FC2ブログ

慎重に対応する加奈子

2008.01.15 (Tue)

今日は、ほぼ平常通りの生活に戻った僕。

それでも、保育園に迎えに行った僕が、ママ友達達とあんまり話し込まずに帰ったもんだから、「まだシンドイんかな?」と思ったみたいで、家に帰ってからも、えらく素直なエエ子ちゃん。

慎重ぉぉぉ~に僕の様子を見て、「大丈夫そう」と判断した後で、「なぁなぁパパァ~、この中で一番誰が好き?次は?その次は?その次は?」と最近お得意の「なんでもランキング」を聞いてきた。

加奈子は、「やっぱり天文のコト知りたい」と言ってました。「やっぱり」っていうのは、以前も「天体のこといろいろ知りたい」と言ってたので、太陽と月と地球の位置関係を教えて、「こうなると満月やねん」というと、「おおお!」という顔して聞いてました。あの話がおもしろかったんかな?

「天テレ」を見た勢いで「ドクターフー」を見てしまった加奈子。前回の狼男で懲りたはずなのに、今日はチンケな顔した鉄の塊サーバーマンの恐怖に、顔が強ばってました。

そういや、最近まで忘れてたけど、「今宵は串カツ」の日の保護者懇談会で、加奈子は「絶対にケンカしない」という話を担任の先生から聞きました。寝込む前の気遣いといい、なんかイイ感じに育ってくれててありがたい限りです。小学校入学前後に大波乱の予感ですが、これはシャーナイでしょう。
23:43  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

生物兵器テロ

2008.01.15 (Tue)

交通事故:高速バスの運転手、急にぐったり 乗客ハンドル、間一髪--山形
--
14日午前9時半ごろ、山形県鶴岡市田麦俣(たむぎまた)の国道112号月山第2トンネルで、庄内交通(本社・鶴岡市)の高速バスが走行中、男性運転手(52)がうつむいて、ハンドルから手を離した。運転席の後ろの席の乗客が気付いて声をかけたが反応がなく、別の乗客がハンドルを取って操縦し、バスは間もなくタイヤで縁石をこすりながら停車した。乗客26人と運転手にけがはなかった。
(中略)
同社によると、運転手は13日から風邪を引き、13日夕と14日朝に市販の風邪薬を飲んだ。運転手に持病はなく、事故後にインフルエンザと診断された。バスは派遣された別の運転手が約1時間半後、運行を再開した。

--
ふと、小規模なテロなら、インフルエンザに罹った人を、例えば進学塾や社員の送迎バスなんかに、一人紛れ込ませるという手口が通用するのでは?と思ってしまいました。

今回、たまたま運転手が意識を失って(「寝た」ってコトでしょうけど)、縁石にぶつかりあわや大惨事になり、インフルエンザも発覚したわけですが、もしも普通に運転できていたとしても、アブナイ状況だったわけですね。インフルエンザなら、ワクチン摂取率もある程度高いですが、希な感染症だと手立て無くエピデミック状態あるいはパンデミック状態にもなりかねません。

このバスに乗っていた乗客は、「あわやバス横転」でアブナイ目をして、バスを降りてから「インフルエンザに感染?」という第二のアブナイ目にあっているわけですね。受験生がいたり、妊婦さんがいたり、その家族がいたりしなければいいのですが…

「風邪くらい」と思って本人が運転を申し出たのか?会社が休ませなかったのか?とにかく、社会的責任感(CSR: Corporate Social Responsibility)が欠如していると言われても仕方ありませんね。

先日、NHKスペシャルで「シリーズ 最強ウイルス」が流れたばかりで、余計に責任問われそう。
23:16  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

送り主、代表者名…

2008.01.15 (Tue)

そろそろ講演や原稿の支払調書や源泉徴収票が送られてくるシーズンがやってきました。

昨年も、滋賀県内で講演したので支払者「滋賀県知事 嘉田由紀子」の支払調書です。直接本人から、「はい」と封筒に入った現金を受け取ったワケじゃないから、「そういや、この人やわ」という感じです。

こういう名義って、大半が本人にはどうにもならないことですが、「後から考えると貴重」とか「今思うとムカツク」とか、いろいろ出て来るもんですね。

例えば、僕の社会福祉士の資格証書は、1996年4月当時の厚生大臣「菅直人」名義で発行されたものです(菅直人の在任期は1996年1月11日~11月6日)。その半年後だと、小泉純一郎名義になったわけですから、ごく短い期間の、でも薬害エイズ問題解決で有名になった時の大臣と時期だったというのは、巡り合わせですね。

僕は、最初の大学である、大阪市立大学を5年間通ったのですが(通称「留年」)、1年余計に通ったおかげで、卒業証書の学部長名は、ゼミ担当の宮本憲一先生になり、ある意味ラッキーでした。ゼミのOB会で、威張れる数少ない名誉です。4年で卒業してたら、多分、他の会計学の先生の名前になってて、「これって誰やったっけ?」になっていたと思います。

今年、司法書士になった友人は、証書の発行者名が「鳩山邦ちゃんやでぇ。アルカイダの友達の友達やがな…トホホ」と言ってました。こういう後々に名前が残る人達は、その名前で発行された証書や書類を残す人達のコトも考えて頂きたいモノですなぁ。
14:17  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

辞めたもの、頓挫したもの

2008.01.15 (Tue)

今日は、もうすぐ近所の京教付属桃山小学校の第1回目の抽選会があります。が、加奈子は早々にエントリー辞退。「仲良しのお友達と別れたくない」というのが、加奈子の理由です。僕も、地域性の乏しい小学校に子どもを通わせる意味が見出せずにいたので、「渡りに船」でした。

オマケに、抽選も選考審査も、平日の日中まるまる拘束されるんです。もともと乗り気じゃないうえに、「全部、僕が行くンかぁ」と面倒くさくなってた(すでにお受験失格)のでアウト。おまけに、願書提出リミットの金曜日は、風邪引きでフラフラだったうえに、翌日の京丹波町での講演の準備もあって、「提出書類?それどころじゃねぇ!」でした。

心残りは、歩いて1分の「お隣小学校」ではなく、歩いて30分以上の小学校になること。でも、出不精の加奈子には、ちょうどイイかも。


「頓挫したもの」の方は、どうなったかまったく連絡がないので、頓挫したと思ってるモノです。年末から、ウチに取材に来て、保育園の発表会まで乗り込んできた日テレ「リアルタイム」の取材。とうとう何の連絡もこなくなりました。どうなったんでしょうね?
12:02  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

歯ブラシくわえて~

2008.01.15 (Tue)

今朝、加奈子を保育園に送るため、久しぶりに靴を履きました。
まだ若干フラッとするものの、なんとか表の生活もできそうな手応え。

加奈子を送った後、家に向かって坂を登っていると、毎朝すれ違う父子二人組と今日も遭遇。いっつも大あわてで坂を下ってて、ちゃんと挨拶をしたこともないんだけどね。

今日も、子どもを抱えてお父ちゃんが猛ダッシュで坂を下ってました。よく見ると、娘の口に歯ブラシが!

よく、漫画で食パンくわえて「遅刻するぅ~~!」というシーンありますが、「ありそうでない」シーンでしたが、歯ブラシくわえて猛ダッシュをみてしもた今、食パンもありかな?と。


--
ところで、今「ちりとてちん」がオンエアーされてますが、最近、やっと主人公の喜代美の弟が「マジレッド」の橋本淳だと気付きました。一度、マジレッドのスイッチが入ると、「マ~ジマジ…」ってゆ~てくれへんやろか?と思ってしまいますわ。
08:28  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |