わり…という好循環。芝居小屋のパワーを知ることができました。Img_7676s.jpgものすごく売れてる講演講師やギャラの高い講師が羨ましく思う時もあるけど、でも、僕はこんなオモロイ会場で講演させてもらえた。こんな(→)楽屋の講演会場なんて、そうそうあるモンじゃない。ちょっと自慢できます(^-^)

とはいっても、普段は講演するホールじゃないから、機材のセッティングはタイヘン。それよりなにより!会場に到着して「え?ウソぉ~?!」だったのは、諸般の連絡の行き違いから、なんとプロジェクターとスクリーンが用意されてなかったこと。問い合わせから講演の決定までに時間があり、すっかり連絡したものと思っていたプロジェクターとスクリーンの件。やり取りのメールを見直したところ、僕が伝え忘れていた。今回は、たまたま会場と市役所が近かったこともあり、間に合ったんだけど、もしも、到着が一時間遅かったら…と考えると冷や汗もの。

というわけで、今回は、丹波橋の駅にお茶を忘れたのと(ちゃんと店が残しておいてくれていて、帰りに受け取りました)、このプロジェクターの件が予定外だった。なぜか、僕はこの予定外が少しあるくらいの方がイイ感じになったりする。とはいっても、取り返しの付かないような予定外は怖い。この程度で収まっている間に、単純ミスは無くしたいものです(∩_∩)ゞ

会場は、1階の後ろと2階席から埋まっていき、1階の前が少し空いていた程度で、2階はギッシリ満席。その2階にも視線を送るだけの余裕があって、本当に楽しんだんだと思う。ここ数回、気になっていたページ送りのリモコン動作も順調。いろいろあったけど、講演自体はイイ感じで終われました。

実は、夜の講演がちょっと力を出し切れない傾向にあるかな?と思ってたんだけど、そんな懸念は吹き飛ばしてくれる講演内容でした。

8日(今日)は、笠懸公民館のホールで、昨日の芝居小屋に比べると、ごく一般的な会場。広々と座れる客席だったせいか、反応も遠慮がち。ステージを降り、できるだけ近いところで話すように試みたり。反応が気になりすぎたせいか、前半の「家事の省力化」の展開スピードが遅く、後半の「共同化」の話がやや駆け足。反応が気になると、ペースがゆっくりになるのは癖。気にせずスッと流せる方が、聞いてる方もしつこくなくてイイんだけど、そこの見極めはまだまだ。反応が薄くても、サッと流して展開力でペースをつかむというのが、これからの課題。まだまだ上達できる余白がいっぱい。

講演も最後の方になると、僕も気にせず自分のペースで講演し、そうなると笑い声も大きくなる。「フゥ」と講演を終えて、書籍販売に移るとアッという間に完売。けっこうイイ感じで聞いてくれてはったんや(^^)ウレシかったです。

夜に講演して、翌日の午前に講演するというパターンはこれまでなかったように思います。「夜した翌日の昼」というパターンや、「午後した翌日の午後」というのはありました。いろんなパターンができるようになるのはエエのですが、感じがわからんかった今回はちょいと様子見様子見でした。

なにはともあれ、無事にみどり市2日連続講演は終わりました。去年のクリスマスに問い合わせがあり、そこから約1年後の講演でした。この後、茨城県、山梨県、埼玉県、福井県…と続きます。今月は8回講演と取材が数本。濃いです。
22:46  |  講演記録  |  Comment(0)

みのもんたさん

2008.11.08 (Sat)

今、一緒の新幹線に乗ってます。グリーン車ならではです。

僕が講演・講義中に座らないのは、みのもんたさんが番組中に座らないことを知ってからというのもあります。

まっ、そんなこと以前に、座って喋ると全然おもしろくないんですけどね。
17:06  |  家事・子育て  |  Comment(0)

明日も頑張るぞぉ

2008.11.07 (Fri)

今日は無事に講演終りました。インド料理屋で打ち上げして、ネパールのラム酒ってのをいきました。よく寝られそうです。
23:04  |  家事・子育て  |  Comment(0)

花道です

2008.11.07 (Fri)

20081107174332
会場のながめ余興場の花道です。花道のある会場で講演というのははじめてo(^-^)o
照明のセッティングなんかが舞台用なので、調整がタイヘン。スクリーンの上げ下ろしは手動。でも楽しいぃぃぃ(^^)
17:43  |  家事・子育て  |  Comment(0)

わたらせ渓谷鉄道

2008.11.07 (Fri)

20081107155028
桐生から大間々まではわたらせ渓谷鉄道。
レトロな車色に加えて車体もサビサビのボロボロ。
昭和の香りがプンプンします。
これに乗るのを楽しみにしてました!

渡良瀬川と言えば森高千里の♪渡良瀬橋♪
あれは栃木県にあるんだそうな(^_^;
15:50  |  家事・子育て  |  Comment(2)

ザ・国鉄

2008.11.07 (Fri)

20081107154422
これぞ国鉄の色ですな。
両毛線で桐生まで。
なんだか四国の両親宅近所を走ってる感じの、のどかな車窓でした。
15:44  |  家事・子育て  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT