FC2ブログ

田口壮というラッキーガイ

2008.10.16 (Thu)

田口壮は、日本ではあんまり大きく取りあげられることがないメジャーリーガー。だけど、彼は強運を持ちあわせている。

2006年セントルイス・カージナルスのワールドシリーズ制覇をライトのポジションで立ち合った。伊良部(ヤンキース)、井口(ホワイトソックス)にもできなかった「優勝した瞬間グラウンドにいたはじめての日本人選手」になった。そして、今年、フィラデルフィア・フィリーズでナショナルリーグチャンピオンになった。メジャーリーグ7年間で3度目のワールドシリーズ。もしかすると、二度目のチャンピオンリングを手に入れるかもしれない。

彼は1995年・1996年のオリックスのいい時期を経験している。当時オリックスは、イチロー、長谷川滋利、田口壮という、その後メジャーに旅立ち活躍する選手を抱えていた。1996年には日本一になっている。

同じオリックス出身でメジャーリーガーだった長谷川滋利のような抜群の適応能力があるわけではなく、むしろ逆に、組織順応に関しては(監督との巡り合わせが悪いとか、起用法が悪いなどの)不運もあってスロースターター。

だけど、彼は運がいい。個人タイトルなら、イチローのように自身が頑張ればなんとかなる場合もあるが、チームの優勝というのは、本当にチーム全体が強くないと得られない。ましてや、そこにプレイオフのレギュラー25人に残っているというのは、メジャーリーグの場合、それだけでも偉大なこと。

日本のメディアでも、もうちょっと田口壮を取りあげてもエエんとちゃうか?と思うのであります。あわよくば、もうちょっとプレイオフでヒットを打ってくれると、「やったね!」感がグッとUPするんじゃないかと思います。ワールドシリーズでは、あの神がかり的なカーディナルスでのプレイオフの活躍がみられるんじゃないかと願ってます。頑張れ!
22:09  |  スポーツ  |  Comment(0)

ちょっとそそられる【トヨタiQ】

2008.10.16 (Thu)

トヨタiQ、新発想で全長3メートルを切る超小型プレミアムカー

講演講師をメインの仕事にするようになって以降、事故による機会損失と実費損失が某大になり、自動車の運転は一切しなくなりました。それでも、家電や飲料、園芸用品を買う時は、「車があれば…」と和子さんにドライバーしてもらってます。

以前、スマートが日本で発売開始になった時、本気で「欲しい」と思ったんだけど、その時は、和子さんに「現実的ではない」という理由で却下され、選ばれたのがトヨタのランクス。

僕の場合、自動車はチャリンコ代わり。ステイタスを求めるわけでもなく、居心地を求めるわけでもない。僕の中では、自動車は移動するための手段にすぎない。故障なく、雨の日でも、重たいモノと一緒でも移動できるという効用以外、あまり興味ありません。

でも、
こんな僕でも、「お?!」と思ったのがこの【iQ】。
やるな…トヨタ。
12:29  |  日々の出来事  |  Comment(0)

子育て中に夫にして欲しいことランキング2008 by gooランキング

2008.10.16 (Thu)

子育て中に夫にして欲しいことランキング2008

1 子どもと一緒に遊ぶ
2 子どもをお風呂に入れる
3 子どもを注意する/叱る
4 自分のことは自分でする
4 一人の時間を作らせてくれる

だそうです。
こういうリクエストを出す妻の気持ちもよぉわかります。

4 にある「自分のことは自分でする」…講演でも言っている「自事」です。子どもに「片付けなさい!」と言っている端で夫が新聞読みっぱなし、靴下ポーンでは示しが付かんです。仕事を早退し、急病の子どもを連れて病院に行き、長い時間待たされて帰ってきたら、夫が「僕の晩ご飯どこ?」。これでは、「こいつダメなヤツ」です。

「4 一人の時間を作らせてくれる」…ということは、夫が一人で子どもをみるってコトです。「夫の子育て自立」です。人生、いつ父子世帯になるかわかりません。そんな危機的な状況に直面した時はともかく、実は、「子育て自立」は常に必要なわけです。「1」の「子どもと一緒に遊ぶ」には、子どもが泣いたら「お~い!泣いたぞぉ」と妻を呼ぶのではなく、子どもが泣いた時も、自分で対処できるようになって欲しいというリクエストでしょう。

「3 子どもを注意する/叱る」…児童虐待寸前のような体罰を求められているわけじゃないと思います。他人のモノを取ったり、電車の中で騒いだりしている子どもに、「そういうことはしたらアカンで」と一言言えるかどうかです。電車に乗ると、いきなり寝たり、雑誌しかみてない…「そんな夫ではちょっと…」でしょう。

「2 子どもをお風呂に入れる」…この間に、家事の片付けをしたり「4 一人の時間を作らせてくれる」を求められているのです。子どもとお風呂に入りたくないわけじゃないのです。きっと。

「1 子どもと一緒に遊ぶ」…意外とこれが難しいのです。社会生活は規則や規律に守られています。ところが、子どもの遊びときたら無法地帯のアナーキー状態なことが多く、とくに普段真面目な人であればあるほど、「イ~~~ッ!(--#)イライラ」となるようです。せっかく楽しく遊んでいるんだから「ダメ!」と叱るのもなんだし、そのうちルールってのもわかってくるだろうし…このアンバイが、普段接していないと難しくなってしまうのです。

「娘の遊びに入っていけない」というお父さんもいてはります。
「体力が…」というお父さんもいてはります。
「ウチらの頃の遊びがでけへん」というお父さんもいてはります。
そのへんは、また追々。
11:52  |  家事・子育て  |  Comment(0)

松野明美のアンチマッチョ宣言

2008.10.16 (Thu)

昨日、チョロッとだけTBSの新番組「復活の日」を見ました。ちょうど、元マラソンランナーの松野明美さんがダウン症をもって生まれた次男のコトを受容していく様子が写っていました。

「最初は隠そうと思った。でも、それは次男に失礼だと思った」
「人生、勝ってナンボだと思っていた。でも、次男が生まれてから、そうじゃないことを知った」

というような内容の話していました(発言は正確じゃありませんが…)。

特に、二番目の「勝ってナンボだけじゃない」という話。

あれぞ「アンチマッチョ宣言」でありました。

うんうん。
1968年生まれの同世代ですな。
09:25  |  日々の出来事  |  Comment(0)
 | HOME |