FC2ブログ

ガソリン税の暫定税率延長問題

2008.01.22 (Tue)

ガソリン税の暫定税率延長問題
どう考えるべきか?
立場や選挙区などの問題も絡み合って、もはや政党内でも歩調が乱れっぱなしですね。

都市と地方で、経済活動における道路の比率が大きく異なる点は見逃せない。道路着工の仕事が入らないと、たくさんの労働者が仕事を失う地方と、都市では大違い。不要な道路、不要なダム、不要な空港、不要な箱もの…これらは建てることが目的であって手段ではない側面もある。雇用政策としての道路行政の大きさを考えると、地方ではガソリン税延長は支持せざるを得ないだろうな。既得権もあり、他の雇用振興策を打ち出せないところが、最大の問題なんだけどね。

この既得権に噛み付き、既得権と利権を破壊したいのが野党各派。草の根保守主義は、結局、「仕事を持ってきてくれるから支持」という構造。これを打破すれば、政権交代も一気に現実味を帯びてくる。

ましてや、すでに雇用自体は減少している。公共交通が切り捨てられている地方にとって、自動車はライフラインそのもの。その自動車がガソリンの高騰で使いにくくなると、人々は孤立しますます貧困化していく。超短期的にみれば、ワーキングプア対策としてガソリンの値段を下げる政策は、生活保護対策としても必要。移民労働者の多くが、タクシー運転手やトラック運転手から始めるように(他に飲食店という職業選択もある)、元手が少なく体一つで仕事を始められるという点では、自動車を使った仕事というのはステップアップの第一歩的位置づけだ。それすら成り行かないという状況は、もはや危機的貧困状態。「なんとかせねば」という面からもガソリン税の暫定税率を廃止するという面も理解できる。

しかし、中長期的に見ると、自動車はCO2排出マシーン。今日明日の暮らしはともかく、長い目で見れば少なくとも内燃系エンジンを使った(つまりガソリンが必要な)動力は、引退への道を用意するのが望ましい。ましてや次のサミットは環境サミット的様相が濃い。この動力転換が世界経済回復のキーにもなりそうだ。となると、ここでガソリンの値段を下げ、CO2排出規制に逆行する方策も打ち出しにくい。

「環境問題は貧困問題の解決なくして道はない」というのもわかる。

僕個人の生活を振り返ると、「道路はもう要らない」です。ガソリンエンジンに頼る経済もマズいと思う。という理由で、社会民主党が示すガソリン税から環境税にシフトさせる方策が、内外共に説明しやすい気がします。つまり、道路雇用を環境雇用に変え、新規道路設置から環境メンテナンス雇用にシフト。CO2排出もガソリンの高値維持で削減誘導という。理屈上はイケルと思うのですが、この発想も「落とし穴」だらけです。

全員納得の方策が存在しないとすると、これは政府の大決断が必要。継続しても批判を浴びるし、廃止しても批判はでる。できれば、小泉政権のように「とにかく廃止は廃止!」「民営化は譲れない」というような、政策選択根拠がわからないような政策決定は避けて欲しいものです。「こういう理由で継続(or 廃止)します。どうかご理解をお願いします」という方向にして欲しいです。その理由が秀逸であれば、納得もできるコトでしょう。この納得できる理由を示すことこそが、国民の代表たる「賢者」の仕事といえましょう。

--
数学では、ゼロか無限大を代入することがあります。道路行政のゼロを代入してみますと…超長期的には、「どこでもドア」の開発をして、この世から交通手段インフラを撤廃する。道路は居住空間か生産空間に解放される。移動にCO2排出も伴わなくなる。職住近接は当たり前で、都市と地方の格差は一気に解消。雇用の地域偏在も解決。「ドラえもんの道具を一つあげます。ナニがイイですか?」という質問があれば、僕は絶対に「どこでもドア」です。人類に革命が起きることでしょう。アハハ(^^;
12:06  |  ぼやき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

世界的な景気後退?そのお陰でホッと

2008.01.22 (Tue)

底なしサブプライム:世界同時株安に 失望感拡大…アジア、欧州に飛び火

サブプライム問題に端を発した世界的な株価急落。
僕は、もともと自分の力の及ばないモノに、なるべく人生左右されたくないので、指標なんかで一日ブルーに過ごしたくないという思いもあって、有価証券や金融資産にはほとんど手を出していません。

ところが、資本主義社会で生きている限り、お金と無縁の生活を送るのは不可能。今住んでいる家も、住宅ローンというモノと関わってます。その住宅ローンが「日銀:金融政策決定会合を再開 利上げ見送りの見通し」でどうやら、金利上昇が回避されそうな雰囲気です。

ローン返済の最初の数年を固定金利、その後をオプションにしていて、そろそろ「次」を考えないといけなかったのですが、一瞬「上がるか?」と思われた金利が、ここに来て先送りの見通しが強くなり、当初の金利のままに近い状態で契約延長できそうです。

大田経財相:「景気回復基調は続いている。対策考えず」

ブッシュの経済対策も後手後手に回って、もはや手遅れ感ばかりなのに、教訓を活かそうともせず…いや、僕にとっては景気対策が後手後手に回って、例えば「やっぱりものづくりに掛ける」というような抜本的な構造転換が起こらない限り、低金利状態が続く方がエエわけですね。
11:30  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

特撮の撮り方

2008.01.22 (Tue)

2年前にオンエアーされていた「マジレンジャー」。撮り溜めたDVDが、最近発掘され、加奈子は熱心に観てます。特に牧歌的な番組前半部分で、脳天気な展開が加奈子の笑いのツボにハマっているようです。

何度も何度も見返し、ストーリーも展開も覚えてきて、おまけに加奈子も世の中のコトが少しはわかってきたようで…そうなると、「来た来た来た」という質問がやってきました。

「これってカメラで撮ってるんやろ?」

いきなりものすごい質問です。CG合成の場面について、
「あのサボテンってどうやって動かしてるん?」
などなど。

DSC00577.jpgそこで、合成画面に関しては、コマ送りしながら
「ほら。冥獣はこんなに大きいのに、視線は低いやろ?役者さんと同じ場所に冥獣はいないねん。冥獣は別で撮ったモノを合成してるねん」
「この巨大化した冥獣やけどな、なんでも下から撮ると大きく見えるねん。ホラ、こうやって撮ると、加奈子も大きく見えるやろ?それで周りの山は、実はこのくらいの高さの模型やねん」
とジャンジャン、特撮ネタバレを講座しました。

「な~んやぁ」
とガックリするかと思いきや、特撮風の撮影に興味津々。和子さんが帰ってきたのをいいことに、
「ママ!巨大に撮ってあげる!」
DSC00579.jpgと床に寝ころびながら、和子さんを激写。もともとデカイ和子さんが、ますます巨大化して写ってました。

脚立の上から撮るのと、床にカメラを置いて撮る違いを確認したり、カメラワークにも興味津々。スーツアクターという人達がいることや、巨大ロボットや敵のモンスターなどにも人が入っていることも説明。「小さな風景の模型ばっかり作る仕事もあるんやで」というのは、工作好きの加奈子にはかなり興味ある話だったみたいです。
00:03  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME |